忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

青柳ういろうCM


 ♪白、黒、抹茶、、あがり、珈琲、柚子、桜

  七つの味を残らずポイ。

  ポポポのポイポイポイ

  あ~お~や~ぎ~ う~い~ろ~

  食べちゃった~ぁ、AH! ♪


三河には名産「ういろう」の有名なCMがあります。
この話はひとまずおいといて、、、。


勝った試合ではないので簡単に、中二日でアップさせていただきまぁす。

0-0のドロー。

ホームだし、対戦相手の北京とは、グループリーグで1位(鯱さん)と2位(北京)だから
是非とも勝って1馬身リードとしたかったところ。。。

分けたかぃ、そーかぃ、そーかぃ、、、(棒読み)

業務の合間に試合を観られたのは、中盤の正味20分くらい。
なんか集中力が無い。。。
パスミスは多いし、詰めが甘い。
内容は悪いわけではないのだけれど、うわー、疲れてるなぁ、、、といった感じ。

でも、遠征の条件で言えば、他試合のガンバはきっちり勝ち点3を手に入れたのだから、
鯱さんばかりが疲れていたわけじゃありません、、、。

まったく、どうしてガンバはきっちり勝てるのかなぁ。
こういうトコが、鯱さんチームが強豪とは認めてもらえないところ。

でもまぁ、無失点で抑えたのは大層な成果だとは思います。
楢様、GJ!!

平日ナイター、そんなに人が来てくれるのかな???
Jが各クラブに、目標動員数を報告させているんだけど、鹿島、ガンバなどは、流石は強豪チームで、リーグ戦ではない平日試合でも1万人が入る。
鯱さんチームは控えめに、(小さな声で)目標を6千人としました。
そしたらJからお目玉。

「もちっと頑張れ!」っとな。

ハイハイ。

去年の成績と妖精監督効果だと思いますが、こんなにマイナーな試合に、7,300人が集まりました。
ええ、ええ、勿論少ないですよ、充分判っております。
でも、平日ナイターでこんな数字を叩き出したのは久しぶりなのだ。。。

さて、ACL仕様のセレモニー。
この日も、私にはいつものJの試合と同じ業務が定められて いました。

火曜日はぐっだぐだに疲れました。翌日の水曜日の夜まで引きずっていました。
2時間みっちりプールで泳いだ感じ、食べ物も睡眠も受け付けない。
だから代わりに飲んだけどね(笑)

Jとは違うACL。
規定も制約も違います。
>こら運営っ、 教えろっつーの!!

この日、セレモニー隊に協賛してくださったのは、ACLのスポンサーの大塚製薬さん。
その代理店は○通さん。

うちの運営と3者で協議してたらしいけど、当日になって実際にハンドリングする私には、一切の情報が無く、、、
>こらっ!運営!!

いつもは鯱さんのユニフォームに着替えさせるのだけど、今回はACLスポンサーであるO塚製薬さんが、

「当日、Tシャツを用意するのでそれを着せてください」

っとのこと。

当日、集合場所に持っていくとな。。。
>だからー、運営!教えろっつーの。
こっちは準備するつもりでいたんだからさっ。

(へぇへぇ、わかりましたよーだ。)

っとばかりに、腹ン中で怒りを抑えて、○通とO製薬さんが募集して集まった子供達の受付開始!
こたびは、県内の某サッカースクールの子供達。

やる気マンマンでセレモニーの臨んでいるけどさ、、、

その服装はなんじゃいっ!?

ナイキでもない、ルコックでもない、、、○ーマかよっ!!

フラッグの6名、ホームのエスコート11名、アウェーのエスコート11名、合わせて28名が、そのスクールのスポンサーなのか知らないけど

 『○ーマ』のウェアで全身を固めてる!!


くらくらっと眩暈。

ACLのスポンサーさんは『ナ○キ』
細かくて厳しい会社。

シャツについては、同じくACLのスポンサーさんであるO塚製薬さんが、Tシャツを提供してくれるからいいとして、
おいおい、サッカーパンツにもソックスにも「○ーマ」の図柄が入ってる、、、。
一抹の不安を覚えながらも、『子供のことだから、大目にみてくれるかな、、、』なんて多寡をくくっていたら大間違い。

「○ーマの図柄はマズイので、隠してください」っときたもんだ。

そこで活躍するのが、カラーガムテープ。

  白、黒、抹茶、あがり、珈琲、柚子、桜

的な七色のガムテープ。

○ーマ柄が刺繍してある白の靴下には、白いガムテープで隠蔽。

○ーマ柄がプリントされてるブルーのサッカーパンツには、青いガムテープで隠蔽。

ったく、もうっ!!
代理店の○通!O塚製薬!そして運営!
三者三様に、なんでスポンサーのこと忘れてるのかなっ!!

「ナイキ以外は身に就けるベカラズ」
このアナウンス大事でしょ。おのれおのれおのれ。

この日、ソックスの左右の図柄とパンツの図柄を隠すため、涙と悲鳴のうちにガムテープをちぎりまくりました。


3/17(火)の功労賞は、ガムテープ。。。たぶん


そして着替え終えて、マスコットのグランパス君との撮影という場面、、、。
ここも、最初はナシにするはずだったのに、(運営の一声で)当日急遽予定変更して撮影することになりました。

撮影時間に合わせて着替えをしたのに、グランパス君もスタンバイしてくれてたのに、肝心のカメラマンが居ない!!

おのれおのれ運営!!

もうぐだぐだ。

どれ一つ予定通りに進まない。

なんか嫌~な感じ、まだ何か起こりそうな気がする。。。
すったもんだの挙句、ようやく試合前イベントのマスコット撮影が終わったのだけど、、、。

さて、気を取り直して入場フェアプレイフラッグの練習をしようとしたところ、Jの試合で使うフェアプレイフラッグ(黄色の旗)とACLの旗では、色も大きさも違うらしい。。。

運営のアフォーっ!!たわけっ!スカタンっ!!

準備してスタンバイしてたつもりなのにさっ。

極めつけが、セレモニーの退場の導線。
J仕様とは違って、(代表と同じように)ホーム側ゴール側に退場すべし、とな。

散々入退場の練習をした後で、初めて知った事実。
入場まで、あと2分という場面。

おのれおのれおのれおのれおのれ>運営!!

入退場の練習を繰り返している間、同じサッカースクールの友達同士だけに、ずっと騒ぎっ放しだった
ガキんちょ達。
予定変更がちゃんと伝わるだろうか、、、ちゃんと出来るだろうか、、、直前の予定変更で不安で一杯だったけれど
私が動揺すれば、確実に、この特別に五月蝿いガキんちょ達に伝わっちゃう。

これまでの練習では、ピッチを間近に見て、サポーターの迫力満点の応援を目にして、テンションが上がりまくって
話など聞いていなかった子供達が、土壇場になって真剣になってくれました。

「戻ってくる場所が変わったからね。今説明するから、ちゃんと聞いてよ!」


子供って不思議。

あれだけ騒いでいたのに、こちらの切迫感を認めると、ちゃんと耳を傾けて真剣になる。。。

練習したことが急遽変更になって、「どうしよう、どうしよう。。。わかんないよ、、、」なんて言ってる子には、
別の子が、「大丈夫だよ、ちゃんと(私を)見てればいいんだよね、出来るよ」

なんて励ましたりしてる。

よしよし、そんな子が一人でも居れば大丈夫。

そんなこんなで、バタバタのうちに終えたセレモニー隊の写真が

こちら↓

090317_game_02-thumb-114x114-1054.jpg

 


 
この写真を拡大



おーい、あれほど「きょろきょろするなって言ったのに!」

ま、まぁ、何とか収まったか。。。

行き当たりばったりばかりで、走り回った日。

ようやくセレモニーの業務を終え、子供達の引率者である、チームのコーチに引渡しました。

子供達のコーチが、これからの予定を話しているとき、、、誰一人喋る子が居ませんねん。
水を打ったように静まりかえっちゃってさ、アタシの言うことなんて全然聞かずに大騒ぎしてたのに。
えらい違いに正に「あんぐり。。。」だった。

O塚製薬さんも、○通さんも、ヘルプのバイトの子達も、同じ様に「あんぐり。。。」

こっちが、わやくそにえらい(疲れた)思いをしたのにさっ。
ちぇっ。

中二日で、やっとこさアップ。
サッカーの試合での中二日、、、キツイだろうなぁ。。。


最後に、、、

>運営めっ!!

喝、喝、かーーーつっ!!
 

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
CALENDAR
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]