忍者ブログ
kanom-35°                                                                                               ご来訪、誠にありがとうございます。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

●ひとつめ

「小沢幹事長側に1億円」 水谷建設の関係者供述


引用開始↓

 民主党の小沢一郎幹事長側に、重機械土木大手「水谷建設」(三重県桑名市)の関係者が「2004~05年、計1億円の現金を渡した」と東京地検特捜部の調べに供述していることが18日、分かった。この関係者を含む複数が共同通信の取材に対し認めた。

 小沢氏関連政治団体の04、05年の政治資金収支報告書には、該当する寄付などの記載は見当たらず、供述通りなら、献金の不記載などを禁じた政治資金規正法に抵触する可能性が浮上。裏献金の疑いもあり、特捜部は慎重に捜査している。

 国会などであらためて小沢氏に説明を求める声が高まりそうだ。

 小沢氏関連政治団体をめぐっては、特捜部が3月、西松建設の巨額献金事件で小沢氏の公設第1秘書で資金管理団体「陸山会」の元会計責任者大久保隆規被告(48)=公判前整理手続き中=を起訴している。

 水谷建設関係者によると、小沢氏の地元、岩手県奥州市で国が建設を進める胆沢ダム工事の下請けに参入できるよう、県内の大型公共工事の業者選定に影響力があったとされる小沢氏側に現金を渡すことを決めた。小沢氏の秘書が現金を受け取った、としている。

 当時、小沢事務所でゼネコンの窓口だったのが大久保被告。献金の事務処理については、05年まで秘書を務めた石川知裕衆院議員(36)が主に担当していた。

引用終り↑ 

小沢さんがお金を受け取っていたのか、だとしたらソレが賄賂に当たるのか、小沢さんにも金銭の授受に対しても、あまり興味は無いので「さもありなん」くらいにしか思わなかったのだけど、目に留まった箇所がありました。

水谷建設

なんでしょうね、この会社。

この事件とは別にたまたま興味を持った事件があり、3週間程前に、被告とされた人物の著書を求めたところ、この著書の中にも『水谷建設』の名前が出てきます。

41IGRY1omrL__SL500_AA240_.jpg









2006年7月、収賄容疑で検察の取調べを受け、同年9月に実弟が逮捕されたことで、引責辞任をした元福島県知事。

佐藤栄佐久氏はクリーンさを売りものに知事を5期も務めたほど県民から支持されました。しかし、それと同時に佐藤氏は、国が推進する原子力発電のプルサーマル計画に反対し事実上これを止めてみたり、地方主権を主張してことごとく中央政府に反旗を翻すなど、中央政界や電力、ゼネコンなどの有力企業にとっては、まったくもって邪魔な存在でした。
その佐藤知事に収賄疑惑が浮上し、5期目の任期半ばで辞職に追い込まれた後、逮捕・起訴されたのです。ダム工事発注をめぐる収賄罪。知事は無罪を主張しましたが、一審は執行猶予付きの有罪判決、そして、その控訴審判決が10月14日、東京高裁で下されました。

県民のために国の政策に抵抗し続けたところ、全く不可解な事由で突如逮捕されてしまいました。

事の発端は、佐藤氏の実弟が経営する会社が水谷建設に土地を売却した際、その売却額が市価よりも1割ほど高かったので、その差額が佐藤氏に対する賄賂に当たるというもの。

保有する土地を売却するにあたり、少しでも利益を得ようとするのは通念だと思うのだけど。
市価より1割高く売却したら賄賂などと言われたら、商取引など成立しないw。

それでも検察は「換金の利益」つまり、仮に正当な値段であったとしても、土地を買い取ってあげたことが「無形の賄賂」の供与にあたると主張し、裁判所もそれを認めたのです。ってぇことは、取引が正当な価格でなされていたとしても、土地取引そのものが賄賂にあたると認定されたわけだ!

換金の利益、無形の賄賂。

この言葉遊びは何だ?おちょくっているとしか思えない。
これが検察や裁判所が使う言葉なのだろうか、正気なのかと疑ってしまう。

この事件に出てきたのが「水谷建設」。
政府の手先なのか、恐い人達のご同胞なのか、うーん。

知事の汚職事件がメディアを賑せたことがありましたが、国民が受け取るのは、本当に発信する(させる)側の都合のいい一部の情報だけなのだなぁ、、、なんて思いました。

参考
佐藤栄佐久公式ブログ


●ふたつめ

「ヒトラーはサッカー代表監督」「日本は核使用国」 英子ども調査

引用開始↓

【11月7日 AFP】英国の子どもの20人に1人が、第2次世界大戦中のナチス・ドイツの独裁者アドルフ・ヒトラー(Adolf Hitler)は「サッカーのドイツ代表チームの監督」で、6%が「ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)は大戦終結の祝賀式典」だと思っているという結果が、最近の調査で明らかになった。

 また5人に1人はヒトラーの右腕だったナチスの宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルス(
Joseph Goebbels)と、ナチスから逃れた隠れ家で『アンネの日記(Diary of Anne Frank)』を書いたユダヤ人少女、アンネ・フランク(Anne Frank)との区別がついていなかった。

 質問は9~15歳まで2000人の子どもたちを対象に多項選択式で行われ、欧州の多くの国で第1次大戦終結の日とされる11月11日(休戦協定の締結日)を前に発表された。

 今回浮き彫りになったのは、二つの世界大戦について大半の子どもは基本的な知識はもっているものの、なかには少数だが、まったくなにも知らない子どもがいるという点だ。

 ヒトラーに関する質問では、77%の子どもが「ナチスの党首」という回答を選んだが、一方で13.5%が「1650年の重力の発見者」を、7%が「サッカーのドイツ代表監督」を選んだ。

 ゲッベルスについては61%が名前を知っていたが、21%が「屋根裏部屋で日記を書いた有名なユダヤ人」という回答を選び、14%が「第2次大戦開戦時の英国の国防相」を選んだ。

 また85%が「ホロコースト」とは何かを正しく回答した一方で、6%は「第2次世界大戦終結の祝典」という選択肢を選び、70%がアウシュビッツ(
Auschwitz)は強制収容所だと正しく認識している一方で、15%は「第2次世界大戦を素材にしたテーマパーク」という回答を選んだ。

 さらに世界で初めて核兵器を使用した国を選ぶ質問でも混乱がみられ、41%が米国と正答した一方で、被爆国であるほうの日本を31%が選んだ。またドイツを選んだ回答も19%あった。

引用終り↑

ヨーゼフ(ジョゼ)・ゲッベルスを、ジョゼ・モウリーニョと勘違いしたんでしょうかねぇ。。。
英国さん、しっかりしてくださいよ!!

もう、それしか言えない。

けど、

日本は大丈夫なのかしらん?
日本の子供達は、ヒトラーが何者なのか知ってるのかな?

例えば、東条英機はどういう人物か?
なんて質問で4択を与えたとして

1.平和憲法制定者
2.大東亜戦争宣戦布告者
3.日中国交を樹立し、日本に初めてパンダを連れてきた
4.大阪万博の太陽の像をデザイン・設計を手がけた

1と答える子供も、中には居そうな気がして恐い。

日本も頑張れ!
国よ、教育予算をケチるんじゃないぞ、決してケチるんじゃないぞ!
そこをケチったら、本当に日本は滅びちゃうよ。

まったく。。。

Queen - 'Save Me'
 

PR

David Bowie - Big Brother



Don't talk of dust and roses
Or should we powder our noses?
Don't live for last year's capers
Give me steel, give me steel, give me pulsars unreal
He'll build a glass asylum
With just a hint of mayhem
He'll build a better whirlpool
We'll be living from sin, then we can really begin

Please savior, saviour, show us
Hear me, I'm graphically yours
Someone to claim us, someone to follow
Someone to shame us, some brave Apollo
Someone to fool us, someone like you
We want you Big Brother, Big Brother

I know you think you're awful square
But you made everyone and you've been every where
Lord, I'd take an overdose if you knew what's going down

Someone to claim us, someone to follow
Someone to shame us, some brave Apollo
Someone to fool us, someone like you

Someone to claim us, someone to follow
Someone to shame us, some brave Apollo
Someone to fool us, someone like you

Someone to claim us, someone to follow
Someone to shame us, some brave Apollo
Someone to fool us, someone like you
We want you Big Brother

ボウイは、巷で噂されるビッグ・ブラサーを神だと捉えていたのか。
それとも、ビッグ・ブラザーと称されるのは神だけだと言いたかったのか。。。どちらなんだろう?
後者の方だと思いたい。。。

if you knew what's going down

あの頃にはもう、崩壊が始まっていたんだ。
 

USA for Africa - We are the world


マイケル・ジャクソン追悼


 関係ないけど、タマちゃんの鼻がもぅちっと高かったら、スティーブ・ペリーと瓜二つ。。。

 

来年6月は、南アフリカでサッカーのサッカーのワールドカップが開催されます。
最近は、予選通過のニュースが毎日のように伝えられており、まだ1年も先のことなのに、気分が高揚しています^^。

昨日は北朝鮮が46年ぶりの出場を決め、川崎Fのテセ君が大はしゃぎしてました。
イスラム圏のスタジアムで、喜びのあまりユニフォームを脱いで裸になっちゃって、ちょっとハラハラしましたが
掟に厳しいイスラム圏の人々も、この際は暖かい目で見てくれるのでしょうか?

北朝鮮のサポーターがどれくらい現地に応援に行ってたのかは(いや、行けるものなのかな?)わかりませんが、彼らの態度も良かったのでしょう。
名古屋に居たヨンハ君の姿が無かったのはちょっと淋しかったな。。。

1年後に迫ったWカップ@南アフリカ。
偶然にも最近、欧米諸国に収奪され続けているアフリカの実態を知り得、(植民地)支配下におかれた国々、
特にアフリカと南アメリカに夢中。
南アメリカのことはまた後日触れることにして。。。

アフリカと言えば、

まずはエジプト文明で、砂漠に聳え立つピラミッドとスフィンクス。
ケニアの広大なサバンナと動物。
アパルトヘイトからもようやく解放されて、教育の充実。
飢餓と疫病に苦しみつつも、国力増強を図る国。

非常に情けなく恥ずかしいことに、そんな貧相なイメージしかありませんでした。

南アフリカは、アフリカ全土のGDPの40%を占める、アフリカ内でも豊かな国に位置づけられていますが、
それでもまだ、貧富の差は激しく治安も決して良くありません。

南ア男性4人に1人が「レイプ経験ある」、調査報告

全文を引用します

↓ここから

【6月19日 AFP】南アフリカ男性の4人に1人以上が「少女または成人女性をレイプしたことがある」と答えたとの調査結果を、同国の研究機関「医学研究評議会(Medical Research CouncilMRC)」が18日発表した。

 調査は、人種や社会的・経済的なバックグラウンド、居住地域が異なる1738人を無作為に選んで実施した。

 その結果、過去に女性をレイプしたことがあると答えた男性は27.6%にのぼり、約半数が「2回以上経験がある」と回答した。また、経験があると答えた男性の5人に1人が「HIVに感染している」ことを明らかにした。
 
 初めてレイプしたときの年齢については、「10歳以下」が9.8%、「20歳以下」が約73%という結果だった。

 南アはレイプ被害者数が世界最多の国の1つ。2007年に報告されたレイプ件数は3万6190件、1日あたり99人だったが、実際の件数はこれをはるかに上回ると考えられている。また、HIV感染者数も世界最悪レベルだ。(c)AFP

↑ここまで

こんなモノもある。
外務省の南アにおける在留邦人安全対策マニュアル

恐ろしいことだけれど、でも私は南アの国民全体が腐っているとは思いません。
4世紀以上に渡る欧州からの圧力と干渉によって、疲弊された結果に過ぎないと思いますので。

紛争や戦争の陰には、必ず利権を貪ろうとする者がつきもので、南アに眠る膨大な資源を奪おうとする者が
暗躍してるはず。

南アフリカには、金、ダイヤモンド、プラチナなどの貴金属の他に、ウラン、鉄鉱石、石炭、銅などの鉱物。
クロム、マンガンなど、最近需要が高く、相場で高値をつける「レアメタル」の産出国なのです。
先進国は黙っちゃーいませんわね。

この国が内部崩壊すれば、豊富な資源は獲り放題だもの。
まだ新しい国なので、潰しにかかっているのでしょう。

確かに、何も国民同士で争う必要もないけれど、争うように外部の力で仕向けられちゃったんだから仕方がない。

日本だってそう。
ジミンさんとミンシュさんが争ってます。
それに国民も見事に扇動されてます。

この醜い争いを見るにつけ、「(どこぞの国に)支配されてるなぁ。。。」と思うのです。。。


Stand By Me | Playing For Change | Song Around the World


肌の色、目の色、髪の色、風貌の相違。
そんなもの、ただの個性だ。

これまでどんな文化の下に生活していたか、そんなこと外部に干渉されるいわれなどない。

秩序を保って平穏に暮らしている先住民の中に、土足で踏み入り、武器を向ける者こそ野蛮人であり
今尚、脅しを続ける者が、人非人ではないのか。


Wカップ開催国の南アフリカでは会場が10箇所で、現在4箇所のスタジアムを急ピッチで建設中です。
その工事に当たる人々が、就労に見合った賃金を得られるのか、白人労働者と差をつけられていないか、
非常に気になるところです。

侍日本っ!
絶対に南アフリカの地を踏んで、試合以外でも何かを感じて来なさいっ!!

私も行く!
絶対行ってやる。

待ってろよ、アフリカ!

観光地以外の場所を、絶対にこの目で見てやる。



うちの親分会社が、世界のト○タなもんだから、GMの国営化はやっぱり驚きました。
ト○タはずっと、GMに追いつけ追い越せを目標にしてきたもんだから、年配の方は
一抹の淋しさがあるみたいです。

GMが潰れると、最悪で170万人以上失業者が見込まれるそうで、オバマさんは潰すわけにはいかなかったのでしょうね。
でも、再生するとは思え無いけど。
GMはずっと唯我独尊状態できたもんだから、企業努力ってものをしてきませんでした。
より良い製品を製造しようという姿勢がありませんでした。
代わりにやったのは、日本製品に押され出したとき、日本の輸出を制限しようとしただけ。

燃費は悪いわ、電気系統はむちゃくちゃだわ、車内アクセサリーは粗悪だわ、
そんな車になんか乗りたく無い。

「そのダメっぷりが素敵!」なんて所ジョージさん的な人も居るけどさ。

国営企業が民営化されて良くなった例はあるけれど、民間企業か国営化されて良くなるケースなんて
今までにあったのかしら?はてー。

うちの会社の取締役(かつてト○タからの出向者)に、

「GMが国営企業になっちゃいましたねー、驚きですよぉ。」

と言えば、

「一つの時代の終りだねぇ、ト○タもGMの支援はしていくつもりなんだけど。。。」

などとノタマフ。

えっ、えっ、えーっ?!

この期に及んで支援する気なんですか?



GM株の60%をアメリカ政府が取得したそうだけど、月々1.8兆円の米国債を買ってる日本も
遠まわしな株主なハズ。

アメリカの景気対策に手を貸すより、日本国内の雇用不安をなんとかして欲しいもの。


最近、我が社で結婚した殿方が2人。
二人目の子供ができた人が1人。

共働きしてます。子供が出来ても仕事を続けるといいます。
仕事が好きという理由もあるけれど、働く理由はやっぱり、旦那様1人の給料ではやっていけないから。

20年くらい前から、これが常態化してるんですよね。

旦那様1人の給料で少なくとも家族4人を養えるだけの収入は無いといけませんよ、やっぱり。
先に働いている者が、一向に退かないから、そりゃ若い世代の雇用は減るわね。

昔は終身雇用が当然で、女は25歳を過ぎると肩たたきの時代だった。

女性が社会進出してきても、まだ女性の能力は買われない時代で、有能な女性は歯噛みをしたかもしれないけれど
それでも将来に不安を感じることは無かったのだけども。

去年の今頃、名古屋は1人勝ちといわれて、不況にあっても街は活気に溢れており、週末の盛り場はどの店も
予約が取れませんでした。
それなのに、今は閑散としています。
そこいらの公園に目をやれば、身奇麗な若者が所在無さげに佇みます。

まったく、何が狂ってこうなってしまったのか、、、。
藤永さんの本を読みながら、この日本を食い物にしてる犯人探しをしてしまう。。。

あ、そうだ、GMは潰れてくれて結構。

もう購買意欲もおき無いでしょうから。

GMのブルーカラーより、ずっと少ない給料で真面目に働いていた派遣さん、契約社員、請負社員、
期間工を、早くなんとか助けてください。

お願いします。。。
CALENDAR
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
RECENT COMMENT
[11/22 たいやきやいた]
[11/20 国民!]
[11/19 国民!]
[11/19 国民!]
[11/18 NONAME]
[11/16 国民!]
[11/16 たいやきやいた]
SEARCH
PROFILE
HN:
鯱美(とらよし)
性別:
女性
職業:
領収書収集
MOBILE
フリーエリア
忍者アナライズ

HTML & CSS Designed by ittuan

忍者ブログ │ [PR]