忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

休みの日だと、なんで目覚ましより早く起きられるんだろ。はてー。

6時半。
どこかに出かけるには、まだ随分早い時間である。
またバルコニーに肘掛け椅子を運び出し、海を見つめる。

047.JPG





絶景かな~絶景かな~っ。

牡蠣の養殖棚がいくつも見える。
あの下にある牡蠣は、人間に食されるためだけに生かされてんだなぁ。。。
牡蠣よ、お前たちはそれで満足かぃ?

なんてことを考えてしまうアタシの頭ん中は、完全に長閑だ、平和だ、、、。
ビバ朝日!ビバ夏の海!

そんなこんなで、たっぷりと1時間。
起き抜けに紫外線をたっぷり浴びちまったぃ。
はっと我に返って、身支度を整えて朝食を済まし、再び部屋に戻って荷造り。
夕べ遅くに洗濯したものは、きっちりカラリと乾いている。
(今日のボトムはデニムだけどね)
ビバ宮島!

カメラを担いでGO!

チェックアウトを済ませ、宿のマイクロバスで宮口駅まで送迎してもらい、厳島神社行きのフェリー乗り場へ。
切符を買うとね、往復の切符が出てきて、びっくり。

およそ50メートル先のフェリー乗り場まで、足取りも軽く歩き始めたけど、な、なんだこの暑さはっ!
ま、まぁいい。
夏らしくって雰囲気があっていい。

いい具合にフェリーが来て、いよいよ厳島神社へ。
所要時間15分。

なんかね、はっきり言って、自分が何処に居るのか忘れちゃいそうだった。
何度も何度も伊勢(三重県)に居るような感覚になった。
なんでだろう???

さてー。
宮島に到着すると、すぐに目に飛び込んできたのが。。。

001.JPG





アントラーズ。

人に慣れてるから、近づいても全然動じませんねん。



003.JPG





また、アントラーズぅ。

はいはい、大事にいたしますよ。勝ち点44を忌々しくも思いつつ。。。ん?


002.JPG





ここにも、アントラーズッ。

最後はカメラを向けたとたんに、セクシーポーズで決めてくれました。
おいっ!!

こいつら、モノを食べてる人ンとこにだけ近寄って行くの。
ナチュラルですこと。。。

宮島も外国人観光客がもの凄く多かった。
鹿を見て異様にテンションが上がってて、鹿より彼らを見てるほうが面白かったな。



狛犬でかーッ!
8ba2b990.jpeg









005.JPG









e8fe778c.jpeg








厳島神社に到着すると、んもーもの凄い人ぢゃないのー。
拝殿は即断念。はっはっは、結構潔いだろー。

干潮希望。
949d5602.jpeg





側まで行きたいよぉ。。。


こっちは満潮でいい。
020.JPG








参拝客のあまりの多さに側まで近づけず、その隣りの千畳閣を詣でることに。
1587年(天正15年)戦没武将を慰霊するために、豊臣秀吉が安国寺恵瓊に費用壱万石を与えて
建立させたとか。。。

あ、あ、安国寺恵瓊だとぅ!!来てよかったっ!お参り、するする!
わーん、エケイ、エケイ。
こんなところに貴方の痕跡があるなんて、ううっ。


あのう、、、お寺の境内なんですけどね。。。

010.JPG






 009.JPG








いくら暑いからといって、皆さん、自由に休み過ぎじゃござんせいかぃ?


奉納(囲碁協会編)
b9853067.jpeg





洒落ですな。


奉納(宮島菓子組合編)
012.JPG





もみじ饅頭礼賛。


奉納(人類皆兄弟編)
011.JPG





またぐっときた。。。


お参りしようとご本尊様ンとこへ行くと、一組のカップルが熱心にお参りしてました。
ええ、とても熱心に。
若い夫婦なのか、恋人同士なのか、友達同士なのか知らないけど。
とても参拝するようなタイプには見えない男女だったので、意外だった。

兄ちゃんの方は腕にタトゥーを入れ、頭は長いレゲエ髪。
いかにもカリブちっくな服装で、ド派手である。

女性はインドのサリーのような服を着ていた。

長いことお参りしてる姿が、なんだか素敵でね、、、思わず見入っちゃった。。。


さよなら恵瓊っとばかりに(なんで?)、千畳閣を後にして表参道へ。
お土産屋さんも観光客でごったがえしてる。
あなごめしーっ、とか、焼き牡蠣ーっの文句に簡単にそそられてる。

今朝見た牡蠣棚の牡蠣を思い、アタシもテキトーなお店に入って、焼き牡蠣を食してみる。
実は生まれて初めてである(笑)。
(牡蠣フライしか食べたことない)

「焼き牡蠣を一皿(2個)とビールを1本(お約束♪)ください。」

待つことしばし、熱々でぷるんぷるんの焼き牡蠣をいただく。

(・・・・・・・・・・・・・・・。)

牡蠣ィ、ごめん、無理して生きることないよ。
アタシは君を求めないよ。。。うん。

108つの灯篭の明かりを何となく思う。

スガ シカオ / 夏陰


 
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]