忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の広島旅行の時、移動中に読んだ本として辺見庸さんの「眼の探索」を紹介しました。
この内容は、今尚私の頭ン中をぐるぐる駆け巡ってる。
ずっと靄がかかって気になっていて、自分の言葉では表現できない曖昧模糊とした事を
はっきりと明言しておられて、すっきりしたと同時に大いなる恐れを抱きました。

抜粋

 私がいまこの国に感じているのは、いわば、鵺のような全体主義化である。
 そこには凛乎たるものが何もない。右も左も凛然しないことをもって、
 主体が消え、責任の所在が隠れ、満目ひたすら模糊とした風景のままに「いつのまにかそう成る」なにかだ。

辺見さんがこの文章を書いたきっかけとなったのが、1997年9月の日米防衛協力のための指針(新ガイドライン)。

抜粋

 摩訶不思議である。忘れもしない1997年9月24日の朝刊で、新ガイドラインの合意文書を読んだときは、
 正直、わが目を疑ったものだ。


 「この指針の目的は、平素から並びに日本に対する武力攻撃及び周辺事態に際してより効果的かつ
 信頼性のある日米協力を行うための、堅固な基礎を構築することである」


 たぐい稀な悪文である。しかし、それだから仰天したのではない。
 格調どころではないのだ。語法の尋常ではない乱れ方に呆れ返ったのである

 

私も当時、この合意文書に関する新聞記事を読みましたが、さっぱり理解できませんでした。
この文言だけを読むなら、今でも理解できません。

「周辺事態」って造語が、いつしか意図した人々によって軍事的な意味合いを持ち、いつしか日本の周辺ではないソマリア海域への自衛隊派遣ってことになってるのだ。

10余年をかけて、やっと「新ガイドライン」の謎が解けた。

国民は騙されてる!如何なる分野においても騙されてる!
薄々感じてはいたけど、日本人でありながら、日本語の造語が理解出来ないなんて衝撃である。

なんて遅い発見なんだろ。。。

間もなく選挙である。

政権交代など興味無いけど、政権を取るであろう民主党のマニフェストを読んでみました。

美辞麗句のオンパレードである。
コレだけみれば、誰も文句は言わないだろう。

もちろん得票のためには、後ろめたい思惑など書くわけないから、このマニフェストを額面通りに信じる
つもりはないけど。
政治に疎い人は私だけじゃない。
彼らが操る日本語に日本人のほとんどが騙されてる。

それでも、民主党幹部のほとんどはタカ派だと、消費税を増税するだろうと見抜ける方が居てくれるのは
心強いのだけど、
騙されないために神経すり減らして、政治家の動向を常に警戒していなければいけないのだろうか?
それじゃ一体何時になれば、安心してゆっくり休めるのだろうか?
安心出来る日は、もう訪れることはないんだろうか?


生きにくい窮屈な時代になったものだとつくづく思うけど、この現在しか知らない若者は、これが当たり前のごく普通の社会としてしか映らないだろう。

時代が生成されてゆく。

不可思議な日本語と、私たちの不理解の下に。

 
これがリトルピープルによる、空気さなぎ生成のための環境なのだろうか。。。

Lauryn Hill - Ex-Factor Video

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]