忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドバイ・ショックで円急騰 政府系企業の資金繰り悪化


27日の東京金融市場では、円相場が対ドル、ユーロとも急騰し、それぞれ一時1ドル=84円台、1ユーロ=126円台を付けた。対ドルで95年7月以来となる円高水準が日本経済に及ぼす悪影響を嫌気して、日経平均株価は一時、今年7月以来の9100円台まで下落し、長期金利も急低下した。アラブ首長国連邦(UAE)の政府系企業の資金繰り問題をきっかけに、これまでの円高ドル安基調に加えて、主要通貨に対しても円が買われた。

衝撃的なニュースでした。
昨年秋の、リーマンショック以上に驚きました。

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国、ここには石油のような天然資源は無いのだけれど、
ここ数年、原油価格高騰で潤っていた中東諸国による投資を受けて、とんでもないリゾート地を造っちゃいました。
でも原油価格は昨年暴落(これ、アメリカのせい)、アメリカの金融バブル・住宅バブル崩壊で、徐々に資金繰りに陰りをみせておりました。

今年の12月が返済期日である債務について、債権者に「ちょっと待って」と言ったことから、信用ガタ落ちになってしまいまいました。

「苦しいんだから、待ってあげればいいじゃん」

っと、お金に縁のない一般ピープルは思うけど、莫大な資産家が投資する額はとんでもない額で、期日返済があると信用してまた別の投資をしてるもんだから待っちゃくれない。

それに、これは偏見かもしれないけど、なんとなーく(※)ルーズそうなアラブ系の人々に「待って」と言われたら、返してくれないんじゃないかという、大いなる疑惑が湧いちゃう。

※ルーズそうなアラブ人・・・神の教えを自分の命より大切にしているため、ビジネスの約束より、自分の都合を優先するから他民族には「自分勝手」「いい加減」と思われてしまうんだろうね。

少し話しが逸れますが、今年の夏、鯱チームから中東のカタールへ移籍した選手がおりました。
移籍金(正確には違約金)は日本円で7億。

先方の強い要請で、2分割での支払いとなりました。(一括払いならまけてやるとまで言ったのに・笑)
支払方法も、期日も先方の意向の通りにしたのにさ。

一回目の期日、、、入金なし。

時差の関係かと思って1日待ったけど、やっぱり入金なし。
そんなこんなで日本はお盆休みとなってしまい、連休明けに確認したら、入金なし。
分割といっても2回。
その金額は4億と3億。
そのお金を当てにして、こっちも移籍選手の穴を埋めるべく補強し、こっちの支払い期日も迫っているもんだから、本当にヒヤヒヤもんである。

堪らずカタールのクラブに連絡したところ、こんな返答。

「担当者は、バカンス中。帰って来るまで待て。」

「んじゃ、何時帰るんだ?」 
と聞けば

「神のみぞ知る」 
だってさ。

まったく話にならなかったwww。

埒があかないので、GMが契約担当者に「カタールまで行って、入金があるまで帰ってくるな!」
と命じました。

2日ほど後、彼からのメールに添付されていたものは、あちらの民族衣装に身を固め、むっつりした表情の彼の写真!!

もう大爆笑だった。

話を元に戻して、、、。

このドバイショックによって中東諸国への不信感が高まっており、資金繰りについては石油産油国でさえ安心できない状態にも成り得るわけで、、、。

カタールさん大丈夫かな?
2回目の支払い期日は来月なんだけど。
あと3億、きっちり払ってくださいね。。。(懇願!)

それにしても、、、ここから少し真面目な話。

アメリカは、東欧MDなんてものを配備していました。これ、核ミサイル迎撃マシーンである。
表面上は、イランを牽制するものと取り繕っていたけど、もちろんこれはロシア向け。
オバマ米大統領が、プラハ(だっけ?もうとんと記憶に無いや)で核廃絶を表明するスピーチをして、核保有国は賛同し、まずは大幅に減らすと約束しました。
けど、ロシアは「まずは東欧MDを撤去せよ」と主張。そりゃそうだ!

そしてオバマ(ペテン)大統領は訪ロし、あっさり条件を飲みました。
ロシアとしてみれば、こんなにあっさり条件を飲んでもらえるなら、これ以上条件を突き付ければ、また去年のように原油価格を暴落させられちゃう。
そんな懸念もあってアメリカ寄りになったのですけども。。。

これに対してイランが怒ったわけだ。
アメリカがロシアを取り込んだってことに。

アメリカがイランをはじめとする石油産出国に、一番願っているのは、取引通貨を「ユーロからドル決済」に戻すこと。
もっとも原油価格をアメリカに操作されたくないロシアを、人質にとったようなもの。

強行にドル決済を阻止しようとしていた中東諸国は、本気で湾岸共通通貨なんて構想を練っていました。
イランを守りたいサウジアラビア、バーレーン、クウェート、カタールがその中心的国でして。

その矢先の今回のドバイショックは、決して偶然ではないと思いますねぇ。
「ほらほら~、いい加減にドル決済にしてよ。」

オバマ恐るべし、アメリカ恐るべし。

次期世界大戦は中東から勃発するなんてよく言われているけど、今回のショックが引き金にならなきゃいいけど。。。
世界と平和をかき回すのは、いつもアメリカである。
かろうじて未だ覇権国家の様相を保ってはいるけど、この国は世界平和など願ってはいない。
オバマの演説を信じるなど、ちゃんちゃらおかしい。
自国だけの利益が、世界平和だと本気で信じ込むことが出来るオメデタイ国だ。

GOD BLESS THE USA!

こんな言葉を臆面も無く叫び、それに呼応して大騒ぎする国民に、この国の品質がうかがわれる。
神はアメリカだけを祝福してるわけではない!
この言葉を聞くたび、目にするたび、虫酸が走る。




でも、カタールさん、お金ください。。。(小さな声で)
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]