忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

非常に厳しい試合となることはわかってます。
でも、選手達は、途中で心折れることなく頑張ってくれると信じてます。
こういう大勝負の前、私達は信じて祈ることしかできないのが、もどかしいというか悔しいというか。。。

あ、まだ出来ることがあった!
明日の勝利を確信しつつ、明日飲むであろう勝利の美酒の予行演習!!

違うか。。。えへへ。

Audiosurf: Glory Hill - DAYS


鯱のオフィシャル・テーマソングです。
 

ああ、そうだ。
巻(弟)くん、明日はFWで。

PR
ご声援どうもありがとうございました。
平日にもかかわらず、駆けつけて下さった大勢のサポーターの皆様に、この場を借りて、心から感謝します。
ご期待に添えなかったことが残念でなりません。

盛大な声援に後押しされて、勇気と自信を持って臨むことが出来ました。
遥かな夢を見ることができました。
人目を憚らずに男泣きしてくださった方、どうもありがとうございました。
声を嗄らして応援し続けてくださった皆さん、どうもありがとうございました。

まだ、リーグ戦・天皇杯が残っています。
皆さんを失望させないよう、精一杯頑張ります。
どうもありがとうございました。また応援をよろしくお願いします。

鯱美(とらよし)URL 2009/10/28(Wed)22:43:02 編集
ンダンダ!
まだ天皇杯があるし、それに優勝するとACLの可能性もあるんだっけか??(弱いカエルには関係ないから?よくわからないというか、認識薄いのよネェ~)

ただ勝てばいいということではなく、得失点差を考えた第2戦は難しい。緒戦の失点はあまりに痛かったと言うことだけれどもこれは言ってもしようが無いか・・・。
日本はリーグ戦とカップ戦など日程的にヨーロッパ並みにきついからねぇ・・・。中東の場合はこの辺のことはよく解らないけれども力の入れ方(日程的な余裕)が違うようにも思うんだなぁ・・・。

世界的なビッククラブが毎年勝つかといえば(連覇するかというと)そうはいかない。日程が過酷過ぎるもんだから2チーム分の選手をかき集めているけれども毎年勝ち続けるのは大変さ。
マンUが三部に負けたり、レッズが4部に負けたりもするけれども、全部に勝つなんていうのは難しいわけさ。
鹿島のようにいつも初めに負けちゃうと(わざとじゃないけれどもさ)結果的には楽になる・・・。まぁ来年もあるのだし、いい経験だったということで・・・日本勢最後の砦ということでご苦労様でした。
弧愁庵人 2009/10/29(Thu)01:31:20 編集
Re:ンダンダ!
>弧愁庵人様

コメントありがとうございます。

ごるら~っ、!
そりゃさ、リーグ戦の上位獲得は無理になっちゃったけどさ、捨ててるわけじゃないからね。
天皇杯に限定するべからずぅー。

弱いカエルなどと言いなさんな。
まだJ1昇格を狙える位置にいるんですから。
湘南さんとは是非対戦したいですよ。もちろんJ1で。むふふー。

中東クラブは秋にシーズンが始まったばかりですもんね、そりゃ元気いっぱいですよ。うん。
でも、この試合は力の差を感じました。
何度も相手ゴールに襲いかかって惜しい場面もいくつかあったけど、結果が出せ無いってことは、そのまま実力ってことです。

選手にとっても、チームにとっても、事業サイドにとってもいい経験になりました。
生々しい問題もありつつも。。。

あ゛~、金持ちは嫌いだっ!!
【2009/10/29 22:45】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]