忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近見つけた素敵なブログがあります。
折にふれてこちらにもコメントをいただいているpeace09様のブログ(ブログタイトルは、まま)
名古屋・愛知のトリプル選挙に衝撃を受けて、愚痴を垂れたところ、

「はっきりいって名古屋市民・愛知県民は最低のレベルであることを天下に明らかにしました(笑)」

と痛罵され(笑)、うん、本当に最低レベルだと言われてしまっても仕方ないことを明らかにしようと思います。
長くなりますので、複数のエントリーになります。
ご興味がおありなら、お付き合いくださいませ。

昨秋、名古屋の河村市長が市議会リコール運動を先導し、名古屋市民の市政に対する目は厳しくなったと思いました。
けれど、その市民のその目は、河村氏の呼びかけによって醒まされたものです。
その時点で、河村氏の目線でしか考えられないのではないかと心配もしましたが、今回の市長・知事・市議解散の意思表示選挙において、各候補者を吟味し、市民・県民が改めて真剣に考えると思っていました。
しかし、結果はマスコミ報道で名声を得た、河村・大村のムラムラツィンズ。

こんなに名古屋市民・愛知県民が簡単に、河村氏の主張に賛同するとは思いもしませんでした。
この選挙に際し、私が少々疑問を残しつつも票を投じた対抗馬の公約も、きっと誰もが読み、真剣に考えてくれるだろうと思っていたのに。
石田氏(市長候補)は地元の厚い支持を得ていましたから、厳しいとはいえ、勝算が無かったわけでも無いんです。
けれど、TTP推進派の御園氏(知事候補)とマニュフェストを同じくしてタッグを組みだしてから、不安になったのは事実です。
以前の記事でも書きましたが、さらに岡田氏が応援についたことで、この人達も結局、民主党を離脱し無党派で戦う素地が無いのだろうと思いました。
けど、なんでよりによって岡田氏なの?
岡田氏が付いたことで、大量の票を失ったと思います。

ここに、私にもジレンマがありました。
離党せず岡田氏が応援に付くってことは、もし当選したら、岡田氏の意向に染められていくのだろう、、、という懸念と、けど、この今、鳩山マニュフェストに近い公約を掲げているのは、ムラムラツィンズではなく、石田&御園氏という事実。
どちらにしても、勝った暁には、また民意にそぐわない歪んだ(岡田氏色の)地域政治になりそうで、投票には相当悩んだ挙句、一縷の望みに賭けたのだけど、白票を投じれば良かったのか。。。

っていうか、選びたく無い輩の対抗馬は、絶対に勝てない輩なのだ。
こんなに虚しいことはありません。

腹いせに、あの地元民の耳にも鬱陶しい河村氏の公約に込められた真相を探ってみましょう。


まずはこの記事↓、2009年4月に河村氏が掲げた公約です。
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ele_mayor/list/200904/CK2009040502000162.html

いづれ閲覧不能のなるといけないので、大事な部分をコピペします。

↓ここから

<マニフェストで示した主な政策>

■政治・行政を変える

・市民税を減税し、日本一税金の安い街を実現する

・市長退職金の廃止、市職員人件費総額10%削減

・議員の費用弁償は実費支給。定数は10%削減する

■安全安心な暮らしを第一に確保する

・福祉サービスを確保しつつ、民間能力の導入を推進

・高齢者医療費の自己負担分への助成制度を創設検討

■名古屋市経済をいち早く不況から脱出させる

・4大事業はいったん立ち止まり、優先順位など再検討

・市の調達は地元中小企業を優先的に行う

・名古屋高速道路の通行料金を100円値下げ

■水と緑の自然共生都市に再生させる

・地域の小川を復活させ、冷暖房のいらない街を目指す

・未利用農地で飼料用、バイオ燃料用作物を栽培

■市民が地域のことを自ら決定する仕組みを導入

・公選のボランティア委員で地域委員会を設置

・地域委員会が市予算の一部の使い道を決める

・教育委員会の権限を現場に委譲する


色付けしたトコ、怪しいと思いませんか?
政治家のマニュフェストは、隠された真意を読み取る想像力が必要です。
読解能力でもなく、政治知識でもありません。
想像力をもって熟読すれば、怪しいところは見えてきます。
この公約が、自分の生活に入ってきた場合を想像すればいいのです。

この公約、始めに美しいことが書かれていますよね。
ええ、始めっから恐ろしいことを書いていたら、支持は得られません。
けど、5つ目の条項から、ガラリと変わっていると思いませんか?

「市民が地域のことを自ら決定する仕組みを導入」

聞こえはいいですよ。
けれど、実際に「地域委員会」なるものが発足し、走り出してしまいました。
この地域委員会は、小学校区規模の地域内で選挙に選ばれ、「その学区域での課題を、その学区域内で解決に導く」ための委員会です。
はっきり言って素人さんですよ。もし誤った方向に走ってしまったら、名古屋市は面倒を見てくれるのでしょうかね?
この地域委員会に、不足している保育所問題、青少年の教育問題を丸投げするわけです。
1000万やるから、テメー達でなんとかしろ!って言い分です。

続きはまた次回に!


自己関連記事

尾張名古屋のパフォーマー

他ブログ参考記事

名古屋の「地域委員会」でも、国籍条項

 

PR
はじめまして
岩下さんのコメントを拝見して、こちらにまいりました。「Y」というイニシャルだけで失礼とは存じますが。
ブログ主様のおっしゃる通りと思います。今は、財政再建のときではありません。財政出動により、まずデフレから脱出させ、無駄に多い預金を吐き出させるように仕向けることだと思います。
財界は国外に目を向けすぎです。日本は内需に膨大な力がある国です。
今後、立ち寄らせていただきます。勉強させてください。
URL 2011/02/16(Wed)00:52:59 編集
Re:はじめまして
>Y様

コメントありがとうございます。

HNのことなど、どうかお気になさらず^^。

せっかくコメントをいただきましたのに2月いっぱいの休業宣言で申し訳ありません。

わたしもY様宅へお邪魔させていただきますネ。
勉強させていただくのは、わたくしのほうです(汗)。
今後ともよろしくお願いします。
【2011/02/17 00:45】
無題
ムラムラツインズの大勝利って、
コイズミヘイゾウの乱に似てると言えば似てるけど…。
コイズミヘイゾウみたいに長期政権になったりして(笑)
ま、とことんぶつかり合えば、何かが見えてくるでしょう。
地方政治が盛り上がるのは、とても良い傾向だと思います。

ところでここんとこ、米国のニッポンヨイショ激しくない?
この臭いが国内に漂いだすと、ヘイゾウ虫が現れるんだわ(笑)
たいやきやいた 2011/02/16(Wed)19:58:23 編集
Re:無題
>たいやきやいた様

コメントありがとうございます。

そうなんだって、、、ムラムラツィンズの「減税改革」ってフレーズが、「郵政解散」と言ったコイズミヘイゾウとダブっちゃうんです。
あれれ、学習してないなぁ、、、なんてね。

>コイズミヘイゾウみたいに長期政権になったりして(笑)

お、お、おそがいこと言ったらかんてっ!!
・・・・・・。
でもその通りかもしれませんね。

河村氏、さっそく三重県に出向きましたね。
各地方選挙で、自分の手法を伝授してるのかなぁ。
そんなことしないで、市政に力を入れて欲しいんですけどねぇ。

あ、そっか、議会が。。。(涙)
【2011/02/17 00:53】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]