忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近は本来の言葉の意味がどんどん変わっていく傾向があるだけでなく、季節感もどんどん変わっています。
4月下旬に猛烈に暑くなったり、5月下旬で入梅するとか台風とか。
夏も近づく八十八夜の頃が滅法寒かったりとか、それでもデパートやコンビニでは冷房が効いていたりとか。
お風呂もキッチンも暖房も、全てガスに頼っているのだけれど、それでも節電しようと思い、主電源をすぐにオフ出来る様に、コンセントをすぐに抜けるように電化製品の配線を変えてみたのに、やっぱり資本は身勝手だと思う。何で夏に厚着をしなくちゃいけないほど、冷やしたがるんだろ。

ま、いいや。
ちょっと季節はずれの啓蟄についてあれこれと。因みに情緒的なものではありません。

啓蟄とは、土の中で縮こまっていた虫(蟄)が穴を開いて(啓いて)動き出す日のことです。具体的には、日本人が「さぁ働くぞ」と意気込み始める日のことを言います。
この時期は、一雨降るごとに気温があがってゆき、春に近づいていきます。日差しも徐々に暖かくなってきます。

この啓蟄の季節、日本では3月の初旬のハズなんですが、このところ6月を前にして悪い虫ばかりがむくむくと土の中から這い上がってきます。

外国のG8なんて会議に出席すると元気になっちゃう殿様虫Kとか、タイミングを見計らってかつての偽メール手法で殿様虫Kを貶めようとする右にしか走れない虫Aとか自転車虫Tとか。
集団で餌を貪りながら行動する軍隊蟻のような電気を帯びた虫とか、嘘ばかり言う虫Eとか、お勉強は出来るハズなのに出鱈目ばかりの虫Mとか。
なんか変な虫が6月を前に蠢き始めます。

そして若手の虫Y君も蠢きはじめました。リトーリトーと叫んでいるようです。
離党か離糖かは知りませんが。
本人の決意表明を見てみましょう。

http://ameblo.jp/katsuhito-yokokume/entry-10901890399.html

(全文引用)

このたび、私よこくめ勝仁は民主党に離党届を提出致しました。
民主党よこくめ勝仁にご期待・ご支援頂いていた皆様に深くお詫び申し上げますと共に、衆議院議員よこくめ勝仁にご期待・ご支援頂いている皆様の想いにお応えすべく、衆議院議員として自覚と責任を持って、これからも活動していきたいと思っています。
特に、震災対応につきましては、議員としての使命を決して忘れることなく、「被災者第一」と胸に刻んだ上で、行動していきます。
離党の理由は2つあります。
1つ目は政権・与党に対する不信、2つ目は政治の原点に立ち返りたいという強い想いです。
まず、政権・与党に対しては、震災前から政権運営と政党運営に大きな不信や違和感を抱いてきました。
そして大震災が起きた今、その震災対応をどうしても是とすることができません。
スピーディデータの不活用、メルトダウンの遅すぎる公表、20ミリシーベルト基準などにより、被災地の皆様を混乱させていること、そして震災から2ヶ月半も経ちながら未だに10万人を超える皆様が避難所で不自由な暮らしを余儀なくされている現実を目の当たりにすると、もはや政治が機能しているとは思えません。
そればかりか、そのような状況において第二次補正予算を先送りして国会を閉じようといった議論が出てくると、被災地の皆様を何としても助けたいという強い想いと覚悟がないと言わざるを得ません。
国民の命と生活を守るという、政治の根幹すらしっかりできない政権・与党を是認することは、重いバッチを頂いている議員の一人として、到底できません。
次に、2つ目の政治の原点に立ち返りたいという想いについてです。
政治は誰のためにあるのか?
政党のためでも政治家のためでもありません。
国民一人ひとりのためにあるのです。
その当たり前のことが、現在の政党政治の下では実現できていません。
党利党略が何よりも優先され、国民のことは後回しになってしまう現状をどうしても変えたいのです。
誰がどこでものを決めているのか分からない政党政治に、誰が作ったか分からないマニフェストに縛られる政党政治に、選挙のことしか考えない政党政治に、責任の所在がはっきりしない政党政治に、そして議員一人ひとりの顔が見えない政党政治に、終止符を打ちたいのです。
私の離党は、そのための小さな一石です。
「政党なんて関係ない。議員個人が何をするかだ。議員一人ひとりが、真に国家国民のために何をするかだ。」
そのような想いを共有する仲間が集い、大きな流れとしたいのです。
自民党は戦後復興と高度経済成長という歴史的使命を果たしました。
民主党は政権交代という歴史的使命を果たしました。
私はそれらを否定するつもりはありません。
私は次の歴史的使命、国民一人ひとりの参加による政治システムの大転換をしたいのです。
そのための旗をしっかりと立て、私自身は一介の礎石として、ただ地道に活動していくつもりです。
皆様のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

よこくめ勝仁

(引用終わり)

若い議員でありながら至極正論を述べていると思うけど、「民主党」の名前があったから比例代表で復活当選を果たした人物です。
中央批判だけでなく、具体的に何がしたいか、被災地に心を寄せるなら党から離れることで出来ることを示さなくっちゃ、支援者から「甘い!」「辞職して出直せ!」と言われても仕方ないと思うな。
単にこの政局で目立ちたいだけじゃないの?若手でありながら、出世欲だけは強いと見ました。
・・・というか昔も今も変わらない目立ちたがり屋なのかなぁ。。。

この方、かつて「あいのり」っていうdating番組に出てたのは有名で、若者にその知名度があったから神奈川で当選出来たって噂の人デス。

新メンバー「愛知県出身、24歳の横粂勝仁です。総理大臣になるのが夢なので」

メンバー「お~!」

新メンバー「総理って呼んでください」

こういう番組に出て、自分の恋愛の経過を見せてもいいと思うほどの動機が、全くわからない。
司法試験にも受かっているのだから、こんな番組に出なくても引く手あまたじゃないかと思う。。。
相当な目立ちたがり屋さんか、後の出馬を見据えての露出だったのんではないかとね。

自民党でありながら閣僚入りした別の老虫Yとは、まさに同じ立場であるわけで、本気で総理を目指すなら、ここは辞職して筋を通したほうが格好がつくし、老虫Yにプレッシャーをかけられると思うのだけど、その度胸はなさそう。。。

ためにならない虫ばかり、、、嫌な季節、馬鹿馬鹿しい時代。
PR

原子力関連法人(機構)一覧

内閣府原子力委員会(JAEC)

内閣府原子力安全委員会(NSC)
経済産業省原子力安全 保安院(NISA)
原子力分野の研究開発に関する委員会 研究施設等廃棄物作業部会
独立行政法人 原子力発電環境整備機構(NUMO)
独立行政法人 原子力安全基盤機構 
独立行政法人 日本原子力研究開発機構 
公益財団法人 原子力環境整備促進資金管理センター(RWMC)
公益財団法人 原子力安全研究協会
公益財団法人 原子力安全技術センター
公益財団法人 原子力国際協力センター(JICC) 
公益財団法人 日本原子力文化振興財団
財団法人 原子力安全技術センター(NUSTEC)
財団法人 原子力研究バックエンド推進センター(RANDEC)
財団法人 原子力発電技術機構(NUPEC)
財団法人 原子力公開資料センター
財団法人 日本分析センター
社団法人 日本原子力産業協会(JAIF)
社団法人 日本原子力学会(AESJ)
社団法人 日本原子力技術協会(JANTI)
社団法人 火力原子力発電技術協会(TENPES)
社団法人 原子燃料政策研究会(CNFC)

ざっと調べただけで22法人。
25とも26とも言われているけれど、細かく調べてみたところ、ダブっていたものもありまして、この上記の22機関は生きております。
各機関の決算情報や役員名簿とかも、全部見てみました(あー、閑人・笑)

どれもこれも似たような機関で、どれもこれも同じように事業実態がよくわからないです。
どれもこれも大手メーカーや電力会社の役員さんや一流大学の教授さん(或いは官僚)が非常勤役員で、どれもこれも事業規模からみて役員が多いだけの頭でっかち機関です。
どれもこれも概ね数億円~数十億円事業のようですが、どれもこれも事業費用における人件費の割合が大きく、特に退職給付引当金は「しっかり」積み立てられております。ムカつきます(笑)。
みんな甘い汁を啜ってきたのでしょうね。何をしてるのかわからないのに、歴史は古いです。

で、注目してみたのがここ、公益財団法人 原子力環境整備促進資金管理センター(RWMC)
この法人の平成21年度の決算報告を見たらド吃驚。

平成21年度決算報告書

十億の桁までは見慣れておりますが、それ以上はそうそうお目にかかったことはありません。
一体どんなお金なのでしょう。

資産総額が3兆円程もあるこの法人の正体は何なのでしょう?資産項目で目に留まったのが特定資産の「積立金預り預金」と「積立金預り有価証券」、2勘定で2兆8千億。
よく見ると負債総額には「積立金預り金」と「積立金利息預り金」。
なんだこれ?原子力の名を借りた証券会社みたい。
何のための積立金か知らないけれど、これこそ「東京電力福島原発被災者」の賠償金に充てられてもいいんじゃないのかしらん。
どうしても想定外の災害だというのなら、想定外(超法規的)な決断があってしかるべき。

今朝、出勤前にフジテレビの「とくダネ」をちょこっと見ていたら、東電がメルトダウンを認め、政府が「認識が甘かった」とノタマったことを受け、小倉さんが「俺たちはずっとその情報を信じて一生懸命報道していたのに、あたかも一緒になって情報隠蔽に加担したように見られちゃって、こっちも困るよなぁ。」なんてボヤいておりました。
あれが演技ならば相当上手でした。あれが正真正銘の本音なら、東電や政府に異論を唱える人々の意見を全く検証しなかった傲慢と怠惰と無知っぷりの暴露じゃないでしょうかねぇ。

とくダネだけでなく、各番組も悔しかったら(そんなフリをする暇があるなら)、官僚や大学教授の天下り先の法人の実態でも暴いて欲しいよ、全く。身内ばかりで固められた監視機能が全くないところなんだから。
番組の中でちらっと聞いたのは、原子炉に異常が起きた際のための作業ロボットを10億という巨額を投資して6台開発したそうだけど、安全に対する過信から打ち切りになったそうな。長い年月を経て錆付き、5台は故障したまま修理されずに捨て置かれ、残った1台は事故後の原子炉構内に入ったとたんにレンズが曇って使い物にならなかったとか。。。
こんな国難の時に、専門機関がどこもナリを潜めてひっそりしてるなんてありえない。つまり要らないでしょ。
蓮舫さん、今こそ出番では?(って、全く色気もへったくれもないエントリーになっちまったぃ)

かつて世界に誇った日本の製造業が廃れたのは、つまんない原子力開発にばかり力を注いだことにもあるんじゃないかな。。。
1千年後、1万年後、あるいは10万年後、いつの日か人類が原子の火を使いこなす日が、ひょっとしたら来るかもしれない。死の灰を撒き散らさず、一切の危険性も払拭し、制御し得る確実な知恵と技術を得たなら、使えばいい。
けれど、今はどう考えても時期尚早ではないでしょうか。赤子に、火や刃物や銃を与える危うさに通じるように思えてなりません。




思想本とか哲学書(同じか・笑)は、ほとんど読んだことはなく、小説や歴史書が好きです。
日本史以外で言うと、※中国史の水滸伝が好みです。
北方謙三さんの水滸伝は夢中になって読みました。吉川水滸伝とも違い一人一人が迫力と魅力にあふれており、滅法面白かったです。
私はこの北方水滸伝の二人の頭領、兆蓋にチェ・ゲバラを、宋江にフェデル・カストロを重ねておりました♪
プレイステーション・ゲームの幻想水滸伝も面白くって夢中になりました・・・懐かしい(笑)!


※厳密に言うと、史実に基づく小説ですね。
 

浜岡原発の停止が菅さんによって宣言要請されました。
政権維持のためとか、支持率アップのパフォーマンスなんて言われちゃいますが、こんなことを言えた首相は居ませんでした。この決断『は』十分評価に値すると思います。
中電は結論を保留しておりますが。

中電が出資会社となり、鯱チームのユニフォームスポンサーとして袖に社名を入れてるくらいなので、今日は我が社も大騒ぎでした。
普段、何を考えてるかさっぱり判らない重役が言うことにゃ、

「この地方の夏のホームゲームも、ナイターでは出来ないかもしれないね。困ったことになるね。」

左ストレートを浴びせたくなった。
ひと昔前、家庭を顧みずに働く殿方を「会社人間」などと言ったものだけど、最近は弱者を顧みないヤツのことは「資本人間」と言ってもいいんじゃないかな。最大限の侮蔑を込めて流行らせて欲しいな。

さて、福島原発の事故以来、一時期はメディアに出ずっぱりだったのに、最近見かけない人が居ますよね。
出鱈目さん、、、もとい斑目さんでしたっけ。
その方が5年前どんな事を言ってたか、衝撃の動画を見つけました。

4分30秒後のアナタ、きっと怖い顔になってると思いますよ(笑)。



何を学ぶと、こういうことを笑いながら言えちゃうんでしょうか?全く理解できません。
原子力安全委員会の委員長さんです。
委員会に名を連ねる人の人格も想像できるってもんですね。
人の命と生活を何だと思っているのでしょうか。

斑目さん、嗚呼今何処。。。


★追記★(2011.5.11)

もうご存知かと思いますが、年間20ミリシーベルトの被爆量について以下のサイトが丁寧且つ詳細です。

◇米国医師団体PSR: 日本政府が子どもの被曝限度引き上げたことは「衝撃的」 Physicians for Social Responsibility Calls 20 mSV for Children "Unconscionable."
 

http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/05/blog-post_06.html
 

◇5月7日 「原子力村」という巨大な構造 小出裕章
 

http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/05/07/packin-may7/
 

細胞分裂が活発な胎児・幼児にとっては、1ミリシーベルトの放射線量だって危険です。
 

最近見つけた素敵なブログがあります。
折にふれてこちらにもコメントをいただいているpeace09様のブログ(ブログタイトルは、まま)
名古屋・愛知のトリプル選挙に衝撃を受けて、愚痴を垂れたところ、

「はっきりいって名古屋市民・愛知県民は最低のレベルであることを天下に明らかにしました(笑)」

と痛罵され(笑)、うん、本当に最低レベルだと言われてしまっても仕方ないことを明らかにしようと思います。
長くなりますので、複数のエントリーになります。
ご興味がおありなら、お付き合いくださいませ。

昨秋、名古屋の河村市長が市議会リコール運動を先導し、名古屋市民の市政に対する目は厳しくなったと思いました。
けれど、その市民のその目は、河村氏の呼びかけによって醒まされたものです。
その時点で、河村氏の目線でしか考えられないのではないかと心配もしましたが、今回の市長・知事・市議解散の意思表示選挙において、各候補者を吟味し、市民・県民が改めて真剣に考えると思っていました。
しかし、結果はマスコミ報道で名声を得た、河村・大村のムラムラツィンズ。

こんなに名古屋市民・愛知県民が簡単に、河村氏の主張に賛同するとは思いもしませんでした。
この選挙に際し、私が少々疑問を残しつつも票を投じた対抗馬の公約も、きっと誰もが読み、真剣に考えてくれるだろうと思っていたのに。
石田氏(市長候補)は地元の厚い支持を得ていましたから、厳しいとはいえ、勝算が無かったわけでも無いんです。
けれど、TTP推進派の御園氏(知事候補)とマニュフェストを同じくしてタッグを組みだしてから、不安になったのは事実です。
以前の記事でも書きましたが、さらに岡田氏が応援についたことで、この人達も結局、民主党を離脱し無党派で戦う素地が無いのだろうと思いました。
けど、なんでよりによって岡田氏なの?
岡田氏が付いたことで、大量の票を失ったと思います。

ここに、私にもジレンマがありました。
離党せず岡田氏が応援に付くってことは、もし当選したら、岡田氏の意向に染められていくのだろう、、、という懸念と、けど、この今、鳩山マニュフェストに近い公約を掲げているのは、ムラムラツィンズではなく、石田&御園氏という事実。
どちらにしても、勝った暁には、また民意にそぐわない歪んだ(岡田氏色の)地域政治になりそうで、投票には相当悩んだ挙句、一縷の望みに賭けたのだけど、白票を投じれば良かったのか。。。

っていうか、選びたく無い輩の対抗馬は、絶対に勝てない輩なのだ。
こんなに虚しいことはありません。

腹いせに、あの地元民の耳にも鬱陶しい河村氏の公約に込められた真相を探ってみましょう。


まずはこの記事↓、2009年4月に河村氏が掲げた公約です。
http://www.chunichi.co.jp/article/feature/ele_mayor/list/200904/CK2009040502000162.html

いづれ閲覧不能のなるといけないので、大事な部分をコピペします。

↓ここから

<マニフェストで示した主な政策>

■政治・行政を変える

・市民税を減税し、日本一税金の安い街を実現する

・市長退職金の廃止、市職員人件費総額10%削減

・議員の費用弁償は実費支給。定数は10%削減する

■安全安心な暮らしを第一に確保する

・福祉サービスを確保しつつ、民間能力の導入を推進

・高齢者医療費の自己負担分への助成制度を創設検討

■名古屋市経済をいち早く不況から脱出させる

・4大事業はいったん立ち止まり、優先順位など再検討

・市の調達は地元中小企業を優先的に行う

・名古屋高速道路の通行料金を100円値下げ

■水と緑の自然共生都市に再生させる

・地域の小川を復活させ、冷暖房のいらない街を目指す

・未利用農地で飼料用、バイオ燃料用作物を栽培

■市民が地域のことを自ら決定する仕組みを導入

・公選のボランティア委員で地域委員会を設置

・地域委員会が市予算の一部の使い道を決める

・教育委員会の権限を現場に委譲する


色付けしたトコ、怪しいと思いませんか?
政治家のマニュフェストは、隠された真意を読み取る想像力が必要です。
読解能力でもなく、政治知識でもありません。
想像力をもって熟読すれば、怪しいところは見えてきます。
この公約が、自分の生活に入ってきた場合を想像すればいいのです。

この公約、始めに美しいことが書かれていますよね。
ええ、始めっから恐ろしいことを書いていたら、支持は得られません。
けど、5つ目の条項から、ガラリと変わっていると思いませんか?

「市民が地域のことを自ら決定する仕組みを導入」

聞こえはいいですよ。
けれど、実際に「地域委員会」なるものが発足し、走り出してしまいました。
この地域委員会は、小学校区規模の地域内で選挙に選ばれ、「その学区域での課題を、その学区域内で解決に導く」ための委員会です。
はっきり言って素人さんですよ。もし誤った方向に走ってしまったら、名古屋市は面倒を見てくれるのでしょうかね?
この地域委員会に、不足している保育所問題、青少年の教育問題を丸投げするわけです。
1000万やるから、テメー達でなんとかしろ!って言い分です。

続きはまた次回に!


自己関連記事

尾張名古屋のパフォーマー

他ブログ参考記事

名古屋の「地域委員会」でも、国籍条項

 

ふぅ。

何から言えばいいのだろう。
愛知・名古屋のトリプル選挙を終え、その結果に熱が出そうなほど怒りまくってました。

当選の喜びを伝えるテレビ画面に向かって汚い言葉を吐き、やり場の無い気持ちを、養母に向かって投げつけ続けました。

なんで?
河村氏でいいの?大村氏でいいの?
国政で与党である民主党がダメダメだからといって、地方政治とは事情が違いますよ。
河村&大村のムラムラツインズは、新自由主義の権化ですよ。
前原さん、玄場さん、岡田さんと思想が近い方達ですよ。
近いというより同じ、松下政経塾の方達ですよ。

それに対抗したのが石田氏と御園氏。

どうしてこの両陣営の応援として、小沢さんがムラムラツインズに付き、岡田さんが石田&御園氏に付いたのか、全くわからないんです。

ムラムラツインズはまだ日本の首相であらせられる方と同じ路線の人で、石田&御園氏は鳩山マニュフェストと近い公約を掲げた人達です。
応援に付くとすれば、逆でなければおかしい、どう考えてもおかしい。

岡田氏は河村氏に私憤を抱いているというけれど、どうだか。
そのうち手を握って、笑ってカメラの前で「和解」などと言うんじゃないかと思う。
それくらい路線は同じだと思う。

なんで小沢さんがムラムラツインズなんかを応援したのかわからない。
「増税の前に徹底的な無駄の排除」の理想が合致したのかもしれないけれど、ムラムラツインズがそのために働くとは思えない。
適当なところで、任期を待たずして、国政に打って出ると思う。
この人は、地方の市長では満足などしない人。
せいぜい国政に出るための人気集めをしておきたいだけで、市民のことなんか真剣に考えていないと思う。

議員報酬のカットは、選挙に大勝したもんだから、民主県連側が「検討する」と言い出しました。
市民税の10%減税もするでしょう。
名古屋市の赤字は1兆6~8億円と言われています。
議員と公務員給与をカットしても、6億円にしかなりません。
特別議員手当てに手をつけるでしょうか?金持ち優遇の市民税一律減税をする人が。。。

名古屋市の歳出の5割が社会保障費です。ま、これはどこの市町村もほぼ同じ割合だと思いますが。
まずは、減税を行い、報酬カットをしても、財源の確保はできません。
きっと、保育園と幼稚園を一元化することで予算を削減してくるでしょう。
保育施設の不足で、待機児童が数千人も居るというのに。
地域委員会なる、市民によるボランティア政治を発足させたアイディアは斬新だと思うけれど、この人の場合、それって責任回避のための手段なのではないかと思っちゃう。
なんせ時が熟せば、何時でも国政に鞍替えする人だから。ええ。

なんで小沢さんはこんな人を応援したんだろ?
これも、ムラムラツインズと岡田さんの狡猾なショーだったりして。

名古屋も愛知もきっと悪くなる。
さらに分配されない貧しい都市となっていくと思う。
その際には、応援した小沢さんに批判の目を向けさせる二人の冷酷さを感じないわけではありません。
無ければいいけど、無いなら無いで、小沢さんもムラムラツインズも同等ってことで理解せざるを得ません。

しつこいくらいに言うけど、小沢さん、、、なんでこんなヤツらの応援に来たんだろ?

名古屋だけに、ご自分の経歴に味噌をつけちゃったことにならなきゃいいけど。


余談ですが、昔、中学校を卒業する際に、尊敬する従姉から

「高校に入ったら、この辺りに住んでいない子も集まって来るからね、その子達には、アナタの三河言葉は通じないかもしれない。高校生になったら、もう、私的な場ではなく公共の場という意識を持ちなさい。誰にでも通じる標準語を身に付けなさい。」

そう言われました。
お国言葉に愛着と誇りを持ちつつも、「公共という意識を持ちなさい。」と言われた時は、ちょっと感動しました。
そう言われたことが、大人への仲間入りが出来るのかと思って。

河村氏の名古屋弁は下品です。
本人も、地元民も面白がっているかもしれませんが、それは政治から一切離れた、ローカルな地域を紹介するような長閑な番組の中だけで披露してもらいたいものです。
いくら地方市長とはいえ、マスコミがマイクを向ける公人です。
誰もが意味を解する言葉で話しすべきです。
地元庶民の感覚とマナーを履き違えてもらっては困ります。

CALENDAR
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]