忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ACL水原三星戦。

厳しい試合になると思っていたので心配しましたが、小川君と玉田君(やっとかめ~)の2発が決まり、
アジア代表への道を一つ開くことが出来ました。
ほっとしたら、どっと疲れが。。。
正直、勝利の喜びよりも、疲れてグダグダです(笑)。
やっぱり平日ナイターは疲れます。。。
でも、一日の終りに何だか嬉しいことがあったので(もちろん、もの凄く個人的なことですけど)、PCに向かってます。

今日の試合は、いつものように全部観れたわけではないので、地方局の深夜録画放送を楽しみにするとして
Jの試合とは違うACL試合の、私の裏方作業を少し紹介します。

Jリーグやナビスコ杯の場合セレモニーの子供達が着るウェアは、業務委託してる運営会社さんが
シャツ、パンツ、ソックス(鯱さんのスポンサーさんの製品)を、セットしておいてくれるので、
私はソレを着替えの場所に運ぶだけでいいのですが、ACLの場合は、ACLのスポンサーさんから
「このウェアを使いなさい」ってことで、毎回新品のTシャツ、パンツ、ソックスが、試合前日に会場に送られて
くるんです。

新品なので全てビニール包装してあり、全部タグがついてます。
ACLのセレモニーは、ホーム&アウェーの選手をエスコートするので22人分のウェアが必要です。

それが無造作に「どーん」っと送りつけられるので、すぐに着替えられるようにするためには、
この22人分のTシャツ、パンツ、ソックスの包装とタグを外し、それぞれをセットして1セット毎に
ビニールバッグに詰め替え、着替えの場所に運びます。22セットともなると、結構重いんだな、これが。
この作業だけで1時間。

この日の名古屋の日中の気温は30度。
冷房の無い場所での作業だったので、この時点で汗だく。

そして今日のセレモニーキッズの受け入れ。
小学校1年~5年の子供達が22人。
その内の半数は、地元の有名なサッカーチームのメンバーで、何度も見た顔ぶれ。
セレモニーの要領は知っているから、あまり細かく言わなくても済むのは助かるけど、
とにかくやんちゃでうるさい。

元々同じサッカーチームの友達同士だし、もちろんサッカー好き。
ピッチと、ゴール裏の応援を見たとたんにテンションが上がって、こちらの言うことなんか聞いちゃくれない。

はぁ。

「あのね、ここは大勢の人が働いてる場所で、遊び場じゃないからね。あんまり騒いじゃダメだよ。」

何度も何度も言うのだけど。

はぁ(笑)。

そんなやんちゃな子供達との時間が1時間。
大声を張り上げ、たしなめ、宥めすかし、終わった後は、大袈裟な表現ではなく呆けてしまう。

ぽっけ~。

時に、不貞腐れちゃう子もいたりして、ちょっと厳しく言い過ぎちゃったかな。。。なんて反省してしまう
こともあり、子供達の時間と言えども、こちらも学ぶことが多いです。
実は今日もちょとそんなことがあって、

・子供達に夢を提供すること
・子供達にルールを守ってもらうこと

どちらも必要なことだけど、その狭間で時折迷ってしまいます。

今日は何度も参加してくれる子が、機嫌を損ねたのか「ぷぃ」っと、こちらを見てくれなくなり
やたらと反抗してきたのが気になりました。
ま、セレモニーが終わった後はゴキゲンになったけど。

『夢を提供する』かぁ、、、あの子はまた、参加してくれるかな?
今度私を見た時、笑って近づいてくれるかな?

少しばかり気がかりな想いをかかえての帰り道。
地下鉄のホームで、鯱のレプリカを着たある男の子が、私を指さして

「あ~っ!」

っと言ってニッコリ笑いました。

男の子に見覚えはあるけど、正直、何時会ったのか覚えてはいません。^^;

「いつかセレモニーに参加してくれた子なんだなぁ」とピンときて、こちらも笑って手を振ると
またまたニッコリ笑って手を振ってくれました。

お父さんとお母さんの陰に隠れながら、何度も何度もこちらを振り返り、笑顔を返してくれました。

「ゴメン、何時の事だったかは忘れちゃったけど、君は楽しい思い出だけを持ち帰ってくれたのかな?」

言葉を交わすこともなく、何度も目が合うたびに笑って手を振りながら、

「これが『フェア・トレード』ならいいな。。。」

あの子とお話ししたかったけど、ま、いいや。
笑顔が最高に可愛かったから。

降車駅で降りる時、同じ車両に乗ったあの子を振り返ったら、疲れて眠っていました。


おやすみ!またね!


PR
祝!アジア8強
奥手な玉ちゃんがやっと決めてくれましたね!
難しいこと考えず、
前向いたらシュート!
己の足を信じてシュートなのだ。
はずれてもわたしは文句言いません!
たいやきやいた 2009/06/25(Thu)22:02:12 編集
Re:祝!アジア8強
>たいやき、、、いや、ぽち様(笑)
あ、私はどっちでも構いませんからねぇ。

コメントありがとうございます。

あのゴールは凄かったよぉ。
よく観たら、相手DFにフェイントかけて、すぐさまシュート。
これが左側に突き刺さっちゃった!

股抜きしてたようにも見えたけど、違う角度からもっかい観てみたいよぉ。

これを機に自信を持って、がむしゃらにシュートをして欲しいもんです!

>はずれてもわたしは文句言いません!

いえいえ、相手はプロなので遠慮なく(笑)。
【2009/06/26 00:57】
おーまいがっ!
>あ、私はどっちでも構いませんからねぇ。

ついうっかり気が緩んでしまいました。
若葉マークの事故は、
半年くらい経ってからが、
一番危険なのだそうです…。
そこまでも経っていない…。
なんとも凹みました…。
ぽちぽちぽち 2009/06/26(Fri)20:43:22 編集
Re:おーまいがっ!
>ぽちぽちぽち様

コメントありがとねぇ~。

ホントに気にせんでええでね。
ほんなことより、明後日からまた過酷な試合スケジュールなのだ。
新潟、鹿島、G大阪の三連戦。

どのチームも鯱さんには分が悪くて、、、凹んどる場合じゃないでね!!
ガツンと応援しりんね!!(笑)

いつもどうもありがとうね^^。
【2009/06/26 21:01】
ほだほだ
まず新潟は「長く寝とった玉ちゃん」に任せて…と、
鹿島は…。ま、負けにゃええだらぁ(笑)。
G大阪は旅゛玉小トリオで乗り切るんじゃ!

ここをうまく乗り切れば、
宿命?の8位を上回ること間違いにゃあで。
でも、一番大事なんは、
失点を出来るだけしないことだと思うじゃんね。

ACLがフロックじゃないってところ、
世間様に見せつけたりん。…ねぇ。
ぽち 2009/06/26(Fri)23:07:43 編集
Re:ほだほだ
>ぽち様

コメントありがとうねぇ~。

またまた週末の悲惨な結果に、衝撃で倒れておりました(涙)。
久々の先発だったってゆーのに、開始早々の前半27分でマギの退場ってどうよっ?!

くそぅ、おみゃーさんも不良債権かねっ?
しかも明日の鹿島戦は出場停止。えーん。

鹿島スタでの不勝神話は破ったけど、今度はビッグスワン不勝神話が出来そうでこわいがねーっ。

ACLの次回対戦相手は「川崎」と決まりましたよ。
日本人チームとの対戦は、もうちょっと後にしたかったんだけども。。。
抽選に行った広報と運営の小僧どもに、どんなおしおきをしてやろうかしらん。。。
しかも(小さな声で)川崎苦手なんだもん。。。

【2009/06/30 21:16】
おめでとう!
前後半終了間際の得点!強い名古屋の再来か???
でもね、ファンはそのうちにマゾヒズムに狂うのではないか??まぁ、そこからの勝利は力の証明。蹴散らした相手が「難波大阪」というのはうれしいねぇ!いやめでたいめでたい!たいやきさんにも祝電あげたよ!
砂糖 2009/07/05(Sun)20:31:05 編集
Re:おめでとう!
>砂糖様

コメントありがとうございます~。

祝辞もありがとうございます~。
ホントね、観ていて胃がきゅーっと痛くなるような試合でね。。。^^;

なんてったって大阪は強豪で崩れないし、うちは主力を欠いているし、色々雑音などもあって微妙な布陣。
このままドローで終わるかと思った時の巻・弟弾は、涙が出てきちゃったね。

マゾになったつもりはないのだけども、快感でしタ(笑)。
【2009/07/07 14:42】
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]