忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

飲み友達のコジが、4月から自動車学校へ通うとな。
齢四十を過ぎての運転免許取得とは、、、これは近い将来、故郷の北海道へ帰ることを見据えての決断なんだろう。
頑張れっ!!と応援しつつも、うっすらと寂しい気持ちに満たされてしまう。
そうだよね、、、いつまでも今のままってワケにはいかないよね。。。

たかが自動車学校と笑う人もいるかと思うけど、友人だからこそ解る、彼女の並々ならぬ決意を感じます。
いつも二人で脳天気に笑って飲んだくれた日々は、そろそろ潮時なのかなぁ。

故郷北海道に、病気の両親をかかえる彼女である。
「二人の弟には任せちゃおけん!」ってことで、そろそろ帰る覚悟もしたのであろう。

「いつまでも名古屋で『派遣』をやってるわけにもいかないし、親の面倒も見なくちゃね~。」

彼女は、その一大決心を、他愛もないことのように話すガ。
何年も付き合ってる男性も居るのに、その人との別れの準備もしてるみたい。

別れることを見透かしながら、その時まで付き合うって感覚は、全く解せないけれど。
大事な友達が遠くに行ってしまうことを考えると、寂しくてやるせない。

けれどこんなざわついた感情は、所詮、今後を見据えて3馬身、、、いや4馬身くらいリードを許してしまったような焦りに他ならない。

上手く舵取りが出来ないアタシは、パドックにすら行き着けていないのかもしれない。

彼女の自動車学校通いに感化され、アタシも何か新しいことを始めてみようかと思い、真っ先に思いついたのが、かねてから憧れている『弓道』。

武道の中でも、弓道は特に難しいと言われています。
柔術・槍術・剣術、どの道を究めるのは困難だけれど、弓道は更に難しいと聞きます。
素人のアタシが言うのもおこがましいのだけど。

中学から大学まで弓道を学んでいた友人が言うには

「(的に)当てようと一瞬でも思ったりすると、乱れるんだよ」

無私・無心を創り出すことが何よりも難しいって。

♪勝ぁ~つとぉ~思うぅなぁ~、思えばぁ~負けぇ~ぇ~よぉ~♪

そんなお唄の通りなのでしょう。

そう会得すると、武の道、芸の道、仏の道、それぞれのベクトルは同じで「無私」であり「虚」の領域に達すると思うんだけど、、、
一つ解らないのが、「では何故、その崇高な精神の下に争いが起こるのかってこと」
剣も槍も柔も弓も、幾度も戦に華を添えてきた。

無私・無心であれば当たるということは、戦場においては、虚の中での「殺戮」である。
戦場において、無私・無心があり得るだろうか。
ではなぜ殺せるんだろう。。。なぜその刃が血を吸うんだろう。。。
平和ボケしたアタシのアタマでは何もかもが矛盾だらけに見えてしまう。
「武道」の何たるかを、これっぽっちも理解していない者の戯言デス。

弓の名手と言うと、無学なアタシは、メジャーなところでは「ウィリアム・テル」しか思い浮かばない(笑)。

けど、我が故郷の先達に、日本一の弓の名手と言われた人物がい、い、居るんですっ!

安藤早太郎、三河挙母藩藩士。

弓の腕を買われて時の藩主内藤氏の庇護の下、弓の技術を上げ、京都、三十三間堂の通し矢の大会で全国一となる快挙を遂げました。

その後、その実績と藩主の寵愛を傘に驕り、次第に煙たがられ、脱藩。
なんと、あの幕末に暗躍した新撰組の初期に加盟し、池田屋事変で落命した人物だそうな。

あ~ぁ、こんな田舎出の人物なんだもん。明治生まれの祖父母が存命なら、何か逸話が聞けたかもしれないのに、残念。

・・・・・・・・・・・・・・・。

まだ、弓にも矢にも触れてはいないけれど、最初の一振りは、コジの前途を阻む邪気を払う、破魔の一振りとなるように願う。。。
(銀座かねまつの、シーズンに1セットのアンサンブルか、弓道の月謝か、どちらも捨てがたい。。。)

 
ま、わずか一間先に、弱々しく落ちることは目に見えているけども。。。(笑)。


宙船(そらふね) 中島みゆき

 
コジにはさ、ZARDの「負けないで」じゃないんだよな。。。
 

PR
未来の自分
来年、5年後、10年後
明日のことさえはっきりとわかんないけどネ

ただ・・・
今この瞬間が未来に繋がってる事だけは確か

自分の中にあるたくさんの自分に負けないように

現実をみつめて生きること

自分を信じて心の舵をとれたら

けっこうカッコイイおばちゃんになれるかも~♪


ぱーるぴあす 2010/03/24(Wed)19:41:21 編集
Re:未来の自分
>ぱーるぴあす様

コメントありがとうございます。

カッコイイおばちゃんかぁ。

かっちりしたパンツスーツにトレンチでも羽織って、通勤電車で日経かジャパンタイムズなんか読んでるとカッコイイのだろうけど、アタシはぴゅっと中日新聞の朝刊を拡げます。
しかも夕方!!(爆)

手には焼酎の瓶を下げて女性専用車両に乗り込むと、みょーにアタシは異邦人(笑)。

10年後の自分のことは全くビジョンが無いなぁ、、、とコメントを読んで思いましたが、ソレは突然向こうからやってくるってものじゃないな、自分で思い描かなくっちゃダメだなって至りました。

10年後、今と同じようにセレモニー担当っていうのは考えられないな。

願わくば、アフリカやラテンアメリカで何かしたい。
コジでも巻き込みながら(笑)
【2010/03/25 21:18】
希望はなく妄想ばかり
 
 仕事に将来の希望を持てるなんて羨ましい。
 納内の土地にゲートボール場を作り、コジさんをはじめ、他のバアサン、ジイサンを集めて日本初のゲートボールクラブチームを結成する。なんてどうでしょう。

 私などは、ここのところ、何か一発当てて「早く仕事なんか止めたい」
 髭でも伸ばして、庭で薔薇でも育てて気取って暮らしたい。
 何よりぱっとしないサラリーマンの自分なんか早く忘れてしまいたい。そんなくだらない妄想に囚われています。
donjara 2010/03/28(Sun)00:16:57 編集
Re:希望はなく妄想ばかり
>donjara様

コメントありがとうございます。

もー、なんでゲートボールに固執するんザマすかっ?!

>何よりぱっとしないサラリーマンの自分なんか早く忘れてしまいたい。そんなくだらない妄想に囚われています。

これは妄想なんかじゃありやせんぜ。

最近、頭がイカレポンチでぐるぐるしてるので、正直言うと、夢と現の区別があんまりついていません。(これ、ホント・笑)

納内にはそんなにゲートボーラーが居るんですかね?
「そんなもん自分で集めろ!」ってことでしたら、客の酒を飲みまくってボトル代金を巻き上げることこそ、その術に長けたコジ&トラの約束の地。。。(爆)

ちょっと違った種の薔薇を咲かせるのは、アタシたちに任せて、ラベンダーかジャガイモ栽培に勤しんでください。

アタシも早く仕事なんか辞めたいデス、、、って、あれ?髭は嫌いじゃなかったんでしたっけ???





【2010/04/02 02:12】
人生損得ではないが

髭を生やして、薔薇を育てる、カヌーに乗る、きれい事を言う。

 それでいて、夜には脂っこいものを好んで喰うんだよな。そんな連中。

 大嫌い、だけど羨ましい。
 そんな自分もちょっと嫌い。
donjara 2010/04/03(Sat)15:06:17 編集
Re:人生損得ではないが
>donjara様

コメントありがとうございます。。。

って、、、ぅおぉぉぉ~っ、なんか難し過ぎますぅ(@@)
きれい事を言う人で、髭を生やして、薔薇を育て、カヌーに乗っているような方が身近にいらっしゃるんでしょうか?
違うか、まずはカヌーに乗る人が、髭を生やして、薔薇を育て、、、これも違うのかな。
まてよ、そもそも「きれい事」って何だろ?

最初から「きれい事」を言おうと思って言ってる人も居るのかな?
それは何のため?人を騙すため?
そしたら「きれい事」と看破された時点で失敗してるってことだから、、、ナドとぐるぐると巡っちゃいます。

>それでいて、夜には脂っこいものを好んで喰うんだよな。そんな連中。

アタシは髭が生えてこないし、薔薇も育てないし、カヌー乗ったことないし、夜は人並み程度の晩酌で十分☆

そんな連中、ちっとも羨ましくないやーい。

うー、難しいコメントをいただくと、支離滅裂だがね。。。
【2010/04/06 20:45】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]