忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

◆世間一般では、1月4日が仕事始めだったようですが、我が社は昨日が年明け初日の稼働日でした。12月27日~1月5日までの長期休暇だったのですけども、「あッ!」っちゅう間に過ぎてしまいました。お休み最終日となった5日の朝、上司から携帯に連絡があり、完全に休みボケしてたアタシは、「うわっ!出勤日間違えた???」なんて本気でビビっちまいまして、慌ててコールバックしながらカレンダーを確認。やっぱりその日は5日で始動日ではない。ハテー、何の用かしらん。。。と思っていたら、上司が出て深刻そうな声でノタマッタ。「鯱(とら)ちゃん、予定通りカタールからの入金無いよ。」カタールからの入金と言うのは、年末に入るハズのダヴィ資金のこと。「予定通り」の言葉を聞いて、「あ、入金されたんだ~、よかったよかった」と思っていたのだけど、最後の「無いよ」でびっくり。言葉の使い方違うでしょっ。「予定通り、、、無かったんですね、、、」っと復唱したところ、上司はひとしきり大笑いして電話を切った。なんだぁ?ただそんな言葉遊びのためだけに電話してきたんかぃっ!出勤日を間違えたなどとプチビビった自分が勿体無い。あ~ぁ。

◆明けて6日、ようよう仕事始めの日。お偉いさんの年始の挨拶を終えて早々に、休みボケも吹っ飛ぶくらいの多忙さは、一体ナンなのよ(涙)。鳴りっぱなしの電話、途切れることのない来客。どれもこれも、年末に挨拶をかわした取引先さんとの、今度は年始の挨拶の応酬。ったく、こっちはそれどころじゃない!カタールの入金(約1億5千万)が無いノンだから早速資金難に陥ってしまって、慌てて資金不足となりそうな金額を算出して銀行へ連絡。「す、すみません、、、ゆ、融資をお願いします、、、。」少々殊勝な雰囲気を醸し出して担当者に告げたところ、「え゛~え゛~え゛~っ!!ほ、本当ですかッ!!ありがとうございますぅっ!!」って、こっちが笑いそうになるくらい、素っ頓狂な声が返ってきました。その後は使途目的について、定番の質疑応答があったのですが、これがまたこの業界ではベタな質問、、、っと言うか探りなのか(笑)。「誰を獲るんですか?結構な金額なんですか?使用目的は移籍金支払いってことでいいんですかっ!?」電話口から唾が飛んできそうな勢い。どうどう、ほーら、どうどうどう。この手の質問はテキトーにかわし、融資を取り付ける。ふー、何処までが銀行としての必要情報で、何処からが個人的な興味なのかわからない。のらーりくらーりと受け答えをして電話を切る段になって、「天皇杯、残念でしたねぇ~。」なんて言われてぐっさり刺された気分。軽く「おのれ、アラブ人めっ!!」と根幹に敵意を抱いた後、10分くらいまた呆けた(涙)。

◆12月25日付の鯱の親分会社絡みの支払を2件失敗してしまい、2件とも1日遅れたことで、その支払い先の1件について、関連会社の担当者(A)からたっぷり1時間の事情聴取を受けた。まったく馬鹿馬鹿しい。わずか数万円の支払いが25日以前でも以後でも許され無いんだってさ。そんなこと、この会社に入ってまる6年経ったけど全く知らなかったYO!相手は、わずか数万円の遅れで資金繰りに支障をきたすような相手ではないというのに、関連会社間のことだというのに。。。原因と今後の対策について、業務請負会社の担当者からたっぷり1時間である。日常の業務フローを素人に時間をかけて説明し、「要するに、請求書がアタシんとこで埋もれていたんだよ」的な人為的業務ではありがちなミスを認めたら「これでようやく全容が明らかになりましたね」なんて言われて、アッタマにきた。「ここからは、今後の対策について、、、」なんて切り出され、ムカッ腹立てながら「では、決してミスが有り得ることのないモデルケースの会社があるのですか?是非教えてください。」と問うたところ「残念ながらありません。」との答え。業務請負会社だったら、そのためのマニュアルくらい作れつーの。大体、なんで支払い側が叱責を受けなくっちゃいけないんだ?そこには大企業も零細企業も、本来なら関係無いハズ。田舎の商店街のような繋がりは、この田舎の大企業には通じ無いんだなぁ、、、と忌々しく思っていたら、今度は支払いが遅れたもう一つの案件で関連会社の担当者(B)から電話を受け「原因と対策を~」っとキタもんだ。Aと同じ会社の人物である。。。つまらん。もー、面倒くさくなっちゃって「別案件で御社のAさんに事情は説明しましたので、Aさんに聞いてください。」と突き放すように言うと、「はーい、わかりましたぁ~」と、妙に軽い答え。脱力して顔を上げると、事業部の連中が、「あ~、これ、間違えちゃったよ、ははは」なんて外部に提出した資料やリリース記事について誰からも責められること無く、罪悪感無く笑ってる。。。更に脱力。また呆けそうになった時に、飲み仲間から「新年会やるよ~、みんな集まれ~」なんて一報(メール)が入り、アタシは背筋がピンっと伸びる(笑)。救われる思いで涙が出るほど笑っちゃう。よーし、明日はとこっとん飲むぞ~!


Queen - Soul Brother


 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
親鸞の「善人尚もて往生をとぐいわんや悪人をや」の意味
親鸞の「歎異抄」から(現代人が読み解く誤解・・・私だけかも知れないが)少し書いてみようと思う。
URL 2010/01/17(Sun)16:59:00
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]