忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

○ 名古屋 3 - 1 浦和 ●

気温 26.9度 湿度 88%

0前半0
3後半1

54分 田中マルクス闘莉王(名古屋)
65分 宇賀神 友弥(浦和)
79分 玉田 圭司(名古屋)
83分 玉田 圭司(名古屋)

この日、全国的に気温は低かったのだけど、湿度88%ってなによ、もう。
ほぼぬるま湯のミストが、常時、まんべんなく注がれているような、愛知県特有のstickyな重量感たっぷりの暑気。
まったく、こんな時にサッカーをするヤツもそうだけど、観に来るヤツも相当な酔狂モンだ!
主催側(グランパス)の関係者は、皆走り回って誰もが汗だくで、ヘバりながらも、この狂気な暑気を楽しんでいました(笑)。
まっとうな思考が失われそうな暑さで、みんなおかしくなったのかと思うほどのテンションの高さ。

何故かっ!!

そう、対戦相手が「浦和レッズ」だから。

浦和レッズにホームで負けるほどの屈辱は無い。
力でねじ伏せられて、我がホームタウンで、何時までも凱歌たるアンセムを聞かされるなんて、真っ平ゴメンである。
このビッグチームの強さに負けてしまうのは、ある意味仕方ないかもしれないけれど、このチームのサポーターに負けるのが嫌なのだ。

昨年は、「We are REDS!」の凱歌をしつこく聞かされて、ビジター席からはるか遠く離れた来賓エリアで、「おまいら、早よ帰りやがれっ!!」っと歯噛みし、地団駄をふみ、悪態をついておりました。
たかがスポーツ、、、なのかもしれないけどさ、ホームゲームを取られるってことは、自陣を失う感が生々しくってさ。

けれど、ふっふっふー。
昨日は、あのじゃかーしい浦和サポを、きっちり黙らせることが出来ました!!
嬉しいよっ!!鯱さんっ!やれば出来るぢゃないかっ!!

昨年の夏に、浦和さんから三都主・アレサンドロくんが名古屋に移籍してきました。
今シーズン開幕時には、同じく浦和さんから、田中マルクス闘莉王くんが名古屋に移籍してきました。
二人の移籍に関しては、選手達が涙を飲むような形だったので、余計に勝ちたいと思ってました。

田中マルクス闘莉王くんは、とにかく取材嫌いで、チーム関係者にも馴染もうとしない人なんです。
浦和を去る時も、物議を醸しそうな発言を残したのですけど、、、。

その彼が、昨日、試合直前に浦和サポさんの前で深々とお辞儀をしたんですよ。
この姿に、流石の浦和ッズサポも、ブーイングは出せなかったみたい。

やってくれるね。

そして試合では、後半で1ゴールゲット!
浦和さんにしてみれば、闘莉王による1得点は、他選手による3得点と同等くらいの意味ある一点。
もう、この時点で涙腺がユルんじゃいました。

冷や冷やする場面も多々ありましたが、その後は久しぶりに玉田くんが2発決めてくれました。
毎度毎度思うんですが、何故この人はシンプルなゴールではなく、難しいミラクルショットばかりなんでしょうね。。。

00065131-M.jpg妖精監督のこんな柔和な表情は久しぶりです。
会見はクールに決めたようですが、内心は本当に嬉しかったのでしょうね。
ちょっといい写真デス。


試合後、名古屋のゴール裏は、当然お祭り騒ぎ。浦和サポさんは、選手達に厳しいブーイングの嵐を浴びせるのかと思いきや、名古屋のアンセムに負けないほどのコールを送っていました。
こういうの、堪らないね。

こちらは粛々と担当業務の片付けをしていたんだけど、急に、浦和サポさんのボルテージが再燃焼。
「浦和レッズ!!浦和レッズ!!」の大コールに、何事かと思ってみると、、、浦和サポさんの前には、闘莉王くんと三都主くんの二人が、揃って挨拶してました。

実は、86分に金崎くんに変わって三都主くんがピッチに立った時、彼に浦和ゴールネットを揺らす、止めの一弾を放って欲しいと思ってたのですが、二人の浦和サポさんに対する挨拶を見て、浦和サポさんの二人に対する変わらぬ熱いコールを聞いて、恥ずかしくなりました。

まったく、闘莉王くんのツンデレぶり圧倒されちゃうよ。
これは卑怯だな!(笑)

game_top_100814.jpg





そうだ、最後に小さな小さな声で。。。


首位になっちゃいました。。。


くふふふふふ。

PR
喪が明けたので・・・
喪中につき、大好きな蹴球ネタもとい、フットボールは出来る限り見ない様にした。それは心構えであり実は・・(見た見た見た。飽きるほど見た)

後半戦、仕切りなおしの神戸戦で中村がPKはずして引き分け。アゥエーでの勝ち点1だが、ダントツの降格組としては悔しい結果。

横浜、俊輔のフリーキック素晴らしかったねぇ。岡崎の一発だけに抑えたマリノスのディフェンス素晴らしい!

今野、よく決めてくれた!鹿島に引き分け弾!!

川崎、不貞腐れて出場停止中のレナチーニョをサポーターが応援していた(お前が必要だ!)・・う~んサポーターの鏡。川崎はファミリーだねぇ・・。

香川がいなくなったのに、セレッソは素晴らしいゲームをしている。今一番魅力あるチームじゃない?
家長・・ガンバ出て良かったねぇ。大分で苦労したから今がある。乾もいいなぁ。去年J2だったよなぁ?確か・・・。今5位だって!

ガンバ嫌いなくせに強い??まぁ、平井の得点王は可能性大きいなぁ。あ~嫌い嫌い。

山形しぶとく勝ちました。日本海ダービー?どちらも熱狂的なファンがいるだべさ。

大宮、何で磐田ごときに引き分ける?ボコボコニやっつけると思っていたのに~。

というわけで
15位ジュビロ磐田の勝ち点は18
16位仙台が14.
17位カエルが13.
18位京都が10.
う~ん、今期末の降格チームが固まってきた感があるねぇ。

ますます盛り上がるJリーグだべさ。

ん?首位???優勝争い??
関係ないから見ないことにしてるんだ。残念残念・・・。
kappa 2010/08/16(Mon)07:12:12 編集
Re:喪が明けたので・・・
>kappa様

コメントありがとうございます。

って、何で喪中なの??? ま、いっか。

なんだかんだ言っても、Jネタは面白いですよね。
(こっちはめっちゃ忙しいけどねっ!)

蹴球界で末席を汚してるくせに、まったく蹴球のことはわからないので、いつも違う視点で見ちゃうのですが、J1もJ2も、そこで働く人は優秀な人々ばかりですよ。田舎者同士、新参者同士のような謙虚さがあって、ほぼみんな大好きです。すぐに打ち解けられちゃうんですが、東京はいけませんねぇ。。。付き合いも悪いし。

よくわからないけど、喪が明けたそうで、、、またお手柔らかにお願いしますネ。
【2010/08/18 22:22】
記入漏れ
順位 チーム名 勝ち点
1 柏レイソル 48
2 ヴァンフォーレ甲府 44
3 ジェフユナイテッド千葉 39
4 アビスパ福岡 34
5 東京ヴェルディ 33
6 栃木SC 32
7 サガン鳥栖 31
8 徳島ヴォルティス 31
9 ロアッソ熊本 31
10 横浜FC 29
11 コンサドーレ札幌 26
12 FC岐阜 26
13 ザスパ草津 23
14 愛媛FC 22
15 大分トリニータ 22
16 水戸ホーリーホック 21
17 ファジアーノ岡山 19
18 カターレ富山 19
19 ギラヴァンツ北九州 12

・・・・J2の上位争いはなぜか気になるのだ・・・。
kappa 2010/08/16(Mon)07:59:51 編集
ふん・・んん。

鯱という動物は、わずかに水面に体を浮かした途端、しばらく深い海を潜航するものさ。

 十一月のころは、ちょうど八位・・・・。

 慣れない場所はストレスがたまる。
 最近の名古屋は暑さのあまり、少しおかしい。
 鯱は八位の深海にいるもの。陸上(上位)にいることが異常。

 病気にならないうちに、帰るべき場所に戻るのがよろしい。
 カエルは海から沼に帰るがよろし。
donjara 2010/08/16(Mon)23:59:51 編集
Re:ふん・・んん。
>donjara様

コメントありがとうございます。

まったく、相変わらず嫌味なオヤジだなぁ!(笑)
フロンタ色の下着を着けてアウェー試合を見守っていましたが、やられちゃいました。
どうも川崎には苦手意識が先にたっちゃうみたいデス。

けど、清水の敗北と鹿島の分けのお陰で、まだ首位デス。(小さな小さな声で)


くふふふふふ。
【2010/08/18 22:26】
今度は中村祐也にお願いしたいですね
>・・・急に、浦和サポさんのボルテージが再燃焼。
「浦和レッズ!!浦和レッズ!!」の大コールに、何事かと思ってみると、、、浦和サポさんの前には、闘莉王くんと三都主くんの二人が、揃って挨拶してました。

カエルの中村祐也は少年時代、埼玉で有名なサッカー小僧だった。時が流れ東大合格よりも遥かに難しいプロになれたのは、その地元の愛するレッズ。ただしプロは厳しくて天才たちの集まりだから試合に出られない。自身の可能性を求めて・・・或いはレッズを首になって・・・このあたりはトゥーリオと大して変わらないと思うが、カエルに入った。彼の活躍なくしてカエルは昇格できなかった。

そんな祐也を埼玉スタジアムのレッズファンは酷いブーイング。
「おまえら、裕也がどれほどレッズに憧れて、そして死ぬ気で努力して入団したのか!プロの壁でレッズで試合に出られなかった祐也の気持ちがわかっているサポが何人いるんだ!!
スター選手だけで成り立っていると思い上がっているのは球団幹部だけじゃなくってオマエラサポーターたちも一緒だぞ!!と・・・・私は悲しい思いをしたわけさ。少年の夢を打ち砕いたのは・・・プロの壁だけではなかったんだよね。

一昨年は昇格争いで最終戦までもつれ、自棄酒を飲んだ。
去年はやっぱり最終戦までもつれ、歓喜の酒を浴びた。
今年の暮れは、・・・自棄酒にはしたくないが、どうやらまたそんなドラマの主人公の一人にカエルがいる。

♪や~さしさと、甲斐性の無さが、裏と表についてくる~・・・・・そ~んなぁ男(カエル)に・・惚れ~たのだから・・・

ええ、ええ、ええ、私は女々しいカエルファンですよ。デモね、レッズというような大旦那の妾よりは
幸せだと自負しておりますですよ。



いい忘れてました・・・


首位おめでとう!
kappa 2010/08/17(Tue)17:41:45 編集
Re:今度は中村祐也にお願いしたいですね
>kappa様

コメントありがとうございます。

14日はね、戦力外をいい渡されたに等しい、闘莉王くんと三都主くんが浦和サポさんの前で深々と挨拶をしてました。

私には聞こえなかったのですが、実際には、コールするサポさんの陰で、大きなブーイングが上がったそうです。
退団の時は球団の決定に物議を醸したし、サポさんからの留意の声もあったのに、なんでこうなっちゃうんですかね?
諸事情を知ってるサポさんなのに。これも愛情の裏返しなのかなぁ。。。
けど、そんな声援、選手はどうすりゃいいんでしょう。

こういうの、ちょっと受け付けないんです。
超党派、、、もとい、超チームで応援してあげて欲しいものですね。

中村裕也くん、鶏口となればいいんです。
生き生きとプレーに集中できる環境で、頑張って欲しいですね。
チームのバリューなんてものに、拘って欲しくないからさ。うん。
【2010/08/18 22:42】
妾は訂正します
酷い言葉を使いました。すみません。
このふたつを消してください。
お願いします。
kappa 2010/08/17(Tue)17:49:52 編集
Re:妾は訂正します
>kappa様

この場合はいいんじゃないの?

アタシは極端なフェミニストではありませんから、お気になさらず。^^
【2010/08/18 22:45】
ふん!覚えておきな!!
>まったく、相変わらず嫌味なオヤジだなぁ!(笑)

 私をオヤジ扱いするな(オヤジだが)!!今度「首位」とか「優勝」なんて言葉を使ったら、例の呪文を使ってやる!!

donjara 2010/08/18(Wed)22:45:55 編集
Re:ふん!覚えておきな!!
>donjara様

>例の呪文を使ってやる!!

そんな時は、呪い返ししちゃうよーだ。
あ、いえいえ、そんなことはいたしません。

少しばかり、「暑い夏」を感じていただきたく、名古屋の暑気が北海道民に届きますよう、謹んでお祈りします。


うひひ。
【2010/08/20 00:54】
レッヅサポの名誉のために少し訂正
これはナビスコで平塚で戦った後、祐也が挨拶に行ったときの映像です。

http://www.youtube.com/watch?v=_0DDyEpfpK8

全部の浦和サポが悪いというのではないのですよ。

埼玉スタジアムのときはね・・・酷かったですね。

そうそう、昨夜1-4で敗れましたが、都築君はベンチ外。裕也もベンチ外。都築の場合は浦和戦には出場しない契約なのかなぁ???

まぁ、また浦和に負けたけれども少しはいい戦いをやったようです。京都戦の終了後、平塚競技場はお通夜のようでした。誰一人声を出さない。旗も振らない。拍手もしない。月の無い夜の海原・・・という感じ。
一番悔しいはずの選手たちに、声をかけられないんですよ。
でね、昨夜はどれほど客が入るのかとみていたら14000人を僅かに超した。超満員の平塚競技場。営業はうれしかったでしょうねぇ。

ただし・・反町君のコメントにもありましたが(各チーム監督も同様だと思いますがね)
8月の暑い中、中一日、二日での過酷な日程。
これじゃ選手はみんな壊れちゃいます。

Jは猛省すべきですね。


まぁ、中10日空いても・・・カエルは勝てませんですよ。ええ、ええ・・・。
kappa 2010/08/22(Sun)10:39:29 編集
赤菱はレッズ、赤鯱はグランパス
>kappa様

コメントありがとうございます。

先ほど帰宅しました。
強豪ガンバに勝って首位キープ、今日は本当に嬉しかったなぁ!
とは言っても、動きはガンバの方が良かったし、1失点に抑えられたのは、いつもの様に、守護神楢崎くんのファインセーブ連発のお陰なんだけども。--;

>誰一人声を出さない。旗も振らない。拍手もしない。月の無い夜の海原・・・という感じ。

今年のナビスコ杯、予選リーグの最後の2試合は、鯱さんでも同じでした。
これまでも、何度も何度も見てきました。
そうやってチームも成長させられるのかもしれません。

あ、決して首位の余裕の発言だなんて思わないでね。
時勢があっても必ず失速します。鹿島も清水もそう。
今シーズンも、名古屋にだってそういう時が来るでしょう。

今年こそサポさんや選手のために優勝したいと思ってるけどさ、アタシは初めて試合を観に来てくれた人や、子供達に、喜んでもらえることが一番嬉しい。
毎試合、セレモニーの子供達が笑顔になるのを見るのが一番嬉しい。
サッカーが根付いてくれるなら、それでいいな。
観客が見ているのは、何も選手プレーだけじゃないからさ。

ま、今年はW杯もあったし、去年から天皇杯がJ1チームも2回戦から参加となりましたから、過密日程は必須となりましたね。
Jというより、JFAの責任が大きいような気もするけど、それもこれも、社会人チームや大学生チームに上位進出の可能性を与えたかったんじゃないかな、、、と思うことにします。

>中10日空いても・・・カエルは勝てませんですよ。ええ、ええ・・・。

現実を憂いてばかりじゃダメダメ。
私は湘南さん、どの試合も善戦してると思いますよ。

千葉サポのマルコスさんは、ネガティブなことはは絶対に言わない。
私はそれを、とても尊敬しています。
彼の態度を見習いたいと思うのですが、私もなかなか出来ません(笑)。
【2010/08/23 00:28】
そのうち、二部の怖さが解るんだなぁ・・・
暇なときにね、去年と今年の観客数、書き出して比較してみたんだ。アウェーは2000人台の数字が結構あってね、ホームの平塚でも5000人を切る試合があった。というかほとんど5000人台。
今年は勝てないけれどもね、倍の入場客。これは相手チームが素晴らしいからか???

J1の魅力というか実力とJ2の悲惨さは経験したものだけがわかる。ましてやそこに長く沈んでいたものにとっては、二度と戻りたくないというのが本音だろう。

J2は今でも2000人台の入場客数がある。そんな沼に11年もいてみい?蜘蛛の糸を昇った奴は、二度と地獄に落ちたくないと、思考がネガティブになるのは当たり前。
くそう~、もう一度昇ってやるというときはポジティブになるのも当たり前だが、それも結構厳しいもんでさ。

私は純粋にフットボールを楽しみたいときにはカエルの試合は見ない。

カエルの試合を見るときは、帰りの電車に飛び込まないように・・・帰るときまで平静でいるようにと・・・覚悟を決めて見に行く。

高校生の練習試合も、JFLも近くで暇があれば見に行くが、余程楽しいし、問題点を見つけ出したり、作戦面での空想が出来るし、だいいち、フットボールが楽しそうに見える。現実的に往復4時間かかる平塚に行くよりは2時間内でいけるJチームが3つあるのだよね。仕事の都合を考えれば、川崎や、東京応援するほうが楽だし・・・。

浦和レッズとやるときに、初めて自分たちのスタジアムが満杯になるということを経験する。このあいだは14000人でいっぱいいっぱいだったなぁ・・。

これがねぇ・・・実に大きいのだよ。

身の程を知っているというのはなかなかいいモンでね、カエルが自力で集められるファンは目いっぱい頑張って1万人。J2では年に50試合もやってホンノ数試合。そんなカエルが今年は毎試合・・平均1万人を超す。
この素晴らしさ。感動ものですよ。
選手たちも頑張っている。感動ものですよ。
おそらく今年だけに限れば経営も楽になるだろう。感動モンですよ。

大きなチームが落ちても、すぐに這い上がる基盤がある。
小さなチームが落ちると・・・・また長いあいだ苦しい戦いになるのだよねぇ・・・。

恐怖とは弱気からくるもので、弱気とは貧乏人が急に金持ちになりそれを手放したくないというような、卑屈な思考から発生するものです。


私の個人的な意見だけれども、横浜とかガンバは一度J2経験したほうがいいなぁと思いますね。
反対に、まったくJ1経験の無い熊本や、徳島には経験して欲しいと思う。


う~んと・・・ネガティブな話で悪かったねぇ~。

そうそう、名古屋には一度優勝して欲しいなぁとの思いは昔からあったので、素直に喜んでいます。

札幌、仙台、新潟、福岡にも優勝争いして欲しいとの思いも、同じ理由であります。


かわいくないねぇ・・・すまねぇすまねぇ・・・。
kappa 2010/08/24(Tue)20:28:37 編集
Re:そのうち、二部の怖さが解るんだなぁ・・・
>kappa様

憎たらしいアワビに、コメントありがとうございます。

盛者必衰。

名古屋だって、いつかJ2に降格することがあるかもしれません。
そんなん誰だって「無い」とは言えないもんね。
でもさ、J2に居ることだって凄いことだと思うよ。

潤沢な資金がある会社だと思われているけどさ、しっかり管理・監視の目が光ってるのだ。
それはそれで不自由なんだよね、、、ま、贅沢な悩みかもしれないけど。
【2010/08/26 00:03】
鰻もいずれ沼に帰ってくる
>カエルの試合を見るときは、帰りの電車に飛び込まないように・・・帰るときまで平静でいるようにと・・・覚悟を決めて見に行く。

本当なら、今生きているのが不思議だが・・。
 
 私は、サッカーを観に来たのか、ビールを飲みに来たのか解らない状態になっているが・・。
 当然なのかもしれないが、札幌のホームではサッポロビールしか売ってないのだ。
 これで、キリンやらアサヒやらを売るようになったら、次の年にはクラブは消えているだろうなぁ・・なんてヘンな事を考えてみたりもする。

>名古屋には一度優勝して欲しいなぁとの思いは昔からあったので、素直に喜んでいます。

 本当かなぁ??
 
 名古屋の補強や編成をまねようとしても、どだい無理な話だし、現代表と元代表、おまけに神様や大統領までいるクラブが優勝しても当たり前な気もする。今年優勝したら、十連覇しそうで怖いし・・・。(ひがみです。すみませんね。)

 今年は新潟に優勝して欲しい。
 二部が長かった新潟が優勝なんて事になれば、未来が明るくなる。
 なんてのは、万年二部田舎者の錯覚か??!!
donjara 2010/08/24(Tue)22:51:21 編集
厭味であっても心地よい
>本当かなぁ??
ここの部分は二回ほど書き直したのですよ。実はね。
一回位は勝たないと、あんなに金使って、尚且つ、日本を代表する都市のブッククラブが勝てないと・・・中日人気に負けちゃうんじゃないかと、フットボールファンがいなくなっちゃうんじゃないかと・・・書いたのを消して控えめに書いたわけさ・・・しまった・・・ジャガイモに誘導されてついつい書いてしまった・・・・。

>本当なら、今生きているのが不思議だが・・。

ええ、私もう少し生きたいので、なるべく見に行かないようにしています。今年は入場客の心配も無いですし・・・。

ったくさ、札幌と、仙台と福岡!!ガンバンねぇとな!!新潟は頑張っているけれども・・・。

フン!!
kappa 2010/08/25(Wed)16:26:53 編集
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]