忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

有り難いことに、夏季賞与が支給されることになりました。
ほぼ一律前年比10%減ということになったけれど。
20~30%カットが当たり前のご時勢、まぁ有り難いことである。

しかしながら、前年度決算の剰余金の数字や申告書の内部留保額を見ると、我が社は賃金カットなどする必要など無いことが分かる。
出資会社であるト○タ系列会社各社が、それぞれに深刻な経営状況の悪化ということで、今期のスポンサードを合計で約2億円減。
親会社の賃金カットに付き合わされるハメになりました。
前年度は社員・スタッフ・選手の努力のおかげで、入場料収入もグッズの売り上げも好調で、リーグ成績だって良かったのにもかかわらず。。。
これじゃ何のために働くのか?まったく不条理である。

その上コスト削減のための諸案を各部署に提出させ、親会社に報告してる。
アタシ達の仕事はそんなことじゃない。
大体この不景気に、資金力のある会社がコスト削減したら、不況のスパイラルに陥るのは目に見えてる。
なんだか社会全体の空気が悪い方へ悪い方へ流れているような気がしています。

今読んでいる本の中に、大切に飼われていたジャーマン・シェパードが、胃に爆発物を仕掛けられて破裂。
「死体はまるで内側からぺろっとひっくり返されたような状態になっていた。」
そんな記述があります。
この社会も、いつの間にか内部破裂しており、ひっくり返されて、実は皆死の世界を彷徨っているのではないかとの暗喩ともとれました。

通勤電車の中で車両がぐらりと揺れたり、貧血か低血圧、或いは前夜の深酒の所為(笑)で眩暈がした時など目の前の景色が歪んで見えることがあるけれど、その時、本当にその歪みの中に入り込み
実は今、全く別の世界を体験しているのかもしれない、、、などと思ってしまう。
抜け出したい、、、でもこの世界で何とか生きるしかないのか。



6月16日、NHKのクローズアップ現代で、ある企業が紹介されていました。

人に優しい企業の挑戦

愛知県豊橋市の株式会社樹研工業というプラスティック部品メーカーでは、今年に入って受注が半分に減ったのにも関わらず、人や給料には一切手をつけていない。

不況だから非正規社員を解雇する、賃金をカットするのは会社側の体のいい言い訳であって、
ひたすら利益追求に走ったがため、本来蓄積されているべき余力を残さなかった怠慢でしかない。

449_01-thumb-200x150.jpg








この写真、米粒の上の物体は全て歯車。重さ100万分の1グラム。
10年間劣化しないという優れものだそうです。
これを作っているのが樹研工業さん。
このご時勢にあって先着順採用などしています。
社長はあいち技能マイスター「人づくりの匠」に認定されています。

凄いなぁ、、、と言う感想は誰もが持つと思うのだけど、これが本来の企業の姿であって
以前はこういう会社の方がむしろ多かったのではないだろうか?

有利な法案を作ってもらえるよう、利益を追求して税金をたっぷり納め、大企業は政治に口出しする。
こんな会社、資金力はあっても企業力はないわね。
作ってもらえる法案は、アメリカと大企業に有利な法案ばかりで、庶民のことなど考えちゃいない。
企業力を蓄積できなかった責任者は、一文無しになって路頭に迷うことはない。
こいつらのおかげで、多くの人が死に追いやられ、また多くの人が死に瀕しているというのに。。。

経団連(アメリカ)とねんごろになっていない政党に頑張って欲しいのだけど。。。

米独立記念会合に志位氏初出席 共産党の対米姿勢転換

オバマが核廃絶?ご冗談を。。。
共産党、お前もか。(昔も今も嫌いな政党だけれど)

本当に奇妙な政党らしき芸能集団が出てきちゃうのかなぁ。。。
がっかりである。


Nakajima Miyuki - Sunano Fune 砂の船

 



PR
のっけからナンだけど、、、「格差社会」って言葉は何時頃からノーマルに使われるようになってきたんだろう。

与謝野経財相:景気底打ち宣言 月例報告「悪化」削除

まだ派遣労働法も改正されておらず、自殺者数も改善されておらず、就業率も失業率も、出生率も一向に改善されてない中で、よくもしゃあしゃあと言えるもの。

どうせ巨(悪)大企業の実績しか見てないんでしょ。


昔からずっと経理・財務・税務に携わってきた者として、この景気の動向に対する発言に対し
ブチかましたいことがある。

資本金が○億以上ある企業は、ランダムに選出されて「法人企業統計調査」なるものを提出させられます。
ランダムに選出されたら最後、廃業までこの調査につき合わされます。
四半期毎(3ヵ月に一回)に行われる調査で、まっこと忌々しいったらありゃしない。

この調査が行われる時期、決算期が3月の企業と異なる我が社のような会社には、この調査時期は
正に繁忙期。

 貴社は、法人企業調査の対象に選ばれました。
 甚だ恐縮ではございますが、貴社の業績を日本経済の是非参考に・・・云々。
 ご協力お願いします

なんて文書を一方的に送りつけ、こちらの可否などおかまいなしに、期限が過ぎると調査結果を
早く送るように督促の電話が止むことはない。

義務かっ!?

まったくなんで官公庁の調査に協力せねばならん。
こっちは毎年確定申告してんだから、国税庁の資料(申告書)を元に勝手に調べりゃいいじゃん。
余計な仕事を年に4回も無料で強要して、成果物は年に1回の、読みたくもない「業種別統計調査結果」である。

その後に「景気動向」の政府案が発表される。
まったく、、、資本金が○億以上ある会社より、○百万でやってる零細企業の方が多いに決まってるじゃん。
こんな調査を元に発表される「景気動向」など、まったく信用出来ないし、したくもない。

ホントに白けてしまう。
こんな発表を聞くために、調査に協力しなくちゃイケないかと思うとね。。。

景気が底打ちしたってことは、後は右肩上がりを期待していいんですよね!

まったく財務省も暇だこと!
誰も目を通すこともなく捨てるばかりの調査結果を作成する部署を設け、有り難味の無い文書を送付し続ける
経費には目もくれないのだから。

最近は国土省からの「土地保有に関する調査」なんてのも増えて、益々イライラが募る。
どうせアメリカに提出して、まだまだ日本から搾取できるとニヤリとさせるのがオチだろう。



明暗、貧富、陰陽、、、状態と性質の違いを「格差」と呼んではいたけれど、それが社会に結びついてしまったのは、やはりいい気持ちではないし、ちっとも喜ばしくないこと。
嘆かわしいことです。


前述した、明暗、貧富、陰陽は、相対的な関係であるので、ネガ的なイメージの方を消したくとも、決して
消えることはありません。
それは昔から続いてることですし。

しかし、「格差社会」なんて言葉を受け入れてしまう社会には、大いに声をあげたいと思います。
何処にも届かないかもしれないけれど。

私は紛れもなく、いわゆる「B層」に属する者で(笑)、やっぱりB層との親交が深い。
上司や会社がらみで付き合いのある人の中には、B層で無い人も確かにいるけれど、
プライベートで付き合う連中は、皆B層に属するのだと思います。

さて、そのプライベートで付き合ってるB層さんに、

「(非正規雇用や不当解雇に見られる)格差社会をどう思う?」

なんて振ってみても、「ぽっけ~」っとしている人がほとんど。
こちらがどんなに食いつかせようと思っても、軽くかわされてしまうのがオチ。

「なに熱くなってんの?」

なんて変な生き物を見るような目つきで、怪訝な顔をされるのがほとんど。

人の痛みなどには鈍感な人ばかりが、たまたま私の周りに集まっているのかもしれないけれど、
なんだか普遍的な(こう言ってしまうのは妙かもしれないけど)、格差に目を向けたがらない、
他者の不幸な事実を直視しない(出来無い)、自分には関係ない、そういう人がやたらと目につきます。

ネットでの議論は目にするのだけど、残念ながらネット以外で日常的に議論してくれる人は居ません。
ま、スポーツバカの会社でもあるから、っそれも仕方ないのかな。。。

明日の「中日スポーツ」の「グランパス」欄、きっと脳天気な記事が踊ってる。
まったく、この準備だけのためにみっちり2週間費やした、我が社のアタマの頭ん中は、どうなってるのかねぇ。

ちやほやされまくりの、名古屋の新市長、、、。
権威をかさにして、驕ることがなければいいけど。

松原よりマシだと思っているけど、この人も「新自由主義」の人だと思います。

ま、その思想の矛先が今のところ市庁舎に向けられているけど、何時また市民に向けられるか。。。
諸刃の剣のような人だと警戒しつつ、今しばらく動向を見てみましょう。

選挙が終わって一ヶ月半、なんとなく暗喩的に思うのは

ドラファンとグラファンの両立は出来無いんじゃないかってこと。。。ナリ。


久しぶりに週刊誌を買ってみました。

2008091100008616-2.jpg・地価暴落
・企業倒産
・求人倍率1倍割れ
・日系人失業率6割
・ビル空室率1割
・老舗百貨店「松坂屋」の翳り
・ウエッジウッドの破綻、名古屋のノリタケは?
・あの読売が再攻勢、中日新聞は独占を守れるか?
・プリウス暴走
・ト○タ59年ぶりの赤字転落


まぁ、お先真っ暗感漂う名古屋の実態が赤裸々に書かれています。

中でも雇用問題は深刻です。
ト○タのお膝元である愛知県は、派遣切りは全国一ではないでしょうか?
一方的な解雇通告、社宅・寮からの締め出し。
職安には職探しの人、区役所には生活保護を訴える人がひしめき合っています。
庶民に厳しい政府は「えり好みするからイケナイんだ!」なんて言うのでしょうかね?

求人倍率1倍割れ、、、あのぅ、そもそも職が無いんですっ!

去年の秋までは「一人勝ち」とも言われていたのですけどね、ト○タをはじめとする製造業がコケちゃったら
この有様で、、、いかに大企業におんぶにだっこだったかが判るけれど、大企業が納める税金で
肥えていたはずの役所に受け皿の体制が整っていないのにも驚く。

愛知県では名古屋市以外の市町村は、生活保護を訴えに来た人々に、500円を渡して

「名古屋に行ってください」

そう言ってるそうです。

まるで『ヒッピーはバークレーに行け。。。』そう言った60年代のアメリカみたい。
でも、冗談ではなく、現在の愛知でおこっている事実です。

まるで働く気の無い人もいますよ、そりゃね。
でも、この時代の新しいタイプのホームレスは、働く気があっても働けないんです。

例えば、職安(現:ハローワーク)にはプロトタイプとも言えるような求人広告があります。
月給13万~。

大学卒の初任給が20万円の時代、コレを選ぶ人があるでしょうか?

失業者に、妻・子供がある場合、まず選ばないでしょ?
言うまでも無く、十分な収入を得られないから。
それを「えり好み」云々言う人が居るなら神経を疑っちゃうね。まったく。

大体、職業安定所というのは、諸々の理由で職を失った人に、安定した職を斡旋する機関なわけで。
れっきとした厚生労働省の管轄。
安月給で、到底安定できるとも思えない職を『求人広告』として掲げるなど馬鹿げてる。
公費を使って、しょーもない就職斡旋しか出来ないなら、いっそやめちまえ!と言いたい。

基本賃金の格差は地方によってさまざまなので、幾ら以上の提示をしろとは言わないけど
社会通念ってものがある。

失業者で溢れかえる職安や区役所の窓口業務。
ちょっとぉ、人材不足じゃないですか?
窓口に来た人を雇い入れて、競争でもしてみたらどうですか?


そんなこんなで、久しぶりに雇用に対する不満をぶちまけちゃったのですけど、そうそう、久しぶりにこの週刊誌を買ったのには理由があります。

そんな暗い名古屋の情勢だけれども、頑張って変貌を遂げようとしている企業もあるぞ、、、ってことで
な、なんと鯱さんチームのことも載っています。(p102~)

タイトルは
「万年中位返上へ」 クラブ変貌計画進む

放っといて!!(笑)


このインタビューに答えたのがうちの取締役の一人。

低迷し、J2降格の危機感を味わったように話すけど、全く他人事のように長らく鯱さんチームの
高級な椅子を暖めていただけの人はアナタですけどー。

まったく!妖精招聘に関しても、ずっとブツブツ反対してたのはアンタだよ。

は~、マイク向けられると偉い人になったように勘違いしちゃうのかねぇ。

ま、誰かが真相を語らない限り、メディアは語られた事だけを真実として報道するしかないのだろうけど
騙されやすいというかなんというか。。。

最近の鯱さんが力を蓄えつつあるのは嬉しいのだけれど、一方では大嘘つきも居たりしてさ、
本当は薄っぺらな強さに過ぎないんじゃないかと、ちょっと寒さを感じるのだ。。。


旧職業安定所=現ハローワーク

なんだか軽くて馬鹿にした呼び名だよね。





CALENDAR
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]