忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本の強みって、なんだかんだと言っても産業技術にあると思ってた。

だけどそれも昔の話になったのかしらん。

なんだかよくわかんない、コンサルティング会社と称する、マッキンゼーとか、リンモチみたいな、ディベートが出来れば生き残れると勘違いしてるつまんないサービス業が、新卒の学生には人気なんだってさ。
マッキンゼーねぇ。。。リンモチ(リンクアンドモチベーション)ねぇ。

人を対象としたサービス業。
事業の効率化と増産のためのコンサル業。

こんな第三産業がもてはやされるようになっちゃってさ、一体どうなってんだ!って叫びたい。

ま、いっか。
今日の話題はこちら。

QUEEN フレディ・マーキュリー追悼企画

久しぶりに聞いたクィーンの音色はとてもいい。
ビートルズの音を賞賛し尽くす人々が居るのはわかってる。
でも、その時代を逸したアタシには、共感し尽くせ無いトコもある。

クィーンもね、兄貴の世代で一世を風靡したグループなんだけど、、、アタシは大好きだった。

フレディの境界無き音域、ブライアンの正確なギターメロディ、繊細で滑らかな音はとてもギターの音色とは思えなかったので、デビューアルバムを聞いた評論家が、「シンセサイザーの使い方がなかなか上手い」なんて言っちゃった(笑)。そしたらブライアンが怒っちゃってね、2枚目のアルバムには「No Synthesizer!」なんてクレジットが入ってた。評論家のテキトーさもどうかと思うけど、ムキになるブライアンの若かりし頃が懐かしい。

そのルックスから、とてもドラマーとは思えなかったロジャー。
break freeのPVでの女装姿は、ほんっとに可愛くて、お人形さんみたいでおったまげちゃった。
今はもう60歳を越えているんだよね。相変わらずカッコイイんだろうなぁ。
ロジャーが刻むビートは見た目を裏切って、男っぽくガンガン響いてた。

そして、いつもひっそりとして、目だつことなく、奏でられる執拗低音。
ジョンのベース。
今日は貴方の音を探しています。

1991年11月24日。
クィーンのボーカリスト、フレディ・マーキュリーが亡くなりました。
自身がHIVに感染していることを告白し、病気と闘いながらも音楽活動を続けていくと宣言した翌日、彼は永眠しました。
ショックだったなぁ。。。

これはビートルズファンが、レノンが銃に倒れたと知ったのと同様だと思う。

ブライアンとロジャーは、多くのアーティストとユニットを組んで、今でもクィーンとして活動を続けていて、
ギターが弾けなくなるまで、ドラムが叩けなくなるまで解散せずに活動しようと頑張ってます。

ジョンは引退宣言をして、クィーンを去りました。
ジョンこそずっとクィーンを支える人物だと思ってたので、本当に驚きました。
いつもソコに居てくれるのが当たり前で、重厚な執拗低音を奏でていたのに。
ジョンだからこそ絶妙なバランスが保たれていたのに。

でも見方を変えると、ジョンは、それほどまでにクィーンというグループを大事にしていたのかもしれない。
フレディーがいるからこそのクィーンだと思っていたのかもしれない。

フレディーを追悼しつつ、今日は妙に貴方の音を探してしまいます。
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]