忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

For to us a Child is born, to us a son is given,
and the government will be on his shoulders.

And he will be called Wonderful Counselor, Mighty God,
Everlasting Father, Prince of Peace.

Of the increase of his government and the peace there will be no end.
He will reign on David's throne and over his kingdam,
establishing and upholding it with justice and righteousness
from that time on and forever.

The zeal of the Lord Almighty will accomplish this.

                                                                   Isa:9.6-7


ひとりのみどりごが、私たちのために生まれる。
ひとりの男の子が、私たちにあたえられる。
主権はその肩にあり、
その名は「不思議な助言者、力ある神、
永遠の父、平和の君」と呼ばれる。
その主権は増し加わり、その平和は限りなく、
ダビデの王座に着いて、その王国を治め、
さばきと正義によってこれを堅く立て、
これをささえる。今よりとこしえまで。
万軍の主の熱心がこれを成し遂げる。

                         イザヤ書:9章6-7節


救世主が降誕したとされる日から2010年。
その間にも、多くの憂いに満ちた祈りがあったのでしょう。
1960年代に生まれた私などが思いを馳せるまでもなく。

しかしながら、これまで生きてきた中で、イエスの教義を知った中で、
今年のクリスマスほど、強く平和を願ったことはありません。

神は応えるものではないと知り得ました。
だから、神が全世界に平和をもたらすなどと、思っちゃいません。
しかし、どうか一つだけ声を聞いてください。
我々が平和を保つために、せねばならないことは何なのかと。
どうすれば良いのかと。

片翼となっても、無翼となっても構わない。
届くかどうかわからない声を上げようと思う。
背後でイエスが見守ってくれていると信じつつ。

PR
無題
最近ケーブルテレビで「ナザレのイエス」という映画を見ました。6時間にも及ぶ大作なのですが、飽きることなく最後まで見ることができました。聖書を読んだときに、いつも思い描くイメージにとても合っていたし、奇蹟の描き方がとても自然に感じられたところも良かったです。お嬢はこの映画見ました? 映像が綺麗なところも一押しですよ。ちなみに一番印象に残ったシーンは、罪深い女を許す場面でした。
たいやきやいた 2010/12/28(Tue)20:14:36 編集
Re:無題
>たいやきやいた様

コメントありがとうございます。

「ナザレのイエス」って、確か随分古い映画ですよね。
布施明さんの嫁の、オリビア・ハッセーさんが出演してたんじゃなかったっけ?

まだ観てないです~っ、わー、絶対観る観る!
くだらないお正月番組を観るくらいなら、絶対こっちがいい!
お話を伺って、慌てて検索したらやっと日本語版DVDも出たみたいですしね。
情報どうもありがとうです!!

わたしゃね、今はもうイエスが神の子かどうかなんてどうでもいいと思っとるじゃんね。
その人間性、言動、行動、ほれを考えると、圧政に苦しんでいた人々にとっては「救世主」そのものだったと思うもんで。
大工の倅だで絶対マッチョだし、「山上の垂訓」なんて優しい言葉を聞かされた日にゃ(あたしゃ、この時、イエスは号泣・絶叫してたと思うんだ)、その時代、人権などなかった女は悶絶もんですぜ、ダンナ!

絶対モテたと思う。モテまくったと思う。
むふふ。
【2010/12/29 14:34】
再放送ありますよ
ぜってゃー見りんね。こうゆー映画っちゅーと、どえらい凝ってしまい、興ざめするような演出とかするもんだけど、ほんな手法は一切ないじゃんね。ドキュメンタリー見てる感じなんだわ。イエスの透き通るような瞳の中にきっと落ちるで。

オリビア・ハッセー、ほりゃめちゃ透明感があって美しい!わたしがマリアです。と言われりゃ、ハイそうですね。という女優さんだわ。ほんでも、演技は大根。にしても、清楚な顔に不釣合いなバストですなぁ。気が逸れていけませんぜ、フセさん!ミスキャストだな、こりゃ(笑)

山上の垂訓のシーンは、おもむろに始まって、おもむろに終わる感じです。派手なアングルも無いですし、少し引いたところから説話を聞いてる感じでしょうか…。その謙虚な写し方が良いんですよ。
たいやきやいた 2010/12/29(Wed)21:28:38 編集
Re:再放送ありますよ
>たいやきやいたさま

コメントありがとうございます。

>イエスの透き通るような瞳の中にきっと落ちるで。

もうとっくに落ちとりますデスくふふふふ~

>オリビア・ハッセー、ほりゃめちゃ透明感があって美しい!わたしがマリアです。と言われりゃ、ハイそうですね。という女優さんだわ。

なんかね、最近男性の気持ちがわかるような気がしてきた。
街行く女性に目がいってしまうのも、別に好きでもないのに口説いてみたくなるのって、男性にとっては神秘なんだろうね。
美しさについては好みがあるだろうけど。
オリビア・ハッセーは私も見とれちゃうなぁ。。。^^
【2010/12/30 23:34】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『聖夜』にあたって、人類と世界への平和を念わずには居られない。
12月24日から、時計が変わる25日にまたがって、世界中の主立ったカトリック教会では、『聖夜のミサ』が行われます。    当...
URL 2010/12/25(Sat)21:40:03
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]