忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

我が社の形態は、日本国家のソレに非常に似ています。
世界的にも有名な会社は、我が社の親分会社だけではありません。
だから、私と同じ様な考えを持つ方も、このブログ上でのことに限定しなければ、少なくないと思います。

まず、親分会社から出向してきた役員(=自民党)、出向からプロパーへ転籍した人や出向元へ戻れそうもない役職者、コネ入社社員(=民主党)、中堅プロパー社員(=社民党・共産党)、女性・派遣・アルバイト(=国民)。
そして背後の大きな壁がト○タGであり、系列各社(=経団連)。

自民党も民社党も、パフォーマンスとしては銃の撃ち合いやら罵詈雑言などを吐きますが、同じ穴の狢なのです。
自分達の思想が常に正確で、常に最善だと大きな勘違いをしていらっしゃることに気付くことなどない。
だって経団連の言うなりなんだもん。
スポンサードを切られないように、常に低姿勢で居るしかない。
お上が言うことに、決して口答えが出来無い。

・スポンサードを2億カットされても、、、「ハイ!わかりました!」
・「福利厚生に使ってやるから、チケットを2割引きにしろ、それと手数料をよこせ!」っと言われても、、、「ハイ!わかりました!」
・試合のセレモニーはうちの協賛でやれ、ただし面倒な企画や運営はお前ンところでやれ、、、「ハイ!わかりました!」

そんなやり方に社民や共産の労働党は、至極全うな意見を述べます。
「こんな要求は飲めない!これは不当な利益供与の要求で、こちらの工数を考えると実質の賃金カットだ!」

でも弱いんです。
それなりに自分達も優遇されてますから。
何よりこのご時勢、逆らったら出世の道どころか、進退問題にもなります。

そしてしわ寄せが国民に来るのです。。。

でも何故か、(我が社の場合)国民は、労働党よりもずっと(影の)力がありそうな民主を支持するのですよ。
ま、自分の首を賭けてまで戦ってくれる人なんざ、我が社には居ないので無理はないかもしれないけど。
でもさ、何も支持しなくてもいいのに、、、とは思います。
だからナメられるんだよ、国民も!

私が新卒で就職した時は、バブル絶頂期。
夜は毎晩のように、新橋、銀座に繰り出していました。
給料も順調に昇給し、賞与などは年間7ヶ月+α。
夢のような時代で(実際に夢だったのだけど)、将来に希望が持てました。
不安なんて感じていませんでした、だから政治のことなど考えたことなどありませんでした。
浅はかな小娘だったので、ステータスの高いモノに憧れていただけ。
食事も洋服も男性も。
馬鹿女!とお思いでしょうが、そんな時代だったのです、、、スミマセン。

けれど、当時の政治のことを朧げながら思いだすと、ニュースの中に社会党の土井さんを見ない日は
無かったように思います。
あの時の自民党のライバルは確かに社会党でした。
(民主党は誕生していなかったので当然といえば当然ですが)

私の養父が当時の野党を嫌っていたので、その影響で「野党=悪」なんて図式がありました。

けど、よぉーっく考えると、社会党=労働組合で、自民党=資産階級です。
若年層に非正規雇用者が増え、雇用カットや自殺者が増加している世にあって、なぜ社会党(現・社民党)の支持が増え無いのかは、確かに疑問です。

思うに、軽薄でお馬鹿な小娘だった頃の私にも土井さんの姿が焼きついているのは、自民党のライバルであるという自負の下、正当な議論が展開が出来ており、時には敵の放った矢の威力に自民がおののくほどの「ツボ」を抑えていたんだと思います。

今は軽い。
政治が軽い。
軽い政治家のディベートなど退屈で見ていられ無い。
退屈な政治から離れ、お笑い番組なんかを見続けたから、市場原理主義に洗脳された芸人が政治家になっても抵抗がないのでしょう。

私は「新自由主義」という言葉が嫌い。
だから使いたくありません。

自由主義(リベラリズム)と社会自由主義(ニュー・リベラリズム)と混同したから。
でももう避けて通れ無いほど、忌まわしい新自由主義の時代にどっぷり浸かってます。

私のように、親・兄弟・友人などの影響で、なんとな~く社民党や共産党が嫌いなんて方も少なくないと思います。
今一度、立ち止まって考えてみてはいかがでしょう?

主義・主張は、どうしても受け入れられ無いモノもあるかもしれませんが、確固たるイデオロギーを掲げる以上
それはある意味仕方がありません。

彼らを支持したからと言って、日本が社会主義国になるなんてことはかんがえられませんし。。。



身の丈に合って無いようなことを書いてしまいました。
まだまだ政治音痴なので、ご指摘などあれば幸いです。


"Sun City" by Artists United Against Apartheid



麻生おろしも六甲おろしも興味ない。

あたしゃ本物の「大根おろし」で、冷酒を一献。。。
至福だねぇ~。。。
PR
無題
麻生自身のための衆院選日程


21日解散、8月30日投開票――。
てっきり辞めると思っていた麻生首相が、
都議選大惨敗の翌日に解散日程を決めたのには驚いた。
大型地方選では敗戦に次ぐ敗戦、
都議選では歴史的な自公の過半数割れを招いた「敗軍の将」が、
責任を取るどころか、自分で解散するというものだから狂気の沙汰だ。


党内からも「自民党を焼け野原にするつもりか」
「これでは自民党が壊れる」の悲鳴が噴出しているが、
今回の解散日程、麻生はこんな計算を働かせている。


政治評論家の浅川博忠氏が言う。
「麻生首相は昨年9月の就任以来、
“安倍、福田元首相のように政権を放り出さない
”“解散は自分で決める”と言い続けてきました。
自ら解散を打ってメンツを保つには、連立を組む公明党の協力が絶対不可欠。
これまで浮上していた8月2日や8日選挙の場合、
都議選から少なくとも1カ月の間隔を求めている公明党の反発は免れない。
自民党内にも早期解散を嫌がる声があって、
大臣が署名しない事態もある。
しかし、解散を先延ばししすぎると、
今度は『麻生降ろし』の風が強まりかねない。
首相は自分が引きずり降ろされないギリギリのタイミングで
解散権行使を考えたのです」


要するに、周囲の意見を聞いたようで、
実は自分の生き残りだけを優先させた。
“オレオレ解散日程”なのだ。辞めるのが一番なのに、
最後まで空気が読めない。とんだバカ首相である。


海外メディアも「バンザイ突撃」と
そもそも麻生で解散なんて、集団自殺と同じだ。
海外メディアまで「自民党は歴史的な敗北に向かっている」(NYタイムス)、
「バンザイ突撃」(英タイムス)と報じた。
おまけに経団連も愛想を尽かし、
今回の衆院選では「自民党支持」を見合わせた。
もう、やる前から自民党惨敗の結果が見えた選挙なのだ。


ネットから。


経団連も愛想を尽かしたかどうかはともかく、
弱者や庶民のためにも政権交代は必要ですし、
経団連なんかのための政治ではないことは事実です。


共産党の事は詳しく知りませんが、
共産党政権でもかまいませんし、
民主党以上に強烈な刺激がないと変わらないと思いますし、
「60年の極悪非道な自民党のせいで」
共産党が政見取っても共産主義にはならいと思います。


まあごはんさえ食べることを保障してくれれば、
一生笑わなくても生きていけますから俺は。


笑うのは1年間で世間の平均以下だと思いますので、個人的には問題ありません。


起きてから寝るまで怒った顔をして生きています。
だから怖い人と思ったとよく言われます。


景気が良くても定期的に政権交代はするべきですし、
60年続いた自民党の極悪独裁政権が、
駄目な社会を作ってしまいましたし、
腐りきった国家公務員の天下り、渡り問題も自民党の責任です。


高校生の時から「昭和の時代」自民党の独裁政権は可笑しい、
何処が民主主義なんだ政権が変わるのが当たり前だ!と、
言っていたら周りの大人達は、
「日本はこのまま自民党政権で良いんだよ君は共産主義かい?」
と言われましたがどちらが共産主義的な考え方でしょうかね。
その時の大人達は恥を知ってもらいたいです。
獅子 2009/07/17(Fri)21:37:09 編集
Re:無題
>獅子様

コメントありがとうございます。

政界の細かい仕組みはサッカー用語と同じくらい複雑で(笑)、なかなか頭ン中に入ってきません。。。

>てっきり辞めると思っていた麻生首相が、 都議選大惨敗の翌日に解散日程を決めたのには驚いた。

これには私も驚きました!
しかしまぁ、よく考えてみるとプライドの高い麻生さんらしいっちゃらしいですね。
引用していただいた浅川氏の論に同意できます。
ただ、これほどまでに虚仮にされてるのを見ると、少々気の毒な気もします。

>弱者や庶民のためにも政権交代は必要ですし、 経団連なんかのための政治ではないことは事実です。

そうそう!

政権交代が盛んに叫ばれていますが、今一番脆弱になっている「社会保障」を全面に打ち出してくれる政党でなければ、我々庶民にしてみれば全く意味のないことですもん。

お金持ちの要人がどの政治家と笑って握手するか、そしてその政治家が誰に近づくか、、、。
その見極めは大切だと思います。

さてさて獅子様。

あまり笑うことがないとのこと。
硬派な日本男児とお見受けします。

私の周りには、常にヘラヘラ笑ってる軟弱者ばかりで「実」が感じられません。
一見人懐っこくて優しそうなのですが、実は利己的で冷徹な人が多いです。

獅子様はそのままで良いと思いますよ。
少なくともここに集って下さる方達はちゃーんとわかっていますから。^^


>高校生の時から「昭和の時代」自民党の独裁政権は可笑しい、 何処が民主主義なんだ政権が変わるのが当たり前だ!と、

高校生の時にそんな視野を持っていらしたとは素晴らしい!

アタシの高校時代は、共産主義の教師が多くて毛嫌いしてました(笑)。
今になってもう少しちゃんと話を聞いておけば良かったなぁ、、、なんて思います。

社会・共産主義的思想を持ってるわけでもなく、まして支持政党などありませんが、今の日本に一番必要なのは「社会保障」だと思います。
何のために高い保険料が給与天引きされてるのか、、、アタマに来ちゃうよ、まったくぅ!







【2009/07/18 10:48】
政権交代は既得権益の打破だと思う
官僚政治。
利益誘導型政治。
強者のための政治。

これらが崩壊するのであれば、
政権交代、大いに結構。
民主でも共産でも構いません。
ぽち 2009/07/18(Sat)22:29:20 編集
Re:政権交代は既得権益の打破だと思う
>ぽち様

コメントありがとうございます~!

>官僚政治。利益誘導型政治。強者のための政治。

これは欧米による植民地政策(収奪のシステム)と同じ。
一刻も早く止めなければ、我々庶民の生活など変わりゃーせん。

こんなご時勢にあって、堂々と「増税」を掲げる政党は、一番胡散臭い!
なので民主はアタシ的にはBoo

支持出来る政党が無いっていうのも、国民にとっては淋しいものですね。。。




【2009/07/20 22:01】
無題
石川2区は民主党、田中美絵子氏が姫のサメ退治をするそうです。
石川県民の皆さん森喜朗を退治と自民党の政治に決別しましょう。


伊吹、細田までアウトなら44敗


来る総選挙は政権選択選挙。各都道府県の県庁所在地がある1区で、
自民党候補が続々と落選する落選する「1区現象」が起こりそうだ。


都議選大敗の結果を受けて、
与謝野馨財務相は「私の運命にも大きな影響がある」と漏らしたが、
“麻生内閣の良心”と呼ばれるだけあって、政治情勢にが分かっている。


「与謝野大臣の東京1区は、
地盤の千代田区で自民党のベテラン都議がまさかの落選。
名古屋、さいたま、千葉、静岡、奈良、都議選と、
自民党は大型地方選で6連敗です。都市部で“反自民”が明確になっている。
自民党の大票田だった東北や北関東、北陸なども都市化が進み、
無党派層が増えています。特に1区の有権者の意識は、都民に近い。
無党派層の多くは“反自民”で、今回は民主党という受け皿もある。
彼らが投票に行けば、全国の1区でバタバタと自民党が敗れることになるでしょう」
(政治ジャーナリスト)


“大物”といわれる自民党議員も、こぞって落選危機だ。
保守王国の北関東でも、今回は民主党に勢いがある。
茨城では医師会や特定郵便局長会が民主党につき、
バンソウコウの一件で知名度だけは高い赤城徳彦は敗色濃厚だ。
栃木の船田元も、もはや“過去の人”で苦戦。
西松献金問題で名前が挙がった群馬の尾身孝次は、
対抗馬の民主党候補が39歳の元新聞記者で、
世代交代を望む有権者の心をつかんでいる。
派閥領袖の津島雄二(青森)や伊吹文明(京都)も、
高齢がネックで支持層が広がらない。
元官房長官の塩崎恭久(愛媛)は、相手が地元の人気女子アナだから厳しい。


「現時点で、1区で当選が確実視される自民党の候補者は、
野田聖子消費者担当相(岐阜)、石破農相(鳥取)、高村正彦元外相(山口)くらい。
磐石と思われた細田博之幹事長(島根)も、
“党の顔”という立場が災いして風当たりが強くなっているとの情報もあります。
仮に、現職幹事長が落選なんてことになったら目も当てられない。
何としてでも当選してもらわないと…」(与党関係者)


幹部や閣僚経験者でさえ当選がおぼつかないのだから、
「アンタ誰?」ってな自民党候補者は軒並み、討ち死に確実。
1区は壊滅状態になる。


ネットから。

獅子 2009/07/19(Sun)15:01:06 編集
Re:無題
>獅子様

コメントありがとうございます。

砂糖さんトコで拝見した貴方の意見は、大々的にメディアで報道してもらいたいところです。

>橋下徹はサラ金「シティズ」の代理人弁護士を務めていたり、
>「税金を払わない奴は生きる資格がない」と言ったり、
>石原慎太郎と一緒で弱者や福祉を平気で切り捨てる人間です。


>橋下徹は税金を払わない年金暮らしのお年よりは死ね!と言う事です。


ま、橋下さんに限ったことではありませんが、このテの輩は、自民と民主にうじゃうじゃ居るんですよね。。。

この人も「勝ち組」ですから、庶民感覚など忘れてしまったのでしょうね。

>田中美絵子氏が姫のサメ退治をするそうです。

かつて姫井さんが虎退治に打ってでたことがありましたが、それと同じ感覚なのでしょうかね?

その後にスキャンダル、、、ってなことは毛沢東。
【2009/07/20 23:59】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]