忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

東京から帰った次の日、午前9時頃だっただろうか、まだ布団を抱いていた怠惰な私は、何度も鳴らされる玄関のチャイムを。(どうせ新聞か宗教の勧誘だろう)っと完全に黙殺していた。。。
そしてzzz。
またまどろみ始めた頃、突然ドアの鍵がこじ開けられる気配を感じ80%くらい目が醒めた。

へ?ピッキング???

なんて少し恐怖したものの、まだ20%は寝てたし、ドアの鍵は特殊な構造なので「開くことはない」とタカをくくっていた。
案の条、外の人間は相当苦労している。。。でも、、、しつこいな。(ガチャガチャ)、早く諦めてくれないかな。(ガチャガチャ)。
でも、待てよ、もし開いちゃったらどうしよう・・・あ、ドアストッパー掛けて無いじゃんっ!!うわーーーっ!!ってな感じで飛び起きて、ストッパーを掛けようと布団を剥いだ時に、ドアが開いた。。。

恐くて恐くて布団を抱きながら「誰なのっ!!」っと叫ぶのが精一杯、喉の奥がヒリヒリした(わたくし、寝るときは基本何も身につけないので、色んな意味でピンチだったのだ)。

そしたら、ドアの向こうから、聞きなれた間延びした声が。。。

「アンタが食べたいって言ってた鮎、持ってきたよ。」

・・・・・・・・。

養母だった。体中の力が抜けて、安堵感でヘナヘナしたとたんに猛烈な怒りが沸いてきた。
「ピッキングかと思ったじゃないの、驚かせないでよっ!!」安堵感は得たとはいえ、心臓はまだバクバクしてる。無性に腹がたって、語気が鋭くなった。

「ごめん、ごめん、でも電話したんだよ。留守番電話にも入れたんだけどね、そりゃ疲れてるよね、ごめんごめん。」

そうやってカラカラと笑い、荷物をほどく老女に言葉は無い。

んっと。。。

ここのところ、夏になると「鮎飯」が食べたくって、ずっと養母にねだっていたのだけど、食べられ無いこと10年あまり。

「ねー、アタシが鮎飯食べたいの知ってるくせに、いつも事後報告だよねぇ」

なんて嫌らしい言葉を吐いてしまったのは、去年の秋のこと。

養母はアタシが吐いた毒を1年間温めつつ、渓流釣りが好きな従兄に

「鯱(とら)が食べたいらしいから、沢山釣れた時に少しわけておくれよ。」

かねてからそう頼んでいたらしく、その日は従兄が釣った鮎を下げて、アタシを訪ねてきたらしい。
10月上旬に釣った鮎を、カチンコチンに冷凍したまま。
さぞかし重かっただろうに、、、ゴメン、ピッキングと間違えて。
頭に上った血はすぅーっと下がったのだけど、素直でないアタシは振り上げた手を簡単に下ろせなくて、語気は鋭いまま。

おかん、許せ・・・。

罪滅ぼしに、夕方まで愚痴を聞く(笑)。
これが案外難儀な勤めである。

夕方、久しぶりに養母と台所に立つ。

一緒に暮らして居た頃、養母は料理が嫌いだったので、アタシが台所に立つと「これ幸い~♪」っとばかりに
とっとと逃げて、「あたしゃ店番があるからね!」っと編み物に勤しんでおりました。
台所から逃げてばかりだった養母と台所に立てるのは、時が経ったからだろう。

西日の当たる私の部屋のキッチンは、それでなくても暑いのだけど、アタシには違う熱さをもたらしました。

従兄がくれた獲物は、天然鮎10匹。

3匹は鮎飯用に素焼きに。
残りは保存が効く甘露煮に。

「甘露煮なんか作ったことないよ」

そう言う養母は鮎飯担当、アタシはどんな料理下手でも料理上手に変貌させる利器「圧力鍋」で甘露煮担当。

んっと、、、。

あはは、どっちもちょっと火を入れ過ぎちゃったね(笑)。

2人で笑いながら、2人で火を見守る時間は、とても楽しかった。

出来上がった鮎飯と甘露煮は、少し焦げ目アリ。
 

でもさ、今まで食べてきたおかんの鮎飯の中でも、ピカイチに美味しかった。
10匹もの鮎を、わざわざアタシのところに持って来なくてもいいのにさ、、、。
 
色々問題があるのだなぁ、、、っと思いつつ、兄とは話をしなくっちゃ、っと強く思った。

「馬鹿ヤロー」

なんて叫んでしまうかも。

「お米1合につき、醤油は大匙1杯ね」

養母のレシピを習得したいとも、、、このままいつまでも作り続けて欲しいとも、、、。

勝手でゴメン、鮎飯をありがとう。
レシピはばっちりだけど、元気でいる限り、作り続けて欲しいな。

ハイ、代償に、貴女の愚痴ならいくらでも聞くからさっ(笑)。


ヒルクライム 春夏秋冬


PR
しあわせって・・・
こういうなんでもないことなんですよネ

お母さんのレシピのとおり作っても

なぜかおんなじになんないんだな~

いい年して・・・

お母さんのご飯が食べたくなりました~♪

ぱーるぴあす 2009/10/16(Fri)18:44:14 編集
Re:しあわせって・・・
>ぱーるぴあす様

コメントありがとうございます。

>お母さんのレシピのとおり作っても
>なぜかおんなじになんないんだな~

ほんっと、そうなんですよね!

うちの養母は料理嫌いだったので昔食べた料理の味は、どこかぞんざいな感じでしたけど、やっぱり忘れられ無いですね。
けど、今回の鮎飯はほんっとに美味しくて☆
「食べさせたい」という思いが、絶妙な調味料だったのでしょう。
親の愛情に、何時まで経っても子は追いつけ無いかもしれませんネ。

ぱーるぴあす様も今度里帰りする際には、日常を忘れてたっぷりお母様に甘えてください。

アタシなんかも、いい歳して未だ甘えてるんですから(汗)。
【2009/10/16 23:16】
ぱーるぴあす様
そういえば、映像の「ヒルクライム」ってグループは新潟出身なんですよ。
この曲は、故郷新潟を想って作ったんだって。

いい曲ですよね~、只今大ヒット中らしいです。
鯱美(とらよし) 2009/10/17(Sat)14:51:23 編集
いい曲ですね~♪
新潟出身ですか~うれしいなぁ!これプロポーズの曲かな?って最初に聴いた時思いました。

♪春の桜・夏の海・秋のもみじ・冬の雪~
 あなたと見たい あなたといたい・・・

あたしも何度でもいわれた~い(笑) 


心があったかくなる素敵な曲を紹介してもらったので、お返しといっては何ですが、わたしが今はまっている曲を勝手にご紹介しちゃいま~す!

「イチブとゼンブ」 B'z

歌詞が鋭いのです。 暇な時きいてみて~♪
ぱーるぴあす 2009/10/17(Sat)17:53:23 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]