忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

去年までお世話になった上司と、こう言うのも気が引けるほど私の方が助けてもらったかつての部下と
現在の同僚とイタリアンレストランに行きました。

道路に面した古い雑居ビルの廊下を渡り、重い鉄扉を開けると、其処には箱庭があり
短い石畳も向こうには古民家。
今宵の宴の場所である。

ベランダに出て、5人で夜風に夜風に当たりながら、素敵な時間をたっぷり楽しみました。


狭く急な階段は、建て替える前の古い実家の木造家屋を思い出させるに十分でした。

中島みゆき by 傾斜



忘れっぽいのは素敵なことです。

歳をとるのは素敵なことです。


腰の曲がった老婆が、傾斜道を行く姿を想像し、今は北欧に旅する養母に思いを馳せました。
常備薬一式、梅干とインスタントのお味噌汁を携えた養母は、
北欧の地で、今頃何を思っているのでしょう?

ちょっと物忘れが激しくなってきた養母が、これまでの記憶を全て置いて帰ってきてしまったら、、、。
うーむ、困るw。

明日、帰国だそうです。
御歳80歳の老母に、(私にしては・笑)たっぷりお小遣いあげたのだけども、
お土産が、「Konungariket Sverige 」とか書かれた、パジャマ代わりにしかならないTシャツや、
日本に降り立ってから買った「らっきょう」だったっら凹んじゃう、、、うっうっ(笑)。


Mamma Mia - Abba


 いやいや、元気で帰って来てくれるならそれでよーし。
 

PR
歳をかさねること・・・
自分が生きてきた事すべてが、言葉に、考え方に、顔の表情に、滲み出ててしまう・・・。
歳をとるのは素敵なことだけど、ごまかしがきかないんですよね。若い頃みたいに(笑)

おばあちゃんになって、素になった時、なにが自分に残ってるかってのが大切なのかも・・・

人生の大先輩のお母様。お元気そうで何よりです。

お土産話い~っぱいお待ちしてま~す♪


ぱーるぴあす 2009/06/12(Fri)19:01:45 編集
Re:歳をかさねること・・・
>ぱーるぴあす様

コメントありがとうございます。

>歳をとるのは素敵なことだけど、ごまかしがきかないんですよね。若い頃みたいに(笑)

そうそう!自分では今も昔も何ら変わっていないと思ってるのですけどね(爆)
思うに、歳を重ねるってことは、余計なモノがそぎ落とされるってことじゃないのかって思ったりします。

うちの養母は、70歳になるまでは気性の激しい人で、実は私は苦手でした(笑)。

ようやく本来の、優しくて可愛らしい部分が浮き彫りになってきたのかもしれません。
その変わりようが驚くくらいなので、みゆきさんのこの歌がふっと浮かびました。

ちゃっかりしてるところはまだ変わってませんけどね!

お土産話はまだ聞いていませんが、お話するに値するようなことでしたら(笑)是非紹介させていただきますね。
【2009/06/12 22:15】
私は、年取っても・・・
中島みゆきの「傾斜」は、初めて聴きました。良い歌ですね。鋭く、優しい、どうして、こんな歌が発想されるのか?中島みゆきの才能には感心させられます。
私は、身体は言うことがきかない身体になってしまうのは致し方ないと思いますが、年取っても、いつまでも呆け無いで、頭はしっかりしたいと思っています。
(そもそも、人の世話になってまで、長生きしようと思っていませんが…。)

<優しくて可愛らしい部分が浮き彫りになっ>た年寄りは良いですね…。
たぶん、私は、年取っても、<皮肉が効いた、へそ曲がりの>口は治らないと思いますが…。
M 2009/06/13(Sat)09:37:26 編集
Re:私は、年取っても・・・
>M様

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまってすみません。

みゆきさんの「傾斜」は、私が中学生の頃(25年程前・笑)の歌です。

まだみゆきさんが30代半ば~後半くらいだった頃の曲と記憶しています。
おっしゃる通り、この発想が何処から出てくるのか、自分がその年齢くらいの時に
こんな発想など露ほども無かっただけに、彼女の才能に驚きますね。

25年前の世相は、当時は当時で暗くなる予感があったのかもしれませんが、
今ほどではなかったはずです。

 誰かの娘が坂を降り
 誰かの女が坂を降り
 愛から夜へと人づたい
 登りの傾斜は険しくなるばかり

この歌詞は特に、現在の世相を語っているようで、今改めて聞くとしみじみと
切ない歌です。

10度の傾斜といわれて登ってみた坂は意外に辛く、彼女は自分が帯をきつく締め過ぎたせいと自己責任だと思い、
自分より若い者達は、登る事を早々に諦めて下らざるを得なく、底辺へと進む。

今の世の中のそのままだと思ってしまいます。
考え過ぎかもしれませんが。。。


>たぶん、私は、年取っても、<皮肉が効いた、へそ曲がりの>口は治らないと思いますが…。

治らなくてもいいと思いますし、ご自分でおっしゃるほどM様は皮肉屋さんでもへそ曲がりでもないと思いますよ~^^。

皮肉もへそ曲がりも愛嬌のうち。

今よりずっと歳をとって、80歳になってもチェッカーズの「星屑のステージ」を
熱唱し続けてくださいね!
わたしもキューティーハニーなど歌っちゃいます(笑)
【2009/06/16 21:35】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]