忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

原爆の子の像を、じぃーっとひとしきり見つめた。

アメリカは原子爆弾を投下した理由として、

「すみやかな戦争終結を願い、苦しむことなく一瞬の内に死ねる爆弾を使用することにした」

なんて、この新型爆弾の実験的使用を正当化す声明を発表したけれど、
では何故、今も原爆症で苦しむ人が存在するんだ?

こんな爆弾を二発も叩き込まれて、ボロボロになった敗戦国、日本。

アメリカは日本に謝罪したか?
戦いに勝ちさえすれば、何もかも許されるのか?
日米安保理なんて糞食らえっ!だ。
日本を守るだとうぅ?
自国の論理で、世界中でやりたい放題、他国を破壊し放題してきた馬鹿大国の言うことなんざ、どれも嘘ばかりだ。
ヤツらなんかをまともに相手にする必要はない。

戦争抑止のための核武装が、日本でも叫ばれ始めて久しいけれど、
それは要するに、他国への脅し以外の何物でもない。
ヤクザな国になって欲しくは無い。
アメリカやロシアや、北朝鮮と同じ鬼畜レベルに成り下がって欲しく無い。

核武装をすれば、アメリカと対等に発言出来るのか?

冗談じゃない。
日本におけるBig Brotherはアメリカ。

 
色んな想いがこみ上げてきたけど、、、この原爆の子は、鶴を掲げている。

ひたすらに、平和を願って。

そうだ、憎しみを持ってはいけない。
それは平和に最も遠い感情だから。。。

奉納された膨大な折鶴を見ていたら、少し気持ちが落ち着いてきました。

攻撃的になってはいけない、平安を保たなくては、、、。

夏空、陽炎、蝉時雨。

平和がいい。戦争の無い世界がいい。

一組の家族が、千羽鶴を奉納していました。
小さな男の子が、お父さん・お母さんに守られながら、細く弱々しい腕に千羽の鶴を抱え奉納していました。

ふっくらとした掌で、合掌する姿を見て、、、

マタ滲ム。


 
汗なのか涙なのかわからない水滴を拭いながら、平和記念館へ向かう時、
祈りの火が見えてきました。

人の両の掌の上で燃える、平和を願う火です。

しばし佇む私の横を、大勢の学生さん達が過ぎて行きました。
皆神妙な顔をしています。

概ね4~5人くらいのグループで行動していたので、夏休みの課題か何かなのでしょう。
グループが違えば制服も違う。

修学旅行ではなく自由学習なんだな、、、なんて会得したら、ちょっと羨ましくも思えました。
一人だけで颯爽と歩く女子学生もいて、少し感動スル。


式典で見慣れたモニュメントが見えてきました。

整然と生けられた黄色の菊の花があまりにも美しく、TVの映像では伝わらない、生々しさが
64年前の惨劇は、遥か昔のこととはいえ絵空事ではなく、現実だったのだと想起されました。

線香の香、たなびく幾重もの煙。

立ち並ぶ菊の花を前にして、厳粛な気持ちになり手を合わせる。


 迷うことなく、核の無い、平和な世界を築けますように。。。
 戦没者の方々におかれましては、護国の鬼となって衆愚を導いてくださいますように。。。


夏空、陽炎。

64年前の今頃は、この辺りは。。。

涙腺が弱くなってきてる。
また涙が滲んできやがった。。。

ちっ。


Bob Dylan's Masters Of War performed by Sam Bradley

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]