忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なかなか支払うべきお金を支払ってくれない人が、毎年毎年1人や2人居ます。

「まだチケット代の入金が確認できませんが、、、」

と言えば、

「すみません、忘れていました。すぐに振り込みます。」

そんな回答です。

ならばと待っていても、一向に振り込まれない。

もう一度督促の電話をかける。

「振込先のメモを忘れてしまって、、、もう一度教えてもらえますか?」

教える。

けれどやっぱり振り込まれない。

更に電話をかける。

すると電話が繋がらない状態が続くようになった。

何度も何度も電話をしているうちに3ヶ月が過ぎ、やっと先方も悪いと思ったのか電話に出た。

ずっと忙しかった、海外出張に行っていた、振込先を間違えた、今度は本当に送ったはず、
なんなら振込み明細をFAXするから確認して欲しい、どうやらまた間違えたようだ、、、。

困った人は嘘をつくもの。。。

かつて、私的理由で1週間連続のフレックス出勤を申し出たことがある私など、この苦しい言い訳が
非常に良くわかるので(笑)、痛々しい。

必死なんだよね。

でも、ことお金が絡むこと、、、嘘はいけない。
言い訳もいけない。

今は払えないのであれば、正直に言わなくちゃ。
何も取立て屋ではないのだから、先方に誠意があるなら支払いを分割にすることだって考慮する。
こっちだってサービス業だもの。

「○月×日にお支払いします」

それを信じて半年過ぎました。
嘘をつかれた怒りを通り越して、呆れます。

ま、これは庶民感覚なのだけど、大物ともなると嘘を嘘とも思わず、言い訳を言い訳とも思わず

「全て無かったこと」に出来ちゃうのだから大したもの。

嘘の上塗りと言うけれど、こんな感覚を身に付けるには、一体今までどれほどの嘘をついてきたのだろう?

どこぞの党の代表の不正献金事件は、ここんとこ忙しくて新聞もネットもきちんと読んでいないので
詳しく知らないけれども、こういう報道がなされる度に出てくる言い訳が

「秘書が~、収支報告が~」

金(カネ)を扱う者として、経理担当が悪いとか知識不足とか言われているようで、本当に頭にくる。

バーカ。

お金の出入りなんて真剣に辿ろうと思えば、どんなに規模が大きい会社でも団体でも、足がつく。
だから正直者で小心者の経理担当は、ちょろまかすことなんてしない。

そういう意味では、大嘘つきの団体で働く収支担当者は気の毒だなぁ。
使途不明金ごっそり懐に入れて逃げればいい。
どうせ表沙汰にはできないし。(××される可能性はあるけれど)

どの道、犯罪者となるか××されるしかないのか、、、。

収支担当だけでなく、むちゃくちゃな政界では、正直者の小物は哀れですね。。。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]