忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆雨の日曜日、午後になって訪ねてきた養母と選挙に行ってきました。選挙会場の小学校は徒歩で25分程かかるので、御ン歳81の養母に歩かせるのは忍びなくタクシーで会場へ向かいました。毎度毎度思うのだけど、投票場など何処でもいいのに。会場が遠くて行けない人だっているだろうに。特にお年寄りはさ。それが投票率の低下の原因の一つだと思うので、早いとこもう少し便利な方法を考えて欲しいよ、まったく。そのタクシーの運転手さんはよく喋る人で、「選挙会場に行く」と告げたら自民・民主の批判をまくしたててました。でも、消費税増税には反対の立場ではないらしく、「財源が無いんだから、仕方ないよ」と言っていました。初乗り500円の個人タクシー。この値段で頑張っているのには理由があるハズなのに、消費税率アップで打撃を受けるのは、こういう個人事業主なのに、なぜ寛容でいられるのだろう?国民目線、生活第一にコミットしていない政治家の姿勢を批判してはみても、結局は妥協せざるを得ず、仕方なく程よくプロパガンダされた情報を現実としてしまうのが、悲しき苦労人ってところなのでしょうか。マシンガンのようなお喋りが愚痴ともボヤキとも取れ、聞き役に徹しました。虚しいなぁ。。。なんとなく、世のクリスチャン達は、日曜礼拝の後に選挙に出かけるのだろうか、、、などと考えました。昔のアタシだったら、絶対に行かないな(笑)。午後2時の時点での、その投票会場の投票率が23%と開示されていました。重苦しい気持ちで雨空を見上げるしかなかった。

その夜の選挙速報で、「民主惨敗、自民・み党の躍進!」などと報じられていたけれど、惨敗したのは国民じゃないだろうか?国民の代弁者となるべき野党の議席は、全く伸びなかったのだから。

◆1Q84のBOOK3を読みながら、天吾と青豆が住んでいた千葉県の市川市を思い、高円寺を思い、ボールベアリング、ソフトボール、宗教団体について思う。何故かどれも馴染みがあるので。私が社会人としてスタートしたのは東京。就職するまでの束の間、市川市に住む友人(オハイオ州出身のアメリカ人の女の子)の家に居候し、その後収入が落ち着いてからは高円寺に移り住みました。ドイツ系のボールベアリングを扱う会社に勤める傍ら、日曜日には教会に通った超バブリーな時代。あんな時代はもう二度とやってこないだろうけど、あれほどとは言わないけれど、なんとか好況を今の若い世代の子達に味わせてあげたい。生まれてからずっと不況の世の中しか知らないなんて、就職難から、大学3年生から就職活動をしなくてはいけないなんて、あまりにも理不尽で可哀相なことだと思う。一体何のための大学進学なのだろう。バブル時代に恩恵に預かった大人達は、そのおすそわけすら若者に与えておらず、窮屈な檻に閉じ込めているだけ。今日も会社には採用に関する問い合わせの電話がありました。すがるような声で。ごめんね、ごめんね。履歴書の送付さえ断られる時代というものを、我々が創りあげてしまったのだと思うと謝罪の言葉しか出てこない。

禍々しい選挙の後だからだろうか、美しい言葉が聞きたい、教会で礼拝がしたいと心から思い、聖書を手に取り、適当に開いた箇所にはこう書かれていました。

さて、一人の男がイエスに近寄って来て言った。「先生、永遠の命を得るには、どんな善いことをすればよいのでしょうか。」イエスは言われた。「なぜ、善いことについて、わたしに尋ねるのか。善い方はおひとりである。もし命を得たいのなら、掟を守りなさい。」男が「どの掟ですか」と尋ねると、イエスは言われた。「『殺すな、姦淫するな、盗むな、偽証するな、父母を敬え、また、隣人を自分のように愛しなさい。』」そこで、この青年は言った。「そういうことはみな守ってきました。まだ何か欠けているでしょうか。」イエスは言われた。「もし完全になりたいのなら、行って持ち物を売り払い、貧しい人々に施しなさい。そうすれば、天に富を積むことになる。それから、わたしに従いなさい。」青年はこの言葉を聞き、悲しみながら立ち去った。たくさんの財産を持っていたからである。イエスは弟子たちに言われた。「はっきり言っておく。金持ちが天の国に入るのは難しい。重ねて言うが、金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい。」
マタイ伝 19章16-23節


なぜか聖書を開く時には、その時に必要としてる言葉が現れます。この日目にしたのは『持てるすべての物は、獲得したものではなく、神によって与えられたもの』という考えでした。そこに神に対する感謝が生まれます。すなわち、イエスは社会保障のことを言っているのです。「持てる者が、持たざる者を助けよ」と。美しい言葉だと思うし、美しい精神ではないでしょうか。信仰も思想も無く、感謝の気持ちさえ持たない強欲なキンマン政治家からは聞けない言葉だと思うのです。

◆前の会社の同僚からお酒のお誘いがあり、久しぶりに華やぎました。なんとなく気分を変えて浴衣で出かけて行ったら、♂達が喜んでおりました。お店も喜んでくれたのか、帰り際にチリ産の赤ワインをいただいちゃって、わお、ビバ浴衣!飲む量はハンパじゃなかったんだけど(笑)。いつもの安居酒屋ではなく、かなりお洒落なオーセンティックバーで、好みのカクテル、うんとドライめなギムレットに舌鼓。レイモンド・チャンドラーの名作『長いお別れ』が読みたくなりました。選挙結果を見た直後は、エゴン・シーレの絵が見たいと思ったんだけどね。





関係ないけど、プロバイダを光フレッツに変えました。かなり快適☆ それと、1Q84青豆の体型のことについて感じたままを。青豆は身長170センチくらいの贅肉のないほっそりとした体型の女性として描かれてるけど、眉唾もんである。これは村上春樹さんにモノ申す(笑)。中学から社会人に至るまでソフトボールを続けた女性が、「ほっそり」してるワケない!絶対にゴツイ体型だよ、うん。しかもピッチャーで4番なんだから、先のオリンピックで優勝した日本のソフトボール選手達顔負けだよ。青豆の体型についての描写だけは違うと思う。身長170センチ、肩幅42センチ、バスト84、ウエスト65、ヒップ103、足のサイズ25センチの大女に違いないと、あたしゃ思うんだな(笑)。
PR
浴衣美女!!

 浴衣の下というのは、素肌。
 猿股、乳アテの類は御法度ですな。

 そっと肩に手を当てれば、ほんのり桜色になり、うつむき、薄衣越しに素肌の感触が・・・・。
 たまりませんな~。

 17歳の時、亡母が浴衣を1枚仕立ててくれました。家まで呉服屋さんを呼んで採寸して・・。
 きっと良い物なのでしょうが、とうとう着る機会もありませんでした。

 北海道は基本的に真夏でも夜になれば肌寒いことが多いのです。
 宵宮に彼女と二人。なんて機会があったとしても、下手に頑張ると風邪をひいてしまう。
 
 結局、冒頭の妄想は実現できないままでした。
 蒸し暑い夏も、この点では羨ましいかも?!

 1Q84は妻が3巻そろえていますが、読む気になりません。おもしろいのでしょうか。
 子供の頃から、小説はほとんど読みませんでしたから、習慣ですかね。
 
 
 
donjara 2010/07/14(Wed)22:38:21 編集
Re:浴衣美女!!
>donjara様

コメントありがとうございます。

以前、donjara様に

>先日同僚に「腹が立ってどうしようもないとき、どうしている?」と質問したところ 「妻と美味しいワインを飲みます」という答えが返ってきた。

というコメントをいただいて、

>これは、

>I'll drink the wine with my wife.
>I'll drink my wife and the wine.

>どちら?

と聞いたら、『罪深き者』と言われちゃいました。

http://kanom35.blog.shinobi.jp/Entry/182/#comment6

なんとなく、その時のdonjara様の気持ちと、今のアタシの気持ちは似てるような気がするんだ、まったくもう!(笑)

北海道に一番最近行ったのは、もう7年も前の夏でした。
冷夏で8月の日中でも16度。寒くて震えながら網走・知床を満喫しましたが、地元の若者達はノースリーブでびっくりしました。

浴衣は湯上りに着ると、あれでなかなか暑いものです。
せっかく仕立てていただいた浴衣なのですから、夏の夕暮れに奥様とひと時の散歩なんてのも素敵だと思いますよ~。

後片付けなど気にしないで、こういうのは気分ですから。


ええ、猿股は付けずにっ。うっしっし。
【2010/07/15 21:13】
無理です

あの頃、私は172cm、52kgの細身の青年でした。

 今は・・・・。言いたくありません。
donjara 2010/07/17(Sat)19:45:14 編集
それから・・

 エロコメント扱いはいけません。
 浴衣に下着の線が出たら粋じゃないという、文化論、そうだ文化論の話ですよ。

 近所にこのあたりには場違いなフレンチの店ができまして、妻と2人で出かけてみました。
 値段の割には味は大満足で、ワインの酔いも手伝って上機嫌な夜のお散歩になったのですが・・・。

 家に近づいた頃、突然「こんな事、これから何回あるのかな。」なんて言うのです。
 せいぜい1万円ちょっとの贅沢なのに。

 私があらゆる事に気力を失っているのが原因でしょう。不安にさせているなぁ~。改めて気づかされました。
 夜のお散歩。浴衣はともかく、たまには良いかもしれません。
donjara 2010/07/18(Sun)00:17:23 編集
Re:それから・・
>donjara様

コメントありがとうございます。
毎度毎度、返信が遅れてすみません。3連休の週末は遊び呆けておりました。

>エロコメント扱いはいけません。

って、そーゆーってことは、あの時のアタシの質問をエロコメ扱いしてたんですね?!

んまー、アタシは文法上の誤解を避けるための問いのつもりだったのにっ。

>家に近づいた頃、突然「こんな事、これから何回あるのかな。」なんて言うのです。 せいぜい1万円ちょっとの贅沢なのに。

こういうシュチュエーションを真剣に考えてしまいました。
オンナはどういう時にこういう台詞を言うのか、、、うー、経験則に無いや。
何も思い浮かばないから、やっぱり「ノロケ」としか受け取れなくって、ちょこっとだけ真剣に考えちゃったのが勿体無い!(笑)

ええ、ええ、「望む限り」とでも応えてあげてくださいよ、まったくぅ。

無気力はよくありませんよ。
これは近しい者に伝染します。

ここはひとつ、馬鹿馬鹿しいほどに笑えるような本でも読んでみるのもいいかもしれません。
浅田次郎の「きんぴか」とか、「プリズンズホテル」とか。

タイトルの「それから・・・」で思い出しましたが、只今夏目漱石の「こころ」を読んでます。
現代文学とは一線を画した格調の高さに敬礼中デス。
【2010/07/20 22:38】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「あ・うん」  向田邦子を読み返す
「花ひらき、はな香る 花こぼれ、なお薫る」 向田邦子の墓碑銘に刻まれた森繁久弥の言葉。 向田邦子は51歳の夏、台湾の航空機事故で亡くなっているわけで、かれこれ30年になるわけだが向田ファンは今でも多い。「爆笑問題」の太田光は大変な読書家で有名だけれども、そ
URL 2010/07/22(Thu)09:31:38
オリベイラよ、それは違う!!鹿島に魅力がないのじゃないか?
湘南ベルーレは鹿島アントラーズ戦で0−1の敗退。 最下位で、来期降格する恐怖に怯えるベルマーレにとっては(だって財務が・・・)悔しい試合。せめて守りきって勝ち点1は欲しかったところ。 方やリーグ三連覇中の王者アントラーズ。 勝つには勝ったがホームに1万人も
URL 2010/07/15(Thu)18:49:08
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]