忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

JUGEMテーマ:戦争・紛争

昔聞いた曲を、最近よく耳にします。
ご存知でしょうか?


Creedence Clearwater Revival - Have you ever seen the rain?



(歌詞引用)
雨を見たことがあるかい?


昔、誰かが言ってた
嵐の前の静けさのこと
知ってるさ
そいつが通り過ぎたあとのこと
何度も後ろ髪がザワザワと騒いだよ
まるで晴れた日の雨みたいさ
たまんないぜ
そいつは雨のように光りながら降るんだ

俺は知りたいんだ
そんな雨を見たことがあるかい?
想像できるかい?
そんな雨のこと
晴れた日に降る不吉な雨のことを

きのうもその前も
陽が冷たく陰るほど
そいつは熱く激しく降ってた
今まで、そんなこと気にしたこともなかったけど
不規則に回り続ける輪廻の輪
そこから抜け出すことなんてできないんだ
まったく驚きだぜ

教えてくれないか?
そんな雨を見たことがあるかい?
信じられるかい?
そんな雨のこと
晴れた日に降る不吉な雨のことを

知りたいんだ
そんな雨が降ることをどう思う?
考えられないだろう?
太陽が見えないくらい
まがまがしい雨なんだぜ?



ベトナム戦争で使用されたナパーム弾の脅威を糾弾する意味で1971年に大ヒットした曲です。
アメリカでは放送禁止になりました。

この曲が、また少しずつ注目されているみたい。

ナパーム弾とは増粘剤をナフサに混ぜて増粘した爆弾で、きわめて高温(900~1,300度)で燃焼します。
その充填物は人体や木材などに付着すると、広範囲を焼尽・破壊しつくすばかりか、その親油性のために落ちにくく、水をかけても消火が困難だそうです。
消火するためにはガソリン火災用の消火器が必要です。

また、ナパーム弾の燃焼の際には大量の酸素が使われるため、着弾地点から離れていても酸欠によって窒息死、あるいは一酸化炭素中毒死することがあるとか。

こんな恐ろしい爆弾が、バラバラと空から降る様を歌った曲なのですね。
つい最近まで、まったく知りませんでした。

武器が人に向けられた以上、ライフルも、ロケット弾も、クラスターも、原子爆弾も、どれも非人道的なものですが
その攻撃の性質(残虐性)と大量破壊力を鑑みても、地上に存在すべき兵器ではないでしょう。

そして、昨今ガザで使用された白リン弾も同じです。

炸裂した白リン弾から次々と子弾が飛び散り、大気との化学反応により、発火と激しい硝煙を発し
この有毒物質を吸い込めば内臓に重大な悪影響をもたらします。
それに、自然発火物質なので、たとえ消化したとしても、リンの痕跡が残っていればまた発火します。


教えてくれないか?
そんな雨を見たことがあるかい?
信じられるかい?
そんな雨のこと
晴れた日に降る不吉な雨のことを



’rain’は、人々の涙でもあると思います。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]