忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リーグ戦中断のおかげで、我が社は長期休暇中の人が多く、通常は20名ばかりの会社にほんの数人が居るだけ。
先週なんかは、出勤者たった4名とかなんてのがザラでした。
そんでもんって、開催中のW杯の録画放送を見入っちゃってるもんだから、緊張感ナッシングのユルユルでしたが、カメルーンに勝ち、オランダに善戦しちゃったもんだから、取材申請の電話や、問い合わせの電話はひっきりなしでした。

親善試合に比べると格段に内容がいいから、マスコミも騒ぐよね。
どうもW杯に関する報道を見ていると、大会が終わるまで、毎日一人ずつ紹介して話題を繋ごうとしてる感じ。
先週は、なんと言ってもカメルーンでゴールを決めた本田くんがメディアを賑わせました。
そろそろ飽きたかな、、、っと思う頃にオランダ戦があり、ファインセーブを見せ付けた川島くんが人気沸騰中。

あたしゃ、ドイツを下したセルビア代表についてのコメントを、我等が妖精監督に求めてくるだろうと思っていたし、面倒だと思いつつもそれを期待していたんだけど、全くありませんでした。
やっぱりスポーツに政治とか、国際問題を持ち込むべきではないと考える向きが強いのかな。。。
それとも、セルビア(旧ユーゴ)紛争なんて、もう若手スポーツ記者には思考の余地さえないのかな。

本田くんも川島くんも、過去鯱チームに所属していた選手だから、この二人に関する取材申請や問い合わせの多さには驚きました。
もう我が社に籍はないけど、有難いと思ったから協力しようと思ったんだけどさ、まったく昨今のTV局の番組製作の薄っぺらさには呆れちゃったよ。

自分で調べようとせず、球団に問い合わせて関係者者の話を集めるだけの安直な構成で、視聴者を感動させるようなプログラムを作っちゃう。
笑っちゃった。

日本代表の新守護神となった川島くんをご存知ですか?
かつて、大宮で正GKとして活躍していたのに、「名古屋の楢崎くんを学びたい」と言って、周囲の反対を押し切って名古屋に移籍してきた選手なんです。
真面目で、ストイック。
楢崎くんがあまりにも凄いから、公式戦に出られたのは、楢崎くんの怪我の療養中のみ、、、そんな感じでした。
正GKとしてコンスタントに出場できる大宮に、そのまま所属していたら、給料は名古屋時代よりももっと良かったと思う。
けれど、彼は自分磨きのため、敢えて大宮を離れました。
美談だよ。。。名古屋に来なければ、楢崎くんを間近で見なければ、今の彼は無いと思うから。

そんな世論が喜びそうな美談を嗅ぎつけて、取材申請があったわけだけど、まったく、最近の記者は事前に何も調べないのかしらん?

「名古屋時代に懇意にしてたスタッフは誰ですか?当時のコーチにお話を伺いたいんですが」

「川島くんが目標にしてた、楢崎くんとの練習風景の写真は無いですか?見つかったら、午前2時までに送付してください。」

「もっとベストな写真、ないですかねぇ、、、」

ふ、ふ、ふざけんな!!
そんな取材の仕方があるか!

先週、大々的に川島くんを取り上げたメディアは、朝のフ○テレビの番組でした。
そう、有名な7時台と8時台の番組ね。
その番組制作における申請が来たのが前日。その日、我が社には5人しか居なかったよ。
暇な時期に暇じゃない者が出てきていたんです。

担当者は、ただでさえ多忙なのに、一日がかりで対応してたんだけどさ、やっと見つけた楢崎くんと川島くんのツーショット写真は、結局使われず終い。
何度も何度も注文つけてきたくせにさ。
要するにテキトーなんだよ。
視聴率を稼ぐことが出来ればいいだけで、そのための小道具は何でも使う。
けど、とりたてて、小道具を提供してくれた者に、敬意も感謝すらもナシ。酷いよね。

そんな内輪の話はどうでもいいや、せっかくW杯の日本の活躍で、少しは活気が出てきたかと思ったんだけど、今日も痛ましい事件がありました。
2年前の秋葉原事件を彷彿とさせるような。
結局、あの事件から何も学んではいないんだ、あの頃と何ら変わっちゃいないし、むしろ酷くなっているんじゃないかな。

世界中が注目している大会で、選手達が発するメッセージは無いのかな?
今回の大会でそのメッセージ性を感じたのは、チリだけでした。

年初に起こった大地震で壊滅的な被害を負ったチリの代表選手は、「俺達はチリのために戦う」とのメッセージをアンダーシャツに書き込みました。
アンダーシャツのメッセージといえば、やはりこの人だよね。



極東の小さな島国に芽生えたプロサッカーリーグ。
大真面目な公式試合なんだけど、ピクシーは遊んでいるようにしか見えないね(笑)。
けれど、心には大きな問題を抱えていました。
この映像で気づきました?

スポーツに政治を持ち込むべきではないとかよく言われるけど、本当にそうかな?本当に?本当に?
だって、政治の方はといえば、逆に何でも利用するじゃないの。。。

ピクシーのようなカリスマが、一度だけアンダーシャツにメッセージを書いて見せただけで、直後に驚くほどの社会活動が始まりました。

こんなことを言うのは不謹慎かもしれないけど、アタシはこのW杯で、選手達に思い思いのメッセージを伝えて欲しいと思ってます。
選手の誰かに言って欲しいのは、「DO NOT KILL!(anybody and yourself)」ってこと。
ま、勝利に勝るメッセージは無いので、デンマーク戦は是非とも勝って欲しいな。。。
 

PR
これも政治
>スポーツに政治を持ち込むべきではないとかよく言われるけど、本当にそうかな?本当に?本当に?


モスクワオリンピクボイコット=政治
オリンピックもW杯誘致も国を挙げてやるわけですから政治です。
スポーツ=政治だと思います。
企業=政治


谷亮子が小沢一郎の説得されて民主党から参院選出馬しますが、
巨人の谷選手がナベツネに呼ばれて、
「お前の嫁は何をしてるんだ(怒)
俺は自民党を支持をしているんだよ、小沢一郎が嫌いなんだよ(怒)
お前は何処にお世話になているんだ!
巨人に「○売」お世話になってるんだろう、
夫婦そろって空気を読め(怒)」と
怒られたそうです。


原監督は報道陣に谷亮子の出馬を聞いた時のコメントが、
「え!自民党からじゃないの?」と発言。


そういうこともあってかは知りませんが、
この頃は谷選手はあまり代打でも出場していないと思いますし、
谷亮子も選挙と政治にたいしてトーンダウンしているそうです。


ナベツネのパワーハラスメント?選挙妨害?
国民! 2010/06/24(Thu)21:28:24 編集
Re:これも政治
>国民!様

コメントありがとうございます。

>スポーツ=政治

うん、そうかもしれない。
けど、私が言いたかったのは、スポーツ選手は政治に使われるばかりで、自分の主張が出来ないんじゃないかってこと。
モスクワオリンピックだって、選手達は出場したかったはず。
そのために練習を重ねてきたのに、政治に翻弄されて、あのボイコットは自分達の意志ではありませんでした。

谷選手の出馬に関して、ナベツネさんが本当にそんなことを言ったのであれ、言論の自由を奪ってますよね。
ってことは、政治=スポーツではなくて、政治>スポーツ。

スポンサーの意向に、どこまで自分の主張を封印しなくちゃいけないんでしょうね。。。
【2010/06/25 21:50】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]