忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Everything Is Meaningless 
 1 The words of the Teacher, [a] son of David, king in Jerusalem:
 2 "Meaningless! Meaningless!" says the Teacher. "Utterly meaningless! Everything is meaningless." 
 3 What does man gain from all his labor at which he toils under the sun?
 4 Generations come and generations go, but the earth remains forever.
 5 The sun rises and the sun sets,and hurries back to where it rises.
 6 The wind blows to the south and turns to the north; round and round it goes, ever returning on its course.
 7 All streams flow into the sea, yet the sea is never full. To the place the streams come from, there they return again.
 8 All things are wearisome, more than one can say. The eye never has enough of seeing, nor the ear its fill of hearing.
 9 What has been will be again, what has been done will be done again; there is nothing new under the sun.
10 Is there anything of which one can say, "Look! This is something new"? It was here already, long ago;it was here before our time.
11 There is no remembrance of men of old, and even those who are yet to come will not be remembered by those who follow.

Wisdom Is Meaningless
12 I, the Teacher, was king over Israel in Jerusalem.
13 I devoted myself to study and to explore by wisdom all that is done under heaven. What a heavy burden God has laid on men!
14 I have seen all the things that are done under the sun; all of them are meaningless, a chasing after the wind.
15 What is twisted cannot be straightened; what is lacking cannot be counted.
 

Old Testament Ecclesiastes 1 : 1-15
 

1:1 エルサレムでの王、ダビデの子、伝道者のことば。
1:2 空の空。伝道者は言う。空の空。すべては空。
1:3 日の下で、どんなに労苦しても、それが人に何の益になろう。
1:4 一つの時代は去り、次の時代が来る。しかし地はいつまでも変わらない。
1:5 日は上り、日は沈み、またもとの上る所に帰って行く。
1:6 風は南に吹き、巡って北に吹く。巡り巡って風は吹く。しかし、その巡る道に風は帰る。
1:7 川はみな海に流れ込むが、海は満ちることがない。川は流れ込む所に、また流れる。
1:8 すべての事はものうい。人は語ることさえできない。目は見て飽きることもなく、耳は聞いて満ち足りることもない。
1:9 昔あったものは、これからもあり、昔起こったことは、これからも起こる。日の下には新しいものは一つもない。
1:10 「これを見よ。これは新しい。」と言われるものがあっても、それは、私たちよりはるか先の時代に、すでにあったものだ。
1:11 先にあったことは記憶に残っていない。これから後に起こることも、それから後の時代の人々には記憶されないであろう。
1:12 伝道者である私は、エルサレムでイスラエルの王であった。
1:13 私は、天の下で行なわれるいっさいの事について、知恵を用いて、一心に尋ね、探り出そうとした。これは、人の子らが労苦するようにと神が与えたつらい仕事だ。
1:14 私は、日の下で行なわれたすべてのわざを見たが、なんと、すべてがむなしいことよ。風を追うようなものだ。
1:15 曲がっているものを、まっすぐにはできない。なくなっているものを、数えることはできない。

旧約聖書 伝道者の書 1章 1-15
 


日曜の朝は、何かに向かって祈る習慣があります。
確固たる対象が無くても。
今日は何のために祈ったのだろう。
よくわからないけど、よくわからない曖昧模糊たるヒトたる生物のため。

伝道者の書を読むとき、方丈記が連想される。

What has been will be again, what has been done will be done again; there is nothing new under the sun. 


 昔あったものは、これからもあり、昔起こったことは、これからも起こる。日の下には新しいものは一つもない。
 



方丈記より遥か古に書かれた旧約聖書に、無常観を感じるとは不思議なもの。
洋の東西など、関係ないのかもしれない。

あらゆる思想・文化を融合し適用するのが日本人の特質と言われるけれど、そんな難しい思考でなく、唯単に生温いだけなのだと思う。

嗚呼、今日も生温い風がふいている。
PR
そうかな?!

私が「ビジネスホテル」で、旧約聖書を暇つぶしに読むと、「石の家に住んでいる奴等は考え方が違うな」と思いましたが・・・。
 日本人の無常観とは別の物だと感じました。


 私なら、無常観とは「日の下には新しい物しかない」と解釈します。
 さざれいしのいわをとなりて、こけのむすまで

 逆に言えば、巨大な岩も「かぜのまえのちりとおなじ」になるのでしょ。
 
 「日の下に新しき物なし」と考える人々が一神教を信じている。
 神様は年をとらないのが当たり前!?

 古事記なんか読んでいると、神様も当たり前に年をとります。
 グレたり、不倫したり、障害児を産んで悩んだりします。

 天照大神あたりも、平成の今じゃ性格が変わっているのじゃないかと、ヘンな想像をしているのですが、どんなモンでしょう。

 天気予報で名古屋の最高気温を観るたびに、ちょっと吐き気がします。
 とはいえ、今夏の暑さは北海道でも異常、観光客は「詐欺だ!!」と言っているとか。
 おまけに家庭用のエアコンは「贅沢品」ちなみに私の家にもありません。
 来年はどうしようか?一昨年は扇風機を納戸から出さずに終わりましたが・・・・。
 
donjara 2010/09/05(Sun)20:31:16 編集
Re:そうかな?!
>donjara様

コメントありがとうございます。

>「石の家に住んでいる奴等は考え方が違うな」と思いましたが・・・。

確かに英語で読むと、堅い感じを受けますネ。
meaninglessを「空」と訳す日本人の感性は非常にしなやかで柔軟で、それは素晴らしい特性なのでしょうけど、その特性をもって、全てを受け入れ過ぎなのではないかと考えるようになりました。
異国の思想や文化を良しと見るや、日本の思想や文化に適合させて独自の思想や文化に発展させてしまう。
勿論、私もその類の「日本人」なのですが、先日のキリスト教徒の靖国参拝のような、本末転倒な行動には疑問を持つ態度でいたいと思っています。

>「日の下に新しき物なし」と考える人々が一神教を信じている。
 神様は年をとらないのが当たり前!?

うーん、私は牧師でも神父でもないし、神学を学んだこともないので、その問いに明確に答えることは出来ませんが、神とは所詮、自己の観測行為によって決定付けられるものでしょ。

日本人が考える「神」は、より人に近い感じがします。天照大神を上司と仰ぐ大勢の神がおりまして、天井人によるヒエラルキー社会や妻を恐れて逃げ惑うイザナギとかが実に生々しくて生活に密着してると感じます(笑)。

>天照大神あたりも、平成の今じゃ性格が変わっているのじゃないかと、ヘンな想像をしているのですが、どんなモンでしょう。

人が楽しそうにしているのが気になって、岩戸を開けたくらいなので、絶対派手好きだと思うなぁ。
今頃青いレプリカ着て、長居改め金鳥スタジアムあたりで騒いでいるんじゃないの?
そんな日本の神様もいいと思います。イエスは選手と一緒に戦っていると思います。けど国籍が無いから大忙しでしょうね(笑)。

そうそう、10月9日の天皇杯は札幌さんとのマッチですね~。
遠征ごくろうさまです。。。

【2010/09/08 11:36】
祈り・・・
自分の思いをぶつけること

心を自由にしてあげること

祈るってそういうことなのかなぁ?

思いどうりにならないこと

多いもんネ

でもさ

時にはそれが

生きるエネルギーになることもいっぱいある

偏らない広い心で

冷静に世の中をみつめ

自分を見失わないよう

生きていけたらと思うこのごろです・・・










ぱーるぴあす 2010/09/06(Mon)19:02:18 編集
Re:祈り・・・
>ぱーるぴあす様

コメントありがとうございました。

最近少々多忙な上に、どうしようもなく苛々することが多く、もっぱら自分の気持ちを鎮めるために祈っています。
遅くに帰宅してリラックスしたくても、テレビをつけると余計に塞ぐだけだったモンですから。

本当は自分ではない誰かのため、無私の心で祈るのが神様が好む正しい祈りなのでしょうけど、なんだかんだ言っても利己的な自分が否応なしに立ちはだかるんです。

>冷静に世の中をみつめ

>自分を見失わないよう

神を信じないという人がこのようにあるためには、何が原動となっているのでしょうね。

自分を保ちたいという気持ちの中には、何か特別な意志があるのだと思うんです。
それが「何かを畏れる」気持ちなのだと思います。

本当に、思い通りにならないことばかりですが(笑)、思い通りになればいいなんて思う気持ちも、よく考えれば傲慢なんですよね。
【2010/09/07 21:07】
「自分らしく」ってのも疲れるよね~
もともとその人が持ってるものってそんなに変わらないと思うんです。だから良い悪いに関係なく、今の自分のありのまんまを認めてあげるのがいいのかなぁ~。向上心はもちろん大切だけど、頑張りすぎは自分らしさからどんどん離れていく気がしてネ。「こうなりたいなぁ~」の気持ちを忘れなければいつかそうなるくらいの感じが好きです。自分らしさが何なのかを考えることのほうが、むしろ大切なのかなと思います・・・。

>自分を保ちたいと言う気持ちの中には、何か特別な意志があると思うんです。

ないない(笑)そんな素敵なもんはないです。ただ
何かにぶち当たった時、これに従えばOKと言う物はないと思ってます。枠に嵌められるのが嫌いなB型。答えは一つじゃないし、人によっても違うし。それじゃ、自分にとっての価値基準は何かと聞かれたら??う~ん、むずかしい。しいてあげれば自分の中にある感性(直感)とほんのちょっぴりある理性かな。なんかあんまりあてになんなそうな(笑)でも、毎度毎度悩んで失敗してがっくりし、たまにうまくいってバカ喜びで、そういう繰り返しが生きてるってことで。全部思いどおりにいっちゃったら
生きてる意味ないもんね~♪





ぱーるぴあす 2010/09/08(Wed)18:45:34 編集
Re:「自分らしく」ってのも疲れるよね~
>ぱーるぴあす様

コメントありがとうございます。

えへへ、本当のこと言うとね、ここ1週間ばかり珍しく苦しい状態にありました。ま、諸々と(笑)。

なーんか重いなぁ、嫌だなぁ、苦しいなぁ、そう思ってみると、何かを握り締めてる自分がおりました。
ずっと大事(だと思って)に持ってたものを手放したくない。だけど、やっぱりどう考えても元凶はコレだというものに気づいたので、捨てることにしました。
苦しいとか重いとか痛いっていうのが何よりも嫌いなお気楽人間というのが、私らしさなのだ(笑)。

以前にも登場した、歴史に詳しい整体師の友人がこんなことを言っていたのを思い出しました。
「劣化したものは早く捨てないと、新しい風にあたることは出来ない」ってね。

いい言葉だと思ったもんです。

愛着のあるものを捨てること自体にも痛みがありましたが、さっそくバカ喜び出来そうな風も吹き始めたもんだから不思議デス(笑)。
どうもありがとね。
【2010/09/09 21:52】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]