忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私生活で特別嫌なことがあったわけでもないのに空疎感を味わっていたけれど、今日は殊更に虚しい。
また選挙だ。
嘘ばかりを並べていた一国の最高責任者が辞任は当然だけど、何時になれば、国民第一の世の中になるのか、先が見えないから空疎になるのだ。
参院選で、社民が勝とうが、民主が勝とうが、また「何も変わらないのではないか」という疑いが晴れない、信じることが出来ないから虚しい。

目を上げると、乾いた砂の世界があって、こちらもどんどん乾いていく。
だから内側へ、更に内側へと向かっていくけれど、所詮アタシの心にも潤いが無い。
せめて、湿気のある曲や本を欲するけれど、狭い領域でしか生きていない者には、ジャストなものにありつけない。

結局いつもの信頼に値する少しばかりの本を手に取り、自分に水をやっている。

先週末、久しぶりに友人と食事に出かけた。
あまり気乗りはしなかったけれど、内側に向かい過ぎてもいけないと思ったし、この地方では有名なベトナム料理のお店へ繰り出すと聞いて、行ってみる気になった。

本格的なベトナム料理は初めてなので、そのお店の料理が美味しいのか美味しくないのかは判断できない。
友人は「美味しい、美味しい」と言って絶賛していたけれど。

私はそうは思わなかった。

皆、薄っぺらな嘘の味のような気がした。
上品な、ベトナム風の日本の味。

タイ料理にも使用される香草が、ベトナム料理にもふんだんに使われているはずなのに、全くパンチがない。
他の野菜の香りも味もそっけない。
そんな薄っぺらな料理に、これだけは本場の強烈なヌクマム(魚醤)をつけて食べろと言うのだから、生臭くて仕方なかった。

別にアタシはグルメでもなんでもない。
食事には頓着しない。

けれど、嘘くさいのは嫌だ。

ベトナムで強烈なヌクマムが珍重されるのは、野菜の味がヌクマムに劣らないほどに強烈な香りと旨みがあるからだろう。
個性を剥ぎ取られたようなお上品な、日本のお野菜に、合うわけあるめぇ。

美味しそうに食べる友人は、きっと本当に美味しいと思っているのだろう。
きっと悪くもないし、間違ってもいないと思うのだけど、、、湿気を帯びた楽しい時間になるかと思いきや、やっぱり私は乾いて内側へ向かってしまったよ。
 

PR
本当に美味しいヴェトナム料理
こんにちは。
パリにお越しの際は、本当に美味しいヴェトナム料理ををぜひご紹介させて下さい。
ついでにタイもカンボジアも。
美味いですよ。
(kappa様も宜しければぜひ!)
時々パリURL 2010/06/03(Thu)05:03:32 編集
Re:本当に美味しいヴェトナム料理
>時々パリ様

コメントありがとうございます。

実はわたくし、食べることが嫌いなのです(笑)。
食べたいという欲求があまり無い変わり者です。
(その代わり、酒はいくらでも飲めるのですけどね・笑)

本当に美味しい食事、、、地産のものをその地場の風習で。それが自然ですよね。
そして、身体が食物を欲している時(労働の後とか)の食事は、きっとご飯に塩を振っただけの質素(粗末)なものでもご馳走です。

この飽食の時代、日本人は、お店の雰囲気や盛り付けだけで雑誌に載ったりして、雑誌に載れば「美味しい」と信じ込む軽さ。

フランスに出向くことは、少なくとも向こう3年は無いと思いますが(・・・寂)、その際は是非ともお言葉に甘えさせてくださいねっ!
【2010/06/04 02:26】
ベトナム料理
うちの近くにもベトナム料理屋さんがあるんですが、フォーなのに妙に洗練されててどうも・・・
ホーチミンに行ったことがありますが、
あの汗臭い、泥臭い場所で食べる香草は元気が出ます。
もう10年以上前の話なので、ホーチミンの街自体も洗練されてしまったかもしれませんが。

初書込み失礼しました。
山和 2010/06/03(Thu)12:04:43 編集
Re:ベトナム料理
>大和様

コメントありがとうございます。
お立ち寄りくださって、とても嬉しいです!

>あの汗臭い、泥臭い場所で食べる香草は元気が出ます。

私はベトナムには行った事はないですが、ご近隣のタイでそう感じました。
出張だったので、日本人向けのタイ料理を出すお店に連れて行ってもらいましたが、小汚い露店で出される、何が入ってるかわからないまま注文したカレーの美味しかったこと!お値段20バーツ(約60円)。

その露店のご主人が、従業員を怒鳴りながら、ただでさえ暑いのに火の前でカレー鍋をかき回し、「わ、この中には唾も汗も入ってるんだろうなぁ」と思いつつ、人の労働の対価を頂いたような気がしました。

強烈なほど汚いお店だったけど、辛くてヒーヒーだったけど、そんなお店でカレーを食べる自分が、嬉しくて楽しかった思い出がありますネ。

また、いつでもお立ち寄りくださいね。^^


【2010/06/04 02:45】
パリでベトナム料理??

 まさか、「時々パリ」さんは、フランスのパリにお住まいかと思いきや、ベトナムのpalliとか言う町に住んでいるのでしょうか?

 勿論これは冗談ですが、以前名古屋へ福島の酒を飲みに来いと言った、へんなおばさんがいた事を思い出してつい・・・・・。

 普通の日本人なら、行けたとしてもパリに行くのは数回限りでしょうから、「とりあえず」フランス料理でしょう。フランス料理が3日続いたら、多分嫌になり・・・。でもおにぎりかな。

 移民が多いのでしょうから、世界中の美味しい料理があるのでしょうね。
 回転寿司店もあるという、話を聞いたことがありますが本当でしょうか。

 カッパオヤジは北海道に来ることすら「夢」みたいな風に言います。晴海からフェリーで8,000円払えば、苫小牧に着くはずですが・・・。

 カエルは穴に潜っていても、雨が降れば息苦しくなり外に出てきます。いたわらずに、悪口の雨でも降らせておくと出てくると思いますよ・・・。
donjara 2010/06/03(Thu)22:02:55 編集
Re:パリでベトナム料理??
>donjara様

コメントありがとうございます。

横レスですみません。

>以前名古屋へ福島の酒を飲みに来いと言った、へんなおばさんがいた事を思い出してつい・・・・・。

たぶん、その「へんなおばさん」は、辛辣なおぢさんに対して「キサマがおおばさんとゆーな!」と思っていると思います。ええ。
なぜか私にはわかるのです。

>カエル(河童親父)は穴に潜っていても、雨が降れば息苦しくなり外に出てきます。いたわらずに、悪口の雨でも降らせておくと出てくると思いますよ・・・。

ホホホ、同意でごじゃる。


そろそろ、北海道産のジャガイモと喧嘩したくなってると思うなぁ(笑)。
【2010/06/04 02:53】
ん?
やい、ジャガイモ!オメ~も嫌いなイラカンが総理だとよ。

苫小牧まで8000円で行けるのにまだコナイだと?
「タイム イズ マネー」訳して「貧乏暇なし」なんだよ。
「私はあなたと違うんです」
福ちゃんは偉かった。うんうん・・・。

んで、なんだって?
>カエル(河童親父)は穴に潜っていても、雨が降れば息苦しくなり外に出てきます。いたわらずに、悪口の雨でも降らせておくと出てくると思いますよ・・・。

だと???

ほいほい、出て来たよ。また、冬眠じゃなかった初夏眠に入るわ!じゃな。

来期はなんとなく・・・なんとなくだけれども、また赤白の不細工なジャガイモと毎日のように戦わなければならないのかなぁ・・・と、嫌な夢を見そうで怖いよ。

じゃな!

kappa 2010/06/04(Fri)19:56:14 編集
Re:ん?
>kappa様

横レスとなりますが、コメントありがとうございます。

>また赤白の不細工なジャガイモ

まつがい。
赤と黒でございます。

>「タイム イズ マネー」訳して「貧乏暇なし」なんだよ。

ぎゃーっはっはっは!はぁはぁ。

この意訳はウケたなぁ!
いや、笑い事じゃないんだろうけどさ。


ってか、初夏眠?
あんまり寝すぎないように。
水に潜ってばかりじゃ呼吸も苦しかろう。日向で寝そべってばかりじゃ、頭の皿も干からびよう。

っつーか、来月は鯱と蛙の対決ぢゃないか!
寝てる場合じゃないぞっ。

あ、代表見た?
闘様が、またやっちまったぃ。。。

政局ならぬ、蹴局だなぁ。
【2010/06/05 01:03】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]