忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

沖縄における、米軍の普天間基地移設問題解決のための交渉材料として、米国債の売却ってのが一番効果的だと思ったんだけど。

どうも一筋縄ではいかないみたい。
うん、簡単には売れないってこと。

国際緊急事態経済権限法(IEEPA)

ったく、よくわからない法律なんだけど、世界中の国を食い物にしてるアメリカって国は抜け目が無い。

「米国の安全保障、外交政策、経済に異常で重大な脅威が発生した場合」「外国とその国民が有する資産に関して」それを所有したり、取引したり、権利を行使することなどを「調査、規制あるいは禁止」したり「破棄、無効あるいは予防する」とうたっている。
この法律が成立したのは'77年、ドル切り下げというニクソン・ショックから6年後である。

つまり、中国に次いで保有米国債額第二位の日本は、例えば保有額の100分の1でも売ろうとした場合、米国側から「異常だ、脅威だ!」と言われたら「債務放棄・無効にするぞ」って言われてることだよね?

アメリカは軍事的な核ばかりではなく、経済における核も保有してる。
改めて、むちゃくちゃな国だと思う。

国際緊急事態経済権限法(IEEPA)

wikiにも無いのだけど、この法律について、誰か無知な私めに詳しく教えてください。
お願いしますっ!




 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]